【新型フリード/フリードプラス】新車価格をグレード別にご紹介!

無料一括査定のサイトを使って
下取りで得をしましょう!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になること
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

愛車を賢く・高く売るなら
完全無料の一括査定がおススメです。

引用:https://www.honda.co.jp/FREED

現行モデルの2代目フリードの新車価格を調べてみました。

フリード・フリードプラスは「3列シート」を持つコンパクトミニバンとして人気があります。ライバル車のトヨタ・シエンタとよく比較されますが、果たして高価格なのはどちらなのか?

また買うならどのグレードがおすすめなのかもまとめてみましたのでご覧ください。

スポンサードリンク

【フリード】ガソリンモデルの価格はこちら

引用:https://www.honda.co.jp/FREED

まずはガソリンモデルの新車価格から見ていきましょう。

グレード定員駆動方式新車価格
B6人乗り2WD1,880,000円~
B6人乗り4WD2,096,000円~
G6人乗り2WD1,980,000円~
G7人乗り2WD2,001,600円~
G6人乗り4WD2,212,200円~
G・ホンダセンシング6人乗り2WD2,100,000円~
G・ホンダセンシング7人乗り2WD2,121,600円~
G・ホンダセンシング6人乗り4WD2,332,200円~

スタンダードクラスのグレード「B」で200万円未満で購入可能ですね。安全性能技術ホンダセンシングを装備すると200万円は超えるようですね。

またグレード「B」にはホンダセンシングは装備できないようです。覚えておきましょう。

【新型フリード】マイナーチェンジ最新情報!気になる価格やエクステリアは?
コンパクトミニバンとして高い人気を誇るホンダ・フリードがに大きくマイナーチェンジをするそうです。 今現在で発表されている変更点をまとめてみましたのでご覧ください。
スポンサードリンク

【フリード】ハイブリッドモデルの価格はこちら

引用:https://www.honda.co.jp/FREED

続いてハイブリッドモデルの新車価格を見てみましょう。

グレード定員駆動方式新車価格
B6人乗り2WD2,256,000円~
B6人乗り4WD2,472,000円~
G・ホンダセンシング6人乗り2WD2,496,000円~
G・ホンダセンシング6人乗り4WD2,728,200円~
G・ホンダセンシング7人乗り2WD2,517,600円~
ハイブリッドEX6人乗り2WD2,656,000円~

フリードはガソリン車とハイブリッドの外観の違いは全くありません。ですが燃費性能が圧倒的に違うのです。2WDで27.2km/L、4WDで25.2km/Lという数値はミニバンの中でも間違いなくトップクラスですね。

ライバル車であるトヨタ・シエンタの28.8km/Lに次いで2番目の燃費性能です。またガソリンモデルでもフリード=19.0km/Lシエンタ=15.4km/Lとなっており、フリードが圧勝していますね。これを見る限りでもいかにフリードの燃費が優れているかがわかります。

【新型フリード】ハイブリッドとガソリンの価格・燃費・性能徹底比較!まとめ
フリードが欲しいけど、どっちを買ってよいのかわからないという方へ、 今回はそのガソリンとハイブリッドの魅力を個別に伝えたいと思います。
スポンサードリンク

【フリード】モデューロの価格

引用:https://www.honda.co.jp/FREED

フリードにはモデューロという最上位クラスが存在します。ホンダの持つ全ての最新技術と装備を駆使したモデューロ。その価格も最上位クラスのようです。

グレードモデル定員駆動方式新車価格
X・ホンダセンシングガソリン6人乗り2WD2,830,680円~
X・ホンダセンシングガソリン7人乗り2WD2,852,280円~
X・ホンダセンシングハイブリッド6人乗り2WD3,130,920円~
X・ホンダセンシングハイブリッド7人乗り2WD3,152,520円~

ガソリンモデルでも283万円という価格。ハイブリッドになると310万円オーバーという高価格になっています。

ではモデューロは何が違うのか?

それは専用フロントエアロバンパーや専用サスペンションなどが存在することです。

専用フロントエアロバンパー

引用:https://www.honda.co.jp/FREED

専用サスペンション

引用:https://www.honda.co.jp/FREED

これ以外にも、ホイールやリアゲートの専用エンブレムなどもあります。そして走行性能は抜群に優れていて、視界はミニバンなのに運転のしやすさはセダンというような機能性を重視した、まさに最上位クラスにふさわしい装備となっています。

【フリード】フリードプラスの価格はこちら

フリードプラスは2列シート仕様で定員も5人乗りのコンパクトカーに仕上がっています。フリードよりもやや小さめの設計になっているのが特徴です。

引用:https://www.honda.co.jp/FREED

グレード定員駆動方式新車価格
B5人乗り2WD1,900,000円~
G5人乗り2WD2,000,000円~
G5人乗り4WD2,232,200円~
G・ホンダセンシング5人乗り2WD2,120,000円~
G・ホンダセンシング5人乗り4WD2,352,200円~

フリードプラスのハイブリッド

引用:https://www.honda.co.jp/FREED

グレード定員駆動方式新車価格
B5人乗り2WD2,276,000円~
G・ホンダセンシング5人乗り2WD2,516,000円~
EX5人乗り2WD2,676,000円~
G・ホンダセンシング5人乗り4WD2,748,200円~

こちらは平均で250万円台とやや高値の設定になっています。

ガソリンモデルと比較するとグレード「B」でも37.6万円もの差がありますね。この差をどのように捉えるかだと思います。

ハイブリッドの特徴として、1度ハイブリッドに乗ってしまうとあの静粛性が忘れられなくなり、2度とガソリン車には乗れなくなるという事実がありますよね。

走り出しのモーターでの静かなスタートや、停車中などの静かな車内は確かに魅力的ですよね?ただ37万円の差額はやはり大きいかもしれません。

単純に計算してもガソリン代が1Lで125円と考えて計算した場合、1ヶ月で5,000円計算でも1年間で60,000円なので6年ぶんのガソリン代を払ってハイブリッドを購入することになりますね。

そこまでしてハイブリッドを買う価値があるのか?調べてみるとどうやらそこまでの価値はありそうですよ!

【新型フリード】外装&内装について!サイズ感を徹底調査!機械式駐車場はOK?
新型フリードの大きさを全てチェックしてみました。カッコイイデザインのエクステリアから、 高級感のあるインテリアまでのサイズや使い勝手などを知りたい人はぜひ読んでみてください。

【フリード】買うならハイブリッドがおすすめ!

では新車価格がわかったところで、買うならハイブリッドか?それともガソリンモデルか?と迷うところですが、私は断然ハイブリッドをおすすめします。

ここでわかりやすく両者のメリットとデメリットをまとめてみました。

  • 純粋にガソリンモデルより燃費が良い。月々のガソリン代がかからない。
  • ガソリンモデルに比べて走り出しや停車時などの静粛性に優れている。
  • ハイブリッドを所有しているという満足感を得られる。
  • 価格はガソリンモデルより35万円以上高いが、元は十分に取れる

  • ガソリンモデルと比較すると35万円以上高い。
  • 静粛性は優れているが、パワーに劣る。スタート時や加速時のパワーはガソリンモデルの方が上。
  • 他のミニバンのハイブリッドと比較するとガソリンタンク容量が少ない。
  • ライバル車のトヨタ・シエンタのハイブリッドより燃費は劣る。

それでもハイブリッドがおすすめな理由とは?

それでもフリードのハイブリッドをおすすめするのは、利用する方の多くがファミリーカーとして利用するということです。

独身男性やまだ子供がいないカップルなどでフリードを利用されている方は、ハッキリ言って少ないと思います。ほとんどの人が子供がいる家族が所有しているケースがほとんどです。

なので子供の送迎や通勤などで使用した場合を視野に入れると、間違いなく低燃費のほうが結果として安く済むんです。またガソリンスタンドに行く頻度も減るのでガソリン代もかからなくなるでしょう。

つまり最初に初期投資してしまえば、あとは費用は少なくて済むのです。ここがファミリーカーとして利用していくポイントだと思います。

またハイブリッドなら最低でも20万キロは走ると言われています。4~5年の頻度でクルマを買い替えるならともかく、ファミリーカーとして長期にわたって利用するなら(最低でも6年以上)断然ハイブリッドのほうが得なわけです。

引用:https://www.honda.co.jp/FREED

フリードはコンパクトミニバンとして大人気のクルマです。これから何年も人気が衰えることは無いでしょう。多少価格が高くてもずっと乗り続けることを考えているのであれば、ハイブリッドがおすすめだと思います。

ただ最終的には、個人の好みになりますので、どちらを選ぶにせよゆっくり検討してから選んでくださいね。

【2018年ミニバン人気ランキング】最新情報はこちら!やっぱり1位はあのクルマだった?!
2018年、国産ミニバンの中で人気の高かった10台をランキング形式でご紹介します。 ミニバンの人気を支えているのはやはりファミリー層です。昨今はSUVの人気に押されがちですが、ファミリーカーとしての利用率は今でも健在です。この...

新車を30万円~50万円も安く買う方法をご存知ですか?!

クルマを下取りに出すときに、得をする方法ってご存知でしょうか?

皆さん、結構知っているようで実は知らない人が多いんです。

その方法とは『自分の乗っていたクルマを安く売らない』ということです。

では、皆さんは自分のクルマを売る時っていつですか?

それは新しくクルマを買う時ですよね?

その店のディーラーに下取りの出すケースがほとんどだと思います。

しかし、それは大きな間違いなんです。

なぜかというと、貴方が今乗っているクルマの相場はディーラーには最低金額で下取りされるからなのです。

じつは、ディーラーにもそのクルマの価値が分かっていないんですよね・・・。

例えば、新車を200万円で買おうとしたときに、自分のクルマが80万円で買い取りされたら、残り120万円で済みますよね。

でも大抵が30万~40万円(中には15万円というところも…。)という金額でしか下取りしてもらえないでしょう。

簡単に言うと、その店が貴方のそのクルマを必要としていないからなんです。

だから、車を売るときは、色々なところに査定してもらって、一番欲しがっているお店に売ることがベストなんです。そうすることによって、高く買い取ってもらえるのです。

ここで使うのが『無料一括査定』なんです。

新車を買う時に、値引きの金額に買取り価格を足して、最大で50万円は安く購入できますよ。

この『無料一括査定』は、料金はかからないで無料で自分のクルマの価値を知ることができますし、もし思っていた金額より低ければ断ればいいだけです。

私はこのやり方で350万円の新車を90万円で購入した友人を知っています。

私自身も250万円のクルマを120万円で購入できました。

ぜひこちらのサイトで試してみてくださいね!