【スズキ・ハスラー】特別仕様車『ワンダラー』の魅力に迫る!違いを見てみよう!

無料一括査定のサイトを使って
下取りで得をしましょう!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になること
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

愛車を賢く・高く売るなら
完全無料の一括査定がおススメです。

引用:https://www.suzuki.co.jp

ももクロさんが出演されていたCMで人気となった、新型ハスラーの特別仕様車「ワンダラー」

2018年11月に発売がスタートしてから、ゆっくりではありますが着々と支持を得ていて、このままいくと7月に発売されたばかりの「タフワイルド」以上の人気になりそうです。

この「ワンダラー」ですが、今までのハスラーと比べるとどこが違っているのか気になりますよね。また「タフワイルド」と性能の違いも知りたいところだと思います。

そこで今回は、特別仕様車「ワンダラー」の魅力についてお届けしたいと思います!

スポンサードリンク

【特別仕様車・ワンダラー】今までのハスラーとここが違う!

引用:https://www.suzuki.co.jp

2018年11月に登場したこの特別仕様車「ワンダラー」は、メーカーのスズキが【自由気ままな旅】というテーマを持って開発された、新型ハスラーです。

今までのハスラーの個性的なデザインとシルエットはそのままに、イエローとブラウンを主体にした2トーンルーフのボディカラーは、優しさと温かみを感じる外観になっています。

また、ももクロさんの『NO WONDER,NO STORY』のCMがお茶の間で流れると、見ているほうもドライブしているかのように楽しくなりますよね。


引用:YouTubeスズキ公式CM

ももクロさんの可愛さと「ワンダラー」の可愛らしさが見事にマッチしていて、女の子なら絶対に乗りたくなるクルマですよね。

今回のこの「ワンダラー」は、あえて若い女性向けに開発されたハスラーと言えるかもしれませんね。

インテリアを比較して見てみましょう

特別仕様車・「ワンダラー」はハスラーのグレードJがベースとなっています。

ハスラーのグレード

・J

・Jターボ

・G

・Gターボ

・A

ハスラーには全部で5つのグレードがあります。(この中のグレードJがベース)

以前までは、JというグレードはなくXというグレードでしたが、「JスタイルⅡ」「JスタイルⅢ」が登場した時にXがなくなり、そのままグレードJが標準仕様となってようです。

ワンダラーの内装はこちら

引用:https://www.suzuki.co.jp

引用:https://www.suzuki.co.jp

ウッド調プリントのインパネを採用した、こだわりのインパネには、「ワンダラー」専用の「本革巻ステアリングホイール」「ドアトリムカラーパネル」が標準装備されています。

そしてシートは「レザー調ファブリックシート表皮」が採用。ブラックとイエローブランの中にわずかにオレンジステッチが用いられていて、まさに若い女性ウケするような内装になっています。

ハスラーの内装はこちら

引用:https://www.suzuki.co.jp

引用:https://www.suzuki.co.jp

同じく特別仕様車・タフワイルドの内装はこちら

引用:https://www.suzuki.co.jp

引用:https://www.suzuki.co.jp

「ワンダラー」の内装は、ハスラーと比較するとまさに一目瞭然。ステアリングがシートの高級感が違います。「タフワイルド」はダッシュボードのカラーが個性的ですね。シートは同じ「レザー調ファブリックシート表皮」が採用されています。

どのタイプも使い勝手やスイッチの配置など大きくは変わりませんが、どれも個性的なデザインに仕上がっています。

エクステリアを比較して見てみましょう

こちらが「ワンダラー」のエクステリア

引用:https://www.suzuki.co.jp

引用:https://www.suzuki.co.jp

今までのハスラー同様フロント部分に【HUSTLER】のロゴ、正面にはスズキの【S】のエンブレムはハスラーと同じですね。

しかし「ワンダラー」には専用のロゴがバックドアに装着されます。

このエンブレム1つでオシャレさがグッと上がります。デザインも可愛くて女の子にウケそうですね。

ハスラーのエクステリアはこちら

引用:https://www.suzuki.co.jp

引用:https://www.suzuki.co.jp

タフワイルドのエクステリアはこちら

引用:https://www.suzuki.co.jp

引用:https://www.suzuki.co.jp

タフワイルドにも同じく専用のロゴがバックドアに装着されます。

引用:https://www.suzuki.co.jp

それぞれに違った個性と良さがありますね。お好みのエクステリアで選んでみても良いかもしれません。

【ハスラー】値引きの目標額はいくら?交渉のポイントを教えます!最新版
新型ハスラーの値引きについて調べてみました。 ネットや雑誌などでは値引きの目標額は「○○円くらいいけばいいんじゃない?」などの情報が掲載されていますが もっと安く購入する方法があるのでは? そこで値引きの目標額や交渉時のポイント。そしてそこからさらに安くなるにはどうすればよいのかをまとめてみました。
スポンサードリンク

【特別仕様車・ワンダラー】価格や燃費・標準装備はどうなる?

