【ヴェゼル】後部座席の座り心地は?車中泊はできるか検証してみました!

無料一括査定のサイトを使って
下取りで得をしましょう!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になること
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

愛車を賢く・高く売るなら
完全無料の一括査定がおススメです。

「ヴェゼル」のようなSUVを選ばれる方はキャンプなどのアウトドアライフやロングドライブを楽しむことが多いのではないでしょうか?

そんな時に気になるのが室内と荷室の広さです。

取り回しの良いコンパクトサイズですが、十分に荷物を積めるのでしょうか、そして、流行りの車中泊は可能なのでしょうか?

今回はヴェゼルの後部座席とラゲッジルームについて調べてみました。

スポンサードリンク

【ホンダ・ヴェゼル】後部座席の広さと座り心地

後席の広さは、ロングドライブや車中泊を利用する場合にもっとも重要な項目です。

そのためにはより大きな車体が有利なのは当然ですが、日常での使い勝手を考えると大きなサイズの車体は無理。

そこで、コンパクトサイズのヴェゼルでも十分な広さがあれば、その問題が解決されます。

ヴェゼルは、長時間のドライブでも疲れにくい、開放感のあるキャビンをめざして設計したリアシートや、膝まわりをミニバン並の広さ、そして座面の奥行きも充分なゆとりを確保しています。

また、不織布タイプのフロアアンダーカバーや、高遮音性のフロアカーペットなどの防音材を採用し、優れた静粛性を実現し、走行時の疲労を低減しています。

そして運転席はシートは電動できめ細かに調整可能で、調整位置を登録・呼び出しできるメモリー機能付のパワーシートを設定。運転を交代した際などに最初から調整しなおさなくてもいいので大変便利です。

さらにシートには本革、ドアライニングには合成皮革を使用した本革シート&専用インテリアをオプションで用意しており、インテリアの質感を高めています。

ヴェゼルは、本格的SUVとしての悪路走破性能は持ち合わせていませんが、快適で広い室内と乗り心地に関しては、コンパクトクラスのSUVとしてはトップレベルと言えるでしょう。

またこんな意見もあります。

C-HRと比較しても、ヴェゼルもC-HRも後部座席を倒すとフルフラットになりますが、ヴェゼルの方が幅も長さも高さも買っています。

後部座席も、外見からは想像できないくらいゆったりしてます。

天井の高さも十分あり運転中・助手席・後部座席全てで気になるところはありません。

皆さんが口を揃えて言うのが、想像していたより広いということです。

長時間のドライブ時でも、快適に過ごせますね。

【ホンダ・ヴェゼル】値引きは限界はいくら?!交渉のポイントは?
少し前まではコンパクトSUVというジャンルではヴェゼルが不動の一位でした。 しかし最近になってC-HRやCX-3が台頭してきたことにより、ヴェゼルが購入しやすくなりました。 交渉次第によっては大幅な値引きも可能のようです! 今回はヴェゼルの値引きの相場と値引きの限界額を徹底調査してまとめてみました。
スポンサードリンク

【ホンダ・ヴェゼル】ラゲッジルームと荷室容量

ヴェゼルは、ベースとなった「フィット」同様に、燃料タンクが前席下にある特許技術「センタータンクレイアウト」を採用したことで、外観からは想像もつかないほどの広さと、多彩な シートアレンジを可能にしています。

そのため、乗車人数や、目的、そして積も荷物の大きさや量により、自在に使えるシートアレンジが可能となっています。

独創的なのは、後席の座面をはね上げることで、高さのある空間を生み出す「チップアップ機構」ラゲッジルームはリアシートの後ろという概念を覆し、リアシートのフロアに大きなスペースを確保したことで、ミニバン以上の使い勝手が可能となっております。

ヴェゼルのラゲッジルーム

・開口部地上高:65cm

・最大開口部幅:118cm

・高さ:880mm

・幅:1,700mm

・奥行き:780mm

他のSUVと比較しても、開口部が大きくて低いのが最大の特徴ですね。

床下にはアンダーボックスも搭載していて、積載量も十分すぎるほどです。後部座席もフラットにできるのでこのように自転車を積むことも可能ですよ。

また5人乗車していても、393Lの大容量ラゲッジスペースを確保し、リアシートを倒すことで、さらに大きな空間が広がります

さらに、ヴェゼルはSUVながら、開口部は大きくてすごく広いので、重い物も、高く持ち上げる必要がなく、リアゲートは開口部がワイドなので、積み込みも容易になります。

例えば、荷物の多いキャンプなどでも、一般的な使用であればリアシートを利用した状態であっても、テントやターフなどキャンプに必要なすべての道具が積み込むことができます。

【ヴェゼル】中古車の相場はいくら?新古車はおススメなの?徹底調査してみた!
近年、トヨタのC-HRの人気が上がってきたことでホンダ・ヴェゼルの人気が落ち着き始めました 。今ならSUVが低価格で購入できるチャンスです。 そこで今回は、予算別におススメの中古ヴェゼルをガソリン・ハイブリッド共に紹介します。
スポンサードリンク

【ホンダ・ヴェゼル】車中泊はできるのか?

近年では、駐車場やトイレなどが完備された「道の駅」をはじめ、車中泊が楽しめるようになりました。

車中泊のメリットは、ホテルのようにチェックインやチェックアウトといった時間の制約がないことで、好きな時に訪れて、自分が満足する時間までいることが出来ることです。

また、宿泊料金がかからないこともメリットといえるでしょう。

では、ヴェゼルの場合はどうでしょうか。

「ヴェゼル」の室内長は1,930mm。室内長はインパネの先端から後席のヘッドレスト先端まで、というのが一般的な計測方法ですので、なんとか体を伸ばすことは可能な寸法なのですが、前席を倒してもフルフラットにはなりません。

むしろ、後席を収納することでフラットなフロアになるのでこちらの方が寝心地がよさそう。しかし、体はのばせません。ホンダ車で快適な車中泊を楽しむことの出来るのは、ステップワゴンやフリードといった、シャトルいった3列シート仕様の車種か、軽トールワゴンのN-BOXでしょう。

結論としては、完全にフラットな状態は望めませんが、数時間の仮眠程度なら十分可能という感じです。

ヴェゼルのようなコンパクトSUVは快適な車中泊は出来ないかもしれませんが、仮眠をとるだけならフロントシートをリクライニングさせるだけでも十分だと思います。

もちろん、乗車人数や荷物によっては窮屈な体勢になることはしょうがない部分ではありますが、例えば、二人で山道をドライブ中にちょっと横になって寝ようかな?くらいの利用がベストだと思います。

【ホンダ・ヴェゼル】今回のまとめ

ヴェゼルの内装は居住性と広さが最大のポイントですね。

事あるごとにトヨタのC-HRと比較してみましたが個人的にはヴェゼルの勝ちかな?という印象でした。

やはりC-HRよりも後部座席とラゲッジルームには高い評価を受けているし、何よりもこの内装と広さと居住性で低価格というところがヴェゼルが売れている理由だなと思います。

ただし室内の広さには定評のあるヴェゼルですが、それには「コンパクトクラスのSUVにしては・・」という注釈が付きます。

当然のように大きなサイズの車種やキャンピングカーに取って代わるものではありません。

しかし、日常シーンにおいて使い勝手に優れ、駐車場での取り回しも良く燃費もいい。そんなコンパクトサイズであっても、アウトドアやロングドライブもこなせる最低限の広さを優れたパッケージングとシートアレンジで可能にしてしまう。

それこそがヴェゼルの魅力だと思います!

これからも国内のコンパクトSUV市場はレベルアップしていくと思いますが、ヴェゼルの人気は当分落ちることはないかと思います。

【ヴェゼル VS XV】買うならどっち?人気の違いを徹底比較してみた!
ホンダが誇る最高のSUVといえばヴェゼル スバルが誇る最高のSUVといえばXV この2大SUVの性能の違いは?そしてどららが人気はあるの? 今回はその2大SUVのヴェゼルとXVを徹底比較してみました!

新車を30万円~50万円も安く買う方法をご存知ですか?!

クルマを下取りに出すときに、得をする方法ってご存知でしょうか?

皆さん、結構知っているようで実は知らない人が多いんです。

その方法とは『自分の乗っていたクルマを安く売らない』ということです。

では、皆さんは自分のクルマを売る時っていつですか?

それは新しくクルマを買う時ですよね?

その店のディーラーに下取りの出すケースがほとんどだと思います。

しかし、それは大きな間違いなんです。

なぜかというと、貴方が今乗っているクルマの相場はディーラーには最低金額で下取りされるからなのです。

じつは、ディーラーにもそのクルマの価値が分かっていないんですよね・・・。

例えば、新車を200万円で買おうとしたときに、自分のクルマが80万円で買い取りされたら、残り120万円で済みますよね。

でも大抵が30万~40万円(中には15万円というところも…。)という金額でしか下取りしてもらえないでしょう。

簡単に言うと、その店が貴方のそのクルマを必要としていないからなんです。

だから、車を売るときは、色々なところに査定してもらって、一番欲しがっているお店に売ることがベストなんです。そうすることによって、高く買い取ってもらえるのです。

ここで使うのが『無料一括査定』なんです。

新車を買う時に、値引きの金額に買取り価格を足して、最大で50万円は安く購入できますよ。

この『無料一括査定』は、料金はかからないで無料で自分のクルマの価値を知ることができますし、もし思っていた金額より低ければ断ればいいだけです。

私はこのやり方で350万円の新車を90万円で購入した友人を知っています。

私自身も250万円のクルマを120万円で購入できました。

ぜひこちらのサイトで試してみてくださいね!