【エクストレイル】モデルチェンジとマイナーチェンジの情報を調べてみた!

無料一括査定のサイトを使って
下取りで得をしましょう!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になること
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

愛車を賢く・高く売るなら
完全無料の一括査定がおススメです。

2017年6月にマイナーチェンジを行ったエクストレイルですが、フルモデルチェンジは2013年以来行われていません。

現行の3代目エクストレイルもいまだに安定した人気がありますが、そろそろ次のモデルも見たいとの声がちらほら聞こえてきます。

次のモデルチェンジの時期と、改良されるデザインを予想して見ましょう。

スポンサードリンク

【日産・エクストレイル】モデルチェンジの歴史

まずはエクストレイルのモデルチェンジの歴史を見ていきましょう。

2000年10月に発売がスタートしてから現行モデルまで、全部で3つのモデルにチェンジしています。

2000