【新型アルファード】燃費は良いの?10系から30系まで全ての燃費の情報はこちら!

無料一括査定のサイトを使って
下取りで得をしましょう!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になること
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

愛車を賢く・高く売るなら
完全無料の一括査定がおススメです。

引用:https://toyota.jp/alphard

2018年に新型アルファードが発売されてから、その人気は落ちることなくミニバンでの最高クラスの地位をキープしています。

ただ、一つ気になるのが燃費なんですよね。他のミニバンと比較してもあまり良くないとの情報を耳にします。

では実際のところどうなのか?また2.5Lと3.5Lはどのくらいの差があるのかを調べてみましたのでご覧ください。

スポンサードリンク

【新型アルファード】メーカーのカタログ数値はどのくらい

引用:https://toyota.jp/alphard

まずは、メーカーが発表している新型アルファードのカタログ燃費を見てみましょう。

2.5Lガソリンモデル

引用:https://toyota.jp/alphard

新型アルファードの2.5Lガソリンモデルの燃費消費率は11.5km/L~12.8km/Lとなっています。一つ前のモデル20系とほぼ同等の数値となっています。

3.5Lガソリンモデル

引用:https://toyota.jp/alphard

3.5LのV6エンジンの燃費消費率は10.3km/L~10.8km/Lとなっています。マイナーチェンジの前は10km/Lにも満たない数値だったので、新型になって少し向上したと言ってよいでしょう。

2.5Lハイブリッドモデル

引用:https://toyota.jp/alphard

2.5Lハイブリッドモデルの燃費消費率は18.4km/L~19.4km/Lとなっています。2.5Lと3.5Lのガソリンモデルと比較するととても良い数値になっています。

【アルファード】値引きの限度額はいくら?最新の値引き方法を教えます!
トヨタ・アルファードの新車を購入する時に、最初に把握しておきたいのが、値引き相場や値引き限度額についてです。 相場を踏まえた値引き目標を設定し、交渉に臨みましょう。 今回はトヨタ・アルファードの値引き相場と値引き限度額について、そして値引き目標額と値引き交渉に役立つ最新の方法を検証しました。
【アルファード】運転はしやすい?安全性能と乗り心地も調べてみました!
トヨタ・アルファードは、高い安全性能と最高級の乗り心地で、ユーザーに人気の車です。 また、大きい車体ではありますが、非常に運転しやすいクルマとも言われています。 今回は、トヨタ・アルファードの運転しやすいポイントと安全性能について調べてみましたのでご覧ください。
スポンサードリンク

【新型アルファード】実燃費はどうか?データと口コミを見てみよう!

引用:https://toyota.jp/alphard

ではこの3モデルの実燃費を見てみましょう。実際のデータを見てみるとやはりカタログ燃費とは、少々差がありました。

モデルカタログ燃費実燃費
2.5Lガソリンモデル11.5km/L~12.8km/L10.0km/L~10.8km/L
3.5Lガソリンモデル10.3km/L~10.8km/L5.0km/L~6.0km/L
2.5Lハイブリッドモデル18.4km/L~19.4km/L13.0km/L~14.8km/L

2.5Lのガソリンモデルではあまりカタログ燃費との乖離はなかったようですが、3.5Lは大幅に乖離がありましたね。この燃費重視の時代に5km/Lはハッキリ言って悪いというしかないでしょう。

ただこのデータは街中走行のデータなので、高速道路での燃費となるともう少し良くなるかもしれませんが、それでもせいぜい7km/L~8km/Lだと思います。

そしてハイブリッドモデルですが、こちらも平均で14km/L前後といったところでしょうか?高速道路で16km/Lくらいと思われます。

ライバル車と比較するとどうか?

この新型アルファードのハイブリッドモデルの13.0km/L~14.8km/Lという数値が、果たして良いのか悪いのかが気になりますよね?