ではここで「ワンダラー」の新車価格を見てみましょう。比較しやすいようにハスラーとタフワイルドも同時に表にしてみました。

「ワンダラー」はグレードJがベースとなっているので、ハスラーとタフワイルドも同等のクラスで比較しました。

タイプ2WD/CVT4WD/CVT
ハスラー152.8万円165.4万円
タフワイルド148.7万円161.3万円
ワンダラー160.8万円173.4万円

同じグレードJで比較すると、やはり「ワンダラー」は特別仕様車なので、ハスラーとタフワイルドよりの高価格の設定になっています。

しかし同じ特別仕様車のタフワイルドと比較すると12万円程度の差がありますね。これならばタフワイルドの購入も視野に入れても良いかもしれませんね。

燃費はどうなの?

タイプ2WD/CVTターボ
ハスラー32.0km/27.8km/L
タフワイルド32.0km/
ワンダラー32.0km/

燃費に関しては、どのタイプも変わらない結果でした。

この数字はカタログ燃費なので、実際はここから乖離が5km/L~8km/Lと考えて20.0km/L~21.5km/Lと見ておけば良いでしょう。

スポンサードリンク

ワンダラーの標準装備

引用:https://www.suzuki.co.jp

ワンダラー・特別装備
  • HUSTLERアルファベットエンブレム(スモークメッキ)
  • メッキフロントグリル(スモークメッキ)
  • フロントバンパーガーニッシュ
  • フロントバンパー
  • ウッディブラウン2トーンルーフ
  • ルーフレール
  • カラードドアミラー(ウッディブラウン)
  • リアバンパーガーニッシュ(ウッディブラウン)
  • フェンダーアーチモール&サイドスプラッシュガード
  • サイドドアデカール
  • 15インチスチールホイール
  • HUSTLERエンブレム
  • ワンダラーエンブレム
  • インパネカラー(ウッド調)
  • エアコンルーバーリング
  • 本革巻ステアリングホイール
  • ステアリングガーニッシュ
  • レザー調ファブリックシート表皮
  • メッキインサイドドアハンドル
  • ドアトリムカラーパネル

以上の装備が標準装備となります。

さらに運転性能のサポートとして【スズキ・セーフティサポート】が搭載され、「デュアルカメラブレーキサポート」が標準装備となります。

このデュアルカメラブレーキサポートは、左右2つのカメラが対象物の距離や形を測定し、歩行者やクルマなどを認識してブレーキをサポートしてくれる機能です。

引用:https://www.suzuki.co.jp

さらにメーカーオプションで「全方位モニター用カメラ」を装着すれば、もう怖いものはありませんね。

引用:https://www.suzuki.co.jp

あまり運転の得意じゃない女性でも、モニターで全方向が一度に見れるので、駐車時にも戸惑うことは無くなるでしょう。

【スズキ・ハスラー】フルモデルチェンジを予想してみた!2020年最新!
ハスラーの新型が、2019年にフルモデルチェンジを行いました。 いったいハスラーがどのように進化したのか?どのあたりが変更されたのかを見ていきたいと思います。
【スズキ・ハスラー】新型ハスラーの納期について!納車情報をまとめてみました!
引用: 2014年1月に発売されてから、常に軽自動車売り上げランキングの上位にランクインするほど人気のハスラー。 2018年には特別仕様車の「タフワイルド」と「ワンダラー」も登場してさらに人気が加速してきました。 そのハスラー...

【特別仕様車・ワンダラー】買った人の口コミを見てみよう!

ここで特別仕様車・ワンダラーを実際に買った人の口コミを見てみましょう。

社外マフラーのせいもあるのか出足がもっさりしてます。でも見た目かっこいいからヨシ。運転席しか乗ってないですが、特に不満ないです。納車後4回給油で(アイドリングストップしない運転で)13km/Lぐらいです。
今回はアイドリングストップする運転してるので少し変わるだろうか?

引用:https://minkara.carview.co.jp

初期モデルでは設定の無かった8インチナビや全方位カメラ・助手席シートヒーター追加・ハーフ合皮素材シートが選べたのが乗り換えるきっかけとなりました。
乗り換えて直ぐに気がついたのがドアロック音が小さくなっている事でした。
前車もDOPのオートドアロックを装着していましたが作動音がガチャンと音が大きかったのですが現行モデルは音が小さくなっていました。
アイスト再スタート時の音も静かになっていたり妻でも気がつく様な改良がされていて同じ車から乗り換えなので新たな期待はしていなかったですが嬉しい誤算です。あと、Jグレードだと前車と同じオレンジ色が選べなくなったのとメーカーOPのルーフレールの設定が無くなりました。

引用:https://minkara.carview.co.jp

積載性に関してですが、4人乗り時の荷物積載量は大きめの買い物袋3個程度しか置けませんので、大型TVなど大きめの荷物を運ぶ必要がある場合は2人乗りに留め、後部座席を倒して荷物積載スペースを確保する必要があります。それともう一つ不満な点は、普通車に比べると排気量660cc以下の軽自動車は発進時や登坂時はエンジンの回転数を2,500〜3,000回転程度回す必要がある。
と言うことは普通車の比べ振動負荷が大きいので点検の頻度は多くし、ショップによる車体状態の点検を実施する方が良いのかなぁと感じた。

引用:https://minkara.carview.co.jp

なかなか辛口のコメントが多かったですね。燃費に関しては実燃費は18km/L~18.5km/Lくらいだったという口コミが多く、カタログ燃費との乖離はかなり大きいようですね。

まだ発売されてからそこまで年月が経っていないので、もう少し経ってから再び口コミを集めてみたいと思います。

【スズキ・ハスラー】中古車の選び方は?価格相場と選び方のポイントとは?!
ハスラーが欲しい!でもそんなに長く待てない!という人には中古のハスラーがおすすめなんです。 実は最近は、中古車でも選び方と買い方さえ間違えなければ、新車とほぼ変わらないハスラーが手に入るのです。 ということで、今回はハスラーの中古車相場と買い方のポイントについてまとめてみました。

【特別仕様車・ワンダラー】まとめ

特別仕様車・「ワンダラー」の魅力をまとめてみました。

前回の特別仕様車・タフワイルドからわずか4ヶ月で発売がスタートした「ワンダラー」は、調査してみるとホントに女性向けだな。と感じる点が多くありました。

その理由の1つに『BABY-G』との限定コラボというのがあります。

こちらです。

価格も¥13,000+税とリーズナブルな価格に設定されていて、カラーもこのイエロー以外にもブラック・ホワイト・レッドの3色がラインナップされています。

もし彼女や奥様がハスラーに買われたのなら、この限定時計をプレゼントしてみるのも良いかもしれませんね。

こちら➡CASIO COMPUTER CO”LTD

可愛らしいルックスと、個性的なデザインで軽自動車SUVの地位を不動のものにしたハスラー。

特別仕様車のタフワイルドとワンダラーとともに、これから軽自動車の頂点に立つような気がしてなりませんね。

【スズキ・ハスラー】特別仕様車『タフワイルド』の魅力とは!他のグレードとの違いは?
2018年7月にスズキ・ハスラーの特別仕様車「タフワイルド」の発売がスタートしました。 いったい「タフワイルド」とはどういったクルマなのでしょうか?見ていきましょう。

新車を30万円~50万円も安く買う方法をご存知ですか?!

クルマを下取りに出すときに、得をする方法ってご存知でしょうか?

皆さん、結構知っているようで実は知らない人が多いんです。

その方法とは『自分の乗っていたクルマを安く売らない』ということです。

では、皆さんは自分のクルマを売る時っていつですか?

それは新しくクルマを買う時ですよね?

その店のディーラーに下取りの出すケースがほとんどだと思います。

しかし、それは大きな間違いなんです。

なぜかというと、貴方が今乗っているクルマの相場はディーラーには最低金額で下取りされるからなのです。

じつは、ディーラーにもそのクルマの価値が分かっていないんですよね・・・。

例えば、新車を200万円で買おうとしたときに、自分のクルマが80万円で買い取りされたら、残り120万円で済みますよね。

でも大抵が30万~40万円(中には15万円というところも…。)という金額でしか下取りしてもらえないでしょう。

簡単に言うと、その店が貴方のそのクルマを必要としていないからなんです。

だから、車を売るときは、色々なところに査定してもらって、一番欲しがっているお店に売ることがベストなんです。そうすることによって、高く買い取ってもらえるのです。

ここで使うのが『無料一括査定』なんです。

新車を買う時に、値引きの金額に買取り価格を足して、最大で50万円は安く購入できますよ。

この『無料一括査定』は、料金はかからないで無料で自分のクルマの価値を知ることができますし、もし思っていた金額より低ければ断ればいいだけです。

私はこのやり方で350万円の新車を90万円で購入した友人を知っています。

私自身も250万円のクルマを120万円で購入できました。

ぜひこちらのサイトで試してみてくださいね!