【新型シエンタ】マイナーチェンジ情報!変更点をチェックしてみた!

無料一括査定のサイトを使って
下取りで得をしましょう!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になること
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

愛車を賢く・高く売るなら
完全無料の一括査定がおススメです。

引用:https://toyota.jp/sienta/

新型シエンタがマイナーチェンジしました。

マイナーチェンジによってどんなところが変わったのでしょうか?

今回はトヨタの新型シエンタのマイナーチェンジ変更点についてご紹介します。

スポンサードリンク

【新型シエンタ】マイナーチェンジ後の変更点

引用:https://toyota.jp/sienta/

個性的なデザインで運転しやすいサイズ、快適な車内スペースを確率したトヨタのコンパクトミニバンの新型シエンタ。

マイナーチェンジによってより便利に使いやすく生まれ変わりました。

では、具体的にどんな点が変わったのか見ていきましょう。

グレードの変更点

引用:https://toyota.jp/sienta/

新型シエンタマイナーチェンジによる大きな変更点は新グレードの追加です。

マイナーチェンジでは5人乗りの「FUNBASE(ファンベース)」が追加されました。

新型シエンタはコンパクトサイズのミニバンながらも3列シートの7人乗りモデルが特徴的ですが、マイナーチェンジではあて2列シート車を加えました

引用:https://toyota.jp/sienta/

FUNBASEを追加した理由は、車中泊を始めとするアウトドアブームにより、広大で使い勝手の良いラゲッジルームのクルマの需要が高まっていたからです。

引用:https://toyota.jp/sienta/

シエンタ3列シートモデルは、後席シートを格納することで広大なラゲッジルームを作り出すことができますが、大きな段差が生じてしまいます

2列シートのFUNBASEなら広大でフラットなラゲッジルームを使用することができます

引用:https://toyota.jp/sienta/

ラゲッジルームの奥行きは最長2065mmにもなり、たとえばサーフボードや自転車などの長尺物や高さのあるものを積載することも可能になります。

  • FUNBASEのラゲッジルーム

引用:https://toyota.jp/sienta/

これまでのシエンタでは積載が難しかった荷物を乗せることも可能になり、フラットスペースだから車中泊することもできるようになりました。

  • ユーティリティホール

引用:https://toyota.jp/sienta/

新型シエンタFUNBASEの荷室両サイドには、ユーティリティホールが設置されています。

ディーラーオプションのフックやバーと組み合わせることで、様々な用途に対応させるとができます。

エクステリアの変更点

引用:https://toyota.jp/sienta/

新型シエンタのマイナーチェンジによってエクステリアにも若干ですが変更が加えられました

基本はキープコンセプトで、

  • フロントバンパー
  • フロントグリル
  • ヘッドライト
  • リアコンビネーションランプ
  • ホイールキャップ

以上のデザインが変更されアクティブさと先進性を印象づけるエクステリアにパワーアップしています。

引用:https://www.tokyo-toyopet.co.jp/column/20190924_sienta

上記画像は、左がマイナーチェンジ前、右がマイナーチェンジ後のエクステリアデザインです。

フロントグリルにはメッキを多用し、見た目の質感を向上させています

ヘッドライトは最上位グレードにLEDヘッドランプを標準装備、他グレードにはメーカーオプションを設定しています。

引用:https://www.tokyo-toyopet.co.jp/column/20190924_sienta

フロントバンパーのデザイン変更に伴い、フロントオーバーハングを25mm延長し力強さを増しています。

ホイールキャップは6本スポークに変更しています。

引用:https://www.tokyo-toyopet.co.jp/column/20190924_sienta

リアコンビネーションランプもデザイン変更しています。

上位グレードはLED発光テールランプ&ストップランプを標準装備し、他グレードではオプション設定となります。

ボディカラーの変更点

引用:https://toyota.jp/sienta/

新型シエンタはマイナーチェンジで新規にボディカラーを追加しました

追加となったボディカラーは、ツートンルーフ仕様6色と、モノトーンシリーズのベージュカラーの全7色です。

引用:https://toyota.jp/sienta/

ツートンルーフ仕様は、ボディとルーフに別カラーを使用したオシャレな印象を与えてくれます。

ルーフカラーは5色にブラックマイカを設定。

ホワイトパールクリスタルシャインのみ、ルーフはヴィンテージブラウンパールクリスタルシャインを採用しています。

燃費性能の変更点

新型シエンタはマイナーチェンジでエンジンとシャシーの見直しが図られ、燃費性能が向上しています。

燃費向上したのはハイブリッド車で、燃費27.2km/Lから28.8km/Lへ向上しています

また、燃費表記はJC08モードだけでなく、実燃費に近いWLTCモードが採用されています。

  • WLTCモード
    ・平均燃費   :22.8km/L
    ・市街地モード :22.7km/L
    ・郊外モード  :23.9km/L
    ・高速道路モード:22.1km/L
  • JC08モード
    ・ハイブリッド車:28.8km/L
    ・ガソリン車  :20.2km/L(2WD)15.4km/L

インテリアの変更点

引用:https://toyota.jp/sienta/

新型シエンタのマイナーチェンジによるインテリアの変更点は、

  • 2WDの6人乗りモデル廃止
  • 2列シートの追加

となります。

引用:https://toyota.jp/sienta/

そのため、2WDは5人乗りもしくは7人乗り仕様のいずれかの選択になります。

4WDは6人乗りのままです。

引用:https://toyota.jp/sienta/

他にもシート素材やドアトリムのデザインも変更が施され、全体的に質感が向上しています。

安全装備の変更点

引用:https://toyota.jp/sienta/

これまでのシエンタにはトヨタの先進安全装備をパッケージ化した「トヨタセーフティセンスC」が搭載されていました。

マイナーチェンジによって、精度・機能が向上しています。

搭載する先進安全機能は以下の3つです。

  • プリクラッシュセーフティ(自動ブレーキ)
  • レーンディパーチャーアラート(車線逸脱警報装置)
  • オートマチックハイビーム

引用:https://toyota.jp/sienta/

従来のプリクラッシュセーフティは、車両のみを検知していましたが、マイナーチェンジ後は歩行者も検知するようになりました

引用:https://toyota.jp/sienta/

安全装備に「インテリジェントクリアランスソナー」が新規追加されました。

アクセルとブレーキを踏み間違えたとき、衝突被害を軽減するためにエンジン出力を制御し、距離が縮まった場合は自動でブレーキをかけます

検知対象は静止物となりますが、コンビニのガラスもしっかり検知してくれます。

【新型シエンタ】価格はいくら?ハイブリッドは?グレード別にご紹介します!
「新型シエンタ」の新車価格をグレード別にご紹介していきたいと思います。
【新型シエンタ】値引きの最新情報!最大で50万円安く買う方法とは?
今回はその新型シエンタの値引きの目標額や、値引き交渉時のポイント、そしてさらにそこからもうワンステップ安く買うためのテクニックを公開します!
スポンサードリンク

【新型シエンタ】マイナーチェンジ後の評価はどうか?

新型シエンタのマイナーチェンジ後の評価はどうでしょうか。

ユーザーレビューをご紹介します。

【エクステリア編】

  • MC前のシエンタはのっぺりしていたけど、MC後は立体感が出て押し出し感が強くなってカッコいい。
  • メッキパーツを使って、存在感が増したね。
  • 個性的なデザインが更に強さを増して気に入ってます。
【インテリア編】

  • FUNBASEは不要なサードシートを排除して使い勝手が良くなりましたね。
  • 車中泊に最適な広さと使い勝手で買ってよかったです。
  • コンパクトミニバンにしては質感が良いです
【安全装備】

  • 安全装備がかなり充実していて安心です。
  • 自動ブレーキは歩行者も検知してくれるようになったので買いました。
  • この間、コンビニで踏み間違えたけど自動ブレーキ作動してくれて間一髪でした。付いててよかったです。

新型シエンタのマイナーチェンジによって変更になった点について、多くのユーザーが満足している結果となりました。

特に2列シート車のFUNBASEは広くて使いやすいと好評です。

【新型シエンタ】燃費について!実燃費との比較でわかった驚きの事実とは?
今回は新型シエンタの燃費と実燃費、さらにはライバル車との燃費比較を見ていきます。 新型シエンタの燃費性能はどうなのか見ていきましょう。
【新型シエンタ】カスタムについて!パーツ・ホイールなどのまとめ!
今回は、新型シエンタのカスタムについて解説していきます。 どんなカスタムパーツがあるのか、おすすめのカスタムパーツは何かな?とカスタムを検討している方は是非参考にしてください。
スポンサードリンク

【新型シエンタ】価格・グレードの構成

引用:https://toyota.jp/sienta/

  • ハイブリッド車のグレード構成と価格
グレード乗車定員価格
G Cuero7人253万円
G238万円
X223万円
FUNBASE G5人234万円
FUNBASE X219万円
  • ガソリン車のグレード構成と価格
グレード乗車定員価格
G Cuero7人217万円
G202万円
X181万円
G Cuero6人231万円
G216万円
X196万円
FUNBASE G5人198万円
FUNBASE X178万円

新型シエンタは2列シート車と3列シート車のラインナップです。

引用:https://toyota.jp/sienta/

2列シート車のFUNBASEはXGが加わり、3列シート車はXと上位グレードのG、それに特別仕様車のGクロエがあります。

ガソリン車の2WDとハイブリッド車は7人乗り、ガソリン車の4WDは6人乗りになります。

マイナーチェンジ後の価格はほぼ据え置きです。

やや上乗せになったグレードもありますが、それに見合った機能と装備が備わっているので、実質的な値上げはありません。

【新型シエンタ】マイナーチェンジ情報のまとめ

以上、新型シエンタのマイナーチェンジ情報についてでした。

ちょうどよいサイズで扱いやすく、ライバル車のホンダフリードとどっちにしようか悩む方も多いでしょう。

新型シエンタは、今回のマイナーチェンジでより魅力的なコンパクトミニバンとなりました。

エクステリア、インテリア、燃費性能、安全装備といずれもユーザーからの評価は高いです。

マイナーチェンジでパワーアップした新型シエンタ、実車をチェックしぜひその変貌ぶりを体感してください。

【2018年ミニバン人気ランキング】最新情報はこちら!やっぱり1位はあのクルマだった?!
2018年、国産ミニバンの中で人気の高かった10台をランキング形式でご紹介します。 ミニバンの人気を支えているのはやはりファミリー層です。昨今はSUVの人気に押されがちですが、ファミリーカーとしての利用率は今でも健在です。この...

新車を30万円~50万円も安く買う方法をご存知ですか?!

クルマを下取りに出すときに、得をする方法ってご存知でしょうか?

皆さん、結構知っているようで実は知らない人が多いんです。

その方法とは『自分の乗っていたクルマを安く売らない』ということです。

では、皆さんは自分のクルマを売る時っていつですか?

それは新しくクルマを買う時ですよね?

その店のディーラーに下取りの出すケースがほとんどだと思います。

しかし、それは大きな間違いなんです。

なぜかというと、貴方が今乗っているクルマの相場はディーラーには最低金額で下取りされるからなのです。

じつは、ディーラーにもそのクルマの価値が分かっていないんですよね・・・。

例えば、新車を200万円で買おうとしたときに、自分のクルマが80万円で買い取りされたら、残り120万円で済みますよね。

でも大抵が30万~40万円(中には15万円というところも…。)という金額でしか下取りしてもらえないでしょう。

簡単に言うと、その店が貴方のそのクルマを必要としていないからなんです。

だから、車を売るときは、色々なところに査定してもらって、一番欲しがっているお店に売ることがベストなんです。そうすることによって、高く買い取ってもらえるのです。

ここで使うのが『無料一括査定』なんです。

新車を買う時に、値引きの金額に買取り価格を足して、最大で50万円は安く購入できますよ。

この『無料一括査定』は、料金はかからないで無料で自分のクルマの価値を知ることができますし、もし思っていた金額より低ければ断ればいいだけです。

私はこのやり方で350万円の新車を90万円で購入した友人を知っています。

私自身も250万円のクルマを120万円で購入できました。

ぜひこちらのサイトで試してみてくださいね!