そこで他のミニバンのハイブリッドモデルと比較してみることにしました。

車種名カタログ燃費実燃費
アルファード・ハイブリッドモデル18.4km/L~19.4km/L13.0km/L~14.8km/L
ステップワゴン・ハイブリッドモデル21.8km/L~25.0km/L16.5km/L~18.3km/L
ヴォクシー・ハイブリッドモデル21.5km/L~23.8km/L16.3km/L~18.0km/L
セレナ・ハイブリッドモデル(e-POWER)23.5km/L~26.2km/L17.8km/L~19.3km/L
エスクァイア・ハイブリッドモデル21.5km/L~23.8km/L16.3km/L~18.0km/L
オデッセイ・ハイブリッドモデル20.5km/L~24.4km/L13.8km/L~16.3km/L

この比較表で分かる通り、アルファードはハイブリッドモデルになっても他のミニバンと比べると燃費は決して良いとは言えないミニバンなのです。

あの高級感と威圧感溢れる外観と、最上級の室内空間を誇るアルファードの唯一の欠点と言っても良いかもしれません。ただアルファードにはこの燃費性能以上のものがあるからこそ、未だに高級ミニバン第1位の座を死守できているのだと思います。

口コミを見てみましょう

では実際に、新型アルファードを買った人達の口コミを見てみましょう。純粋に燃費に関してだけの口コミをまとめてみました。

ハイブリッドモデルを買いました。市街地走行で14.0km/L~15.0km/Lくらいをキープしています。ただエアコンをかけると13.0km/Lくらいにまで落ちてしまいますが。高速道路で時速90kmくらいの走行で16km/Lくらいでした。

普段からハイブリッドモデルを通勤に使っているのですが、高速道路で12.5km/L~13.0km/Lくらい。ほとんど信号のない田舎道で180km走行で16km/Lでした。通勤でも燃費が良かったのはモーターを意識してあまり踏み込まないアクセルワークをした結果かもしれません。クルマのモニターでもだいたい14.0km/L前後を表示していたので、満タン法との乖離はほぼ無いようです。

ハイブリッドモデルへは良い口コミが多かったですね。やはりアルファードを買う人は、その高級感に惚れているので燃費が悪いのは最初から理解したうえで購入している人が多いみたいですね。

引用:https://toyota.jp/alphard

ではガソリンモデルはどうでしょうか?

燃費は悪いことはわかっていましたが、いざ乗ってみるとそこまでは悪くないですね。アルファードクラスのミニバンで10km/L~12km/Lあれば十分な数値だと思います。ただやはり運転の仕方にも影響があるかも、ゴー&ストップが多かった時は8km/Lくらいになっていました。

街乗りでリッター6~7キロはこの車の重量から考えると素晴らしい数値だと思う。高速や郊外などは8から10キロ、それ以上の燃費の良さが期待出来る。約20年前の高級セダンは街乗りでリッター3~4キロしか走らなかった事を考えると素晴らしいエンジン。ハイブリッドだったらもっと燃費が良いので売れる理由がうなずけます。

新型アルファード3.5Lは5km/L前後しかない。高速で10km/Lあるかないか。まあこのクラスのミニバンとしては悪くないのかもしれないが、他のミニバンと比べてしまうと見劣りする。ただパワーは素晴らしい。

やはり3.5Lガソリンモデルに対しては、あまり良い口コミは無かったです。

しかし、どの口コミもアルファードは燃費を気にして乗るクルマではない。高級感やパワー性能で選ぶクルマなので燃費は度外視している。との声も多くありました。

引用:https://toyota.jp/alphard

【新型アルファード】試乗レポートはこちら!評価をまとめてみました。
新型アルファードの試乗レポートをまとめてみました。 2018年1月にマイナーチェンジを行ってから様々な評価と好評を得ています。 これからアルファードを買おうとしている人への、参考になればと思います。
スポンサードリンク

【新型アルファード】過去のモデルと比較してみよう

では新型アルファードは過去のモデルと比較して、どのくらい進化したのかを見てみましょう。

初代アルファード

初代アルファードは、ライバル車のエルグランド2代目の発売日の翌日にデビューしたミニバン。3.0LV型6気筒と2.4L直4DOHC、それと2.4Lハイブリッドモデルの3モデルがあります。

JC08モード燃費  9.7km/L

実燃費      8.1km/L

2代目アルファード

2代目アルファードは、初代の発売から6年後の2008年にデビューします。この時に取り扱いディーラーによって名前がわかれていたアルファードが、アルファードGはアルファードアルファードVはヴェルファイアへと変貌を遂げます。

JC08モード燃費  11.6km/L

実燃費      8.7km/L

3代目(新型)アルファード

そしてフルモデルチェンジを果たしたアルファード30系。フルエアロかと見間違えるようなフロントマスクと、しなやなか曲線を描くサイドはまさに「大空間高級サルーン」と呼ぶにふさわしいクルマに進化しています。

JC08モード燃費  12.8km/L

実燃費      10.0km/L

比較してみると、やはりアルファードはモデルチェンジをするごとに燃費性能は上がってきています。ひと昔前は3~4km/Lだった大型ミニバンも、時代とともにどんどん進化していっていることがわかりますね。

【新型アルファード】ハイブリッドの人気は?ガソリン車との比較や他のSUVとの差は?
新型アルファードを実際にハイブリッドとガソリンモデルを比較するとどのくらい違いがあるのでしょうか? 簡単にまとめてみましたのでごらんください。

【新型アルファード】燃費情報のまとめ

アルファードの燃費について旧型~新型10系~30系と全てまとめてみました。

アルファードの魅力はやはり燃費性能よりもやはり動力性能と高級感と言えるでしょう。いまだに高級ミニバンとして他の追随を許さないのは、他のミニバンにはない魅力があるからですよね。

例えば、圧倒的な威圧感のフロントマスクや、高級感のあるシートやインパネ、また本革巻ステアリングなどもその魅力の一つです。

このあたりが、アルファードの燃費の悪さを帳消しにしてしまうほどの魅力なのだと思います。

最後におすすめですが、燃費で選ぶなら間違いなくハイブリッドモデルですが、私は2.5Lガソリンモデルで十分だと思います。

グレードXの2WDなら車両価格は350万円で購入できますし、購入後のカスタムなどを考えると、一番おススメできるモデルだと思います。

【アルファード】カスタムまとめ!おススメのカスタムパーツをご紹介!
クルマのカスタム(改造)には、エアロパーツをはじめとした、様々なカスタムパーツがあります。 ユーザーは、どんな目的でカスタム(改造)を行い、どのパーツの人気が高いのでしょうか。 今回は、トヨタ・アルファードのカスタム(改造)についてと、オススメのカスタムパーツもご紹介します。

新車を30万円~50万円も安く買う方法をご存知ですか?!

クルマを下取りに出すときに、得をする方法ってご存知でしょうか?

皆さん、結構知っているようで実は知らない人が多いんです。

その方法とは『自分の乗っていたクルマを安く売らない』ということです。

では、皆さんは自分のクルマを売る時っていつですか?

それは新しくクルマを買う時ですよね?

その店のディーラーに下取りの出すケースがほとんどだと思います。

しかし、それは大きな間違いなんです。

なぜかというと、貴方が今乗っているクルマの相場はディーラーには最低金額で下取りされるからなのです。

じつは、ディーラーにもそのクルマの価値が分かっていないんですよね・・・。

例えば、新車を200万円で買おうとしたときに、自分のクルマが80万円で買い取りされたら、残り120万円で済みますよね。

でも大抵が30万~40万円(中には15万円というところも…。)という金額でしか下取りしてもらえないでしょう。

簡単に言うと、その店が貴方のそのクルマを必要としていないからなんです。

だから、車を売るときは、色々なところに査定してもらって、一番欲しがっているお店に売ることがベストなんです。そうすることによって、高く買い取ってもらえるのです。

ここで使うのが『無料一括査定』なんです。

新車を買う時に、値引きの金額に買取り価格を足して、最大で50万円は安く購入できますよ。

この『無料一括査定』は、料金はかからないで無料で自分のクルマの価値を知ることができますし、もし思っていた金額より低ければ断ればいいだけです。

私はこのやり方で350万円の新車を90万円で購入した友人を知っています。

私自身も250万円のクルマを120万円で購入できました。

ぜひこちらのサイトで試してみてくださいね!