【エクストレイル】VS【XV】徹底比較!おすすめはどっち?

無料一括査定のサイトを使って
下取りで得をしましょう!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になること
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

愛車を賢く・高く売るなら
完全無料の一括査定がおススメです。

SUVはパワフルな走りや大きな外観が特徴のクルマですよね。

最近は日本のみならず海外でも日本のSUVは高い評価を受けています。

今回はその中でも人気の日産・エクストレイルとスバル・XVを比較してみることにしました。どちらを買うか悩んでいる人はぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

【エクストレイル】VS【XV】価格・大きさ・性能の比較

どちらも人気があるから、結果が楽しみですね!さあ見ていきましょう!

比較・1 価格で比較!

エクストレイルグレード別価格

グレード新車価格
20S【2列】(FF)219.7万円~
20S【2列】(4WD)240.4万円~
20X【2列】(FF)254.8万円~
20X【2列】(4WD)275.5万円~
20X【3列】(FF)262.1万円~
20X【3列】(4WD)282.7万円~
20Xi【2列】(FF)280.3万円~
20Xi【2列】(4WD)300.9万円~
20Sハイブリッド(FF)258.9万円~
20Sハイブリッド(4WD)279.6万円~
20Xハイブリッド(FF)289.2万円~
20Xハイブリッド(4WD)309.8万円~

XVグレード別価格

グレード新車価格
1.6iアイサイト213.8万円~
1.6i-Lアイサイト224.6万円~
2.0i-Lアイサイト248.4万円~
2.0i-Sアイサイト267.8万円~
Advance(ハイブリッド)282.9万円~

エクストレイルは「20X【3列】(4WD)」XVは「20i-Lアイサイト」が一番売れているみたいですね。価格帯はほぼ同等のクラスといって良いでしょう。

またエクストレイルには2WD仕様があるが、XVには4WD仕様のみが用意されています。ここが大きな違いと言えるでしょう。

比較・2 大きさで比較!

エクストレイル

エクストレイルハイブリッド
全長(mm)46904640
全幅(mm)18201820
全高(mm)17401715
室内長(mm)25552005
室内幅(mm)15351535
室内高(mm)12701270
最低地上高(mm)205195
車両重量(kg)15901640
最小回転半径(m)5.65.6

ガソリン仕様とハイブリッドでは微妙にサイズが違っています。特に室内長は550mmも短くなっています。

XV

XVハイブリッド
全長(mm)44654450
全幅(mm)18001780
全高(mm)15501550
室内長(mm)20852005
室内幅(mm)15201490
室内高(mm)12001205
最低地上高(mm)200200
車両重量(kg)14201510
最小回転半径(m)5.454

サイズ感は全体的にエクストレイルの方が大きめですね。XVの特徴は車高が低いためギリギリで立体駐車場にも駐車できます。その分室内高も低いですがこれはSUVとしてはとても大きなポイントですね。

両方ともハイブリッドになるとサイズが小さくなっています。

比較・3 インテリアで比較!

エクストレイルの室内はミドルサイズながら後席が広くて快適。3列シートの場合は補助席は荷室に装着されます。ボディーサイズを生かし、車内は頭上と足もとに広々としたスペースが確保されています。シートアレンジも多彩ですが、フロア位置が高く乗り降りには気を使うと思います。

XVの室内はブラックで統一された、シックで落ち着いた雰囲気のインテリアです。ボディーがコンパクトな割に後部席を含めて居住性は快適に仕上がっています。

どちらもブラックで統一されているから高級感が感じられますね!

比較・4 ラゲッジルームを比較!

エクストレイルの荷室はシートのアレンジが多彩で、濡れたものを気兼ねなく積める機能も備わっています。便利な収納スペースも用意されるなど実用性はハイレベルです。また「リモコンオートバックドア」が装備されています。この装備は両手に荷物を持っていてもリヤバンパーの下に足先を入れて引くだけで、ドアが自動でオープンしてくれる機能でSUVにはなかなか珍しい装備の一つです。

XVの荷室はリアゲートが比較的ワイドに開くので、荷物の収納性は優れています。サーフボードなども3人乗りなら上の図のように問題なく載せられます。またアクセサリーを付けることによって荷室を2段にして上下で積載も可能です。

エクストレイルもXVもSUVとしてはラゲッジルームは広くて使いやすい方なので、車中泊も問題なくできると思います。

【日産・エクストレイル】値引きのテクニックを教えます。おススメはこの方法!
今回はエクストレイルの新車の値引き目標金額に、どうすれば達成するかの重要なポイントをお教えしましょう。
スポンサードリンク

【エクストレイル】VS【XV】エンジン・燃費・ボディーカラーで比較

ここからは両者のエンジン性能や燃費について見ていきましょう。また選べるボディカラーの数も調べてみました。

比較・5 エンジンで比較!

エクストレイルのエンジン

ガソリン・ハイブリッド

エンジン:直列4気筒DOHC+モーター
総排気量:1997cc
最高出力:108kW(147PS)/6000rpm
最大トルク:207N・m(21.1kg・m)/4400rpm

XVのエンジン

エンジン:水平対向4気筒DOHC
総排気量:1995cc
最高出力:113kW(154PS)/6000rpm
最大トルク:196N・m(20.0kg・m)/4000rpm

ハイブリッド

エンジン:2.0LDOHC直噴+モーター
総排気量:1997cc
最高出力:107kW(145PS)/6000rpm
最大トルク:188N・m(19.2kg・m)/4000rpm

エクストレイルはガソリン車とハイブリッド車で同じ最大出力と最大トルクの数値です。変速比の幅が広いCVTを組み合わせ、低、中速領域でのフィーリングはとても良いです。XVのエンジンは水平対向の4気筒で2.0Lの直噴エンジンは実用回転域の駆動力が高く運転もしやすいです。ハイブリッドも同じ2.0Lの排気量です。

両方ともハイブリッドは2.0Lの設定です。そして売れているのは両方ともガソリン車のほうです。

比較・6 燃費で比較!

ここが1番大事な部分。燃費で比較して見ましょう。

エクストレイル

JC08モード燃料消費率
15.6km/L~

ハイブリッドJC08モード燃料消費率
20.3km/L~

XV

JC08モード燃料消費率
16.4km/L~

ハイブリッドJC08モード燃料消費率
19.2km/L~

燃費で比較してみると、ややエクストレイルの方が数値的には良いです。エクストレイルにはガソリン車にもハイブリッドにもアイドリングストップ機構が備わっているので、無駄な燃費を抑えてくれます。そしてXVにはそのアイドリングストップ機構に加えてSI-DRIVEという運転モードがあります。このモードは燃費重視のIモードと走り重視のSモードに切り替えることで、さらに燃費の消費を抑えてくれる優れた機能です。

比較・7 ボディーカラーの多さで比較!

エクストレイルのボディーカラーは全12色から選択可能です。

  • ダイヤモンドブラックパール
  • ブリリアントホワイトパール
  • バーニングレッド
  • ブリリアントシルバーメタリック
  • ダークメタルグレー
  • チタニウムカーキパールメタリック
  • ガーネットレッドパール
  • シャイニングブルーパールメタリック
  • プレミアムコロナオレンジパールメタリック
  • ギャラクシーゴールドチタンメタリック
  • インペリアルアンバーパール
  • オリーブグリーンチタンメタリック

1番人気のカラーは「ダイヤモンドブラックパール」のようです。

赤い文字のカラーはオプションカラーで+43,200円
青い文字のカラーはオプションカラーで+54,000円です。

XVのボディーカラーは全10色から選択可能です。

  • クールグレーカーキ
  • クリスタルホワイト・パール
  • アイスシルバーメタリック
  • クリスタルブラック・シリカ
  • サンシャインオレンジ
  • ピュアレッド
  • ダークブルー・パール
  • ダークグレー・メタリック
  • クオーツブルー・パール
  • ラグーンブルー・パール(Advance専用色)

1番人気のカラーは「クールグレーカーキ」です。

赤い文字のカラーはオプションカラーで+32,400円です。

最近は特に有料のボディカラーが増えてきましたが、XVに関しては有料のカラーはクリスタルホワイト・パール1色のみです。あとは全て無料なのはとても素晴らしいことだと思います。

比較・8 販売台数で比較!

2018年10月までの1か月の平均販売台数は

エクストレイル   8,220台

XV       5,259台

エクストレイルの方が売れているという結果でした。

どちらもSUVの中でもトップクラスの人気車種ですが、やはり本格派のSUVを求めるとなると、都会派のXVよりもオフロード向けのエクストレイルの方が人気があるのかな?という結果になりました。

【エクストレイル】中古相場と新古車の情報を教えます。中古車が欲しい人必見!
新型エクストレイルの中古車をお得に購入したいなら、まず相場がいくらくらいなのか?狙い目はいつなのか?を知らなくてはなりません。 最近になってもまだまだ値段が下がることはないと聞きますが、それでもタイミングを掴めば、他の人より安く買うことは可能だと思います。 ここでエクストレイルの中古車を買うための情報をいくつか紹介していきます。
スポンサードリンク

【エクストレイル】VS【XV】徹底比較のまとめ

今回はエクストレイルとXVを比較してみました。

どちらも同じくらいの価格と燃費なので、選ぶポイントは外観やインテリアの好みになるのかな?と思います。

ただ特徴としては、XVの車高1550mmというのは立体駐車場にも駐車できる高さです。SUVの中でも立体駐車場に駐車できるクルマは非常に少ないので選ぶポイントの一つになるかもしれません。

またXVはコンパクトSUVと比較しても視界や取りまわし性が優れていて、後部座席の居住性も快適です。価格もややエクストレイルよりは低価格なので街乗り重視で買うならXVではないでしょうか?

逆に普段から山道やオフロードでの走行が多く、SUVらしい走りや雰囲気を求めるならばエクストレイルだと思います。とくに高速道路での走行ではハッキリと違いが分かるかもしれません。

ただどちらも優れたクルマであることは変わらないので、試乗してみて自分にあった方を選んでくださいね。

【エクストレイル】VS【フォレスター】徹底比較!おすすめはどっち?
SUVの中でも人気の高いエクストレイルとフォレスターを比較してみました。 ともに日本を代表するSUVとして海外でも強い人気を誇っています。 なにより見た目が似ているのでなおさら比較されることも多い両者ですがはたしてどちらがお買い得なのか? ファミリーカーとして利用するにはどちらがおススメか?などを徹底調査してみました。
【エクストレイル】VS【ヴェゼル】ライバル車を徹底比較!おすすめはどっち?
SUVの中でも人気の高いエクストレイルとヴェゼルを比較してみました。ともに日本を代表するSUVとして海外でも強い人気を誇っています。その両者のデザインや性能・燃費などを比べてみると意外なことがわかりました。あなたならどちらを選びます...
【エクストレイル】VS【CX-5】徹底比較!おすすめはどっち?
SUVはパワフルな走りや大きな外観が特徴のクルマですよね。 最近は日本のみならず海外でも日本のSUVは高い評価を受けています。 その中でも人気の日産・エクストレイルとマツダ・CX-5を比較してみることにしました。 どちらを買うか悩んでいる人はぜひ参考にしてみてくださいね。

新車を30万円~50万円も安く買う方法をご存知ですか?!

クルマを下取りに出すときに、得をする方法ってご存知でしょうか?

皆さん、結構知っているようで実は知らない人が多いんです。

その方法とは『自分の乗っていたクルマを安く売らない』ということです。

では、皆さんは自分のクルマを売る時っていつですか?

それは新しくクルマを買う時ですよね?

その店のディーラーに下取りの出すケースがほとんどだと思います。

しかし、それは大きな間違いなんです。

なぜかというと、貴方が今乗っているクルマの相場はディーラーには最低金額で下取りされるからなのです。

じつは、ディーラーにもそのクルマの価値が分かっていないんですよね・・・。

例えば、新車を200万円で買おうとしたときに、自分のクルマが80万円で買い取りされたら、残り120万円で済みますよね。

でも大抵が30万~40万円(中には15万円というところも…。)という金額でしか下取りしてもらえないでしょう。

簡単に言うと、その店が貴方のそのクルマを必要としていないからなんです。

だから、車を売るときは、色々なところに査定してもらって、一番欲しがっているお店に売ることがベストなんです。そうすることによって、高く買い取ってもらえるのです。

ここで使うのが『無料一括査定』なんです。

新車を買う時に、値引きの金額に買取り価格を足して、最大で50万円は安く購入できますよ。

この『無料一括査定』は、料金はかからないで無料で自分のクルマの価値を知ることができますし、もし思っていた金額より低ければ断ればいいだけです。

私はこのやり方で350万円の新車を90万円で購入した友人を知っています。

私自身も250万円のクルマを120万円で購入できました。

ぜひこちらのサイトで試してみてくださいね!