【ヴェゼルvsハリアー】徹底比較!おすすめはどっち?ライバル2車の完全対決!

無料一括査定のサイトを使って
下取りで得をしましょう!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になること
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

愛車を賢く・高く売るなら
完全無料の一括査定がおススメです。

ホンダが誇るおススメのSUVと言えば
こちら!『ヴェゼル』

トヨタの最強のSUVと言えば
こちら!『ハリアー』

ちょっとタイプの異なる2つの車ですがともに2017年の売り上げではベスト3に入っている人気SUVです。

今回はこの2大SUVの性能と価格・大きさ等を徹底比較してみました。

スポンサードリンク

《ヴェゼルVSハリアー》価格・大きさ・性能の比較

性能を見てみましょう

ヴェゼル

全長/全幅/全高(mm) 4330×1770×1605

コンパクトSUVとしての不動の地位を維持するヴェゼル。

マイナーチェンジによりホンダセンシングを全車に標準配備。

エンジンは1.5L直4DOHC1.5L直4DOHC+モーターの2種類。駆動方式はFFと4WDの2タイプです。

ハリアー

全長/全幅/全高(mm) 4725×1835×1690

高級クロスオーバーSUVのパイオニアにふさわしい存在感その外観は威圧感すら感じさせます。

エンジンは2.0L直4DOHC2.0L直4DOHCターボ2.5L直4DOHC+モーターの3種類。駆動方式はFFと4WDの2タイプです。

やはり外観の大きさではLサイズのSUVと呼ばれるハリアーが一回り大きいサイズになっています。全長は400mmも違うんですね。

地上高はヴェゼルが170mm、ハリアーは160mmの高さとなっており、乗り降りのしやすさで言えば、こちらもハリアーに分があるかと思います。

車体サイズは大きくて地上高は乗り降りのしやすいように低く設定されている。

さすがトヨタの最高傑作と呼ばれているだけのことはありますね。

インテリアを比較してみましょう

ヴェゼル
室内長/室内幅/室内高(mm)  1930×1485×1265

ハリアー
室内長/室内幅/室内高(mm)  1965×1480×1220

室内長はハリアーの方が35mm長いですが室内高はヴェゼルのほうが45mm高いですね。室内幅はほぼ一緒です。

この画像ではわかりにくいかもしれませんが若干ハリアーの方が高級感があり人気のようです。

ヴェゼルのインテリアはデザインのベースと同じくフィットに似ていますね。全体的に少し丸みを帯びたファミリーカーの雰囲気もありました。

ハリアーは内装の造りと雰囲気がクラウンに似ていて頭上も足元もとても広く感じました。

そしてシートですが、ヴェゼルはRSタイプがハリアはターボ車がそれぞれウルトラスエード+合成皮革を使用しています。

またハリアーは車幅もあるため、助手席との距離も十分に広く、大柄な男性が乗ってもまったく狭さを感じないので居住性という面でもハリアーに軍配があがりますね。

価格を見てみましょう

ヴェゼル
207.5万円~275.5万円

ハリアー
314.3万円~460.5万円

が、今の市場価格です。

う~ん・・・やはりハリアーは群を抜いて高価格ですね・・・。

2018年のSUV売上ランキング10の中でも断トツで高い価格になっています。

ともに4WDが人気のSUVですが、ヴェゼルはハイブリッドZハリアーはガソリンプレミアム一番の売れ筋のようです。

【ヴェゼル VS XV】買うならどっち?人気の違いを徹底比較してみた!
ホンダが誇る最高のSUVといえばヴェゼル スバルが誇る最高のSUVといえばXV この2大SUVの性能の違いは?そしてどららが人気はあるの? 今回はその2大SUVのヴェゼルとXVを徹底比較してみました!
【ヴェゼルvsCX-5】徹底比較!人気2大SUVの完全決着!勝つのはどっち?
2015年度SUV人気No.1を獲得した ホンダのヴェゼル クリーンディーゼルを搭載した マツダのCX-5 ともにハイクラスの人気をほこる2大SUVを徹底比較してみました。
スポンサードリンク

《ヴェゼルVSハリアー》燃費・安全性・人気の比較

まずは、燃費の比較からいきましょう。

ヴェゼル

ガソリン車とハイブリッド車のカタログ燃費を見てみましょう。

JC08モード

ガソリン車 1.5L 直噴DOHC i-VTECエンジン
(FF)21.2km/L~(4WD)19.6km/L

ハイブリッド SPORT HYBRID  i-DCD
(FF)27.0km/L~(4WD)23.2km/L

となっています。

ハリアー

カタログ燃費では

JC08モード

ガソリン車 2.0L 直噴DOHC 
(FF)16.2km/L~(4WD)14.8km/L

ターボ車 2.0L 直噴DOHC
(FF)14.2km/L~(4WD)12.8km/L

ハイブリッド 
(4WD)21.4km/L

となっています。

実燃費ではこれよりも5~6km/Lの誤差が生じます。

なので、燃費性能ではヴェゼルの圧勝といった感じです。

確かに燃費重視のコンパクトSUVとオフロード仕様のハリアーですから比較するのがちょっと違うかな?と思いながら比較してみたらまさかこんなに差が出るとは思いませんでした。

ハリアーのターボ車の4WDは実燃費は10km/L未満ですし、ガソリンでも6~9km/Lも上回っているので、ハッキリ言って勝負にならないといった感じです。

安全性能を見てみましょう

ヴェゼルは『ホンダセンシング』が搭載されていて安全性能はトップクラス。

衝突軽減ブレーキ『CMBS』旋回時の横滑りを抑制してくれる『VSA・電子抑制動力配分システム』が搭載されていて、これ以外にもグレードZから初期装備される『パフォーマンスダンパー』は多くのユーザーから強い支持を得ています。

ハリアーはトヨタの『セーフティセンス』ですね。

こちらも数え上げたらキリがないのですがミリ波レーダーと単眼カメラを併用した「検知センサー」の機能で、レーダークルーズコントロールやレーンディパーチャーアラートなどドライバーを支援する機能は多数あります。

安全性能に関しては、ハッキリ言ってほぼ同じです。

トヨタもホンダも、それ以外のメーカーの暗線性能もあまり変わりは無かったです。それだけどこのメーカーも安全性能にはより力を入れて開発しているということになりますね。

安全性能に関しては、どちらも日本が誇る自動車メーカーなので引き分けといったところでしょう。

売れているのはのはどっち?

売り上げを比較してみると

2018年7月情報 平均月販売台数

ヴェゼル 

6,109台

ハリアー

4,836台

となっております。

SUV部門のなかではこの数字はかなり高い数字なのです。

コンパクトSUV部門ではヴェゼルは2位(1位はC-HR)

ミドルクラスSUV部門ではハリアーは2位(1位はCX-5)

これでいかにヴェゼルとハリアーがともに人気が高いがわかったかと思います。

【ホンダ・ヴェゼル】値引きは限界はいくら?!交渉のポイントは?
少し前まではコンパクトSUVというジャンルではヴェゼルが不動の一位でした。 しかし最近になってC-HRやCX-3が台頭してきたことにより、ヴェゼルが購入しやすくなりました。 交渉次第によっては大幅な値引きも可能のようです! 今回はヴェゼルの値引きの相場と値引きの限界額を徹底調査してまとめてみました。
スポンサードリンク

《ヴェゼルVSハリアー》買うならどっち?おススメはこちら!

今回はあえてタイプの違う2車を比較してみましたがいかがでしょうか?

先ほども書きましたが

ヴェゼルもコンパクトSUVで2位

ハリアーもミドルクラスSUVで2位

同じ2位同士を比べてみたら面白いかな?と思って調べてみましたがいろいろ面白いこともわかりました。

それはどちらも

1・家族持ちの方に多く売れていること

2・30代~40代の男性が多いこと

3・ブランド名で決めた人が多いこと

この3点が共通していました。

ヴェゼルもハリアーもSUVとしての性能は十分です。市街地もオフロードも走行可能です。週末にはキャンプにでも行けるようにと考えて購入する男性がほぼ8割でした。

そして最後の決め手となったのがやはり日本が誇る『トヨタ車』『ホンダ車』というブランドのようです。

ハッキリ言って日本人はブランド名で安心するみたいなところがありますからね(笑)

結論として、

市街地走行メインの燃費重視なら『ヴェゼル』

高級志向のパワー走行重視なら『ハリアー』

をおススメします!どちらを買っても、素晴らしいカーライフになる事は間違いないかと思いますよ!!

【ヴェゼル】中古車の相場はいくら?新古車はおススメなの?徹底調査してみた!
近年、トヨタのC-HRの人気が上がってきたことでホンダ・ヴェゼルの人気が落ち着き始めました 。今ならSUVが低価格で購入できるチャンスです。 そこで今回は、予算別におススメの中古ヴェゼルをガソリン・ハイブリッド共に紹介します。

新車を30万円~50万円も安く買う方法をご存知ですか?!

クルマを下取りに出すときに、得をする方法ってご存知でしょうか?

皆さん、結構知っているようで実は知らない人が多いんです。

その方法とは『自分の乗っていたクルマを安く売らない』ということです。

では、皆さんは自分のクルマを売る時っていつですか?

それは新しくクルマを買う時ですよね?

その店のディーラーに下取りの出すケースがほとんどだと思います。

しかし、それは大きな間違いなんです。

なぜかというと、貴方が今乗っているクルマの相場はディーラーには最低金額で下取りされるからなのです。

じつは、ディーラーにもそのクルマの価値が分かっていないんですよね・・・。

例えば、新車を200万円で買おうとしたときに、自分のクルマが80万円で買い取りされたら、残り120万円で済みますよね。

でも大抵が30万~40万円(中には15万円というところも…。)という金額でしか下取りしてもらえないでしょう。

簡単に言うと、その店が貴方のそのクルマを必要としていないからなんです。

だから、車を売るときは、色々なところに査定してもらって、一番欲しがっているお店に売ることがベストなんです。そうすることによって、高く買い取ってもらえるのです。

ここで使うのが『無料一括査定』なんです。

新車を買う時に、値引きの金額に買取り価格を足して、最大で50万円は安く購入できますよ。

この『無料一括査定』は、料金はかからないで無料で自分のクルマの価値を知ることができますし、もし思っていた金額より低ければ断ればいいだけです。

私はこのやり方で350万円の新車を90万円で購入した友人を知っています。

私自身も250万円のクルマを120万円で購入できました。

ぜひこちらのサイトで試してみてくださいね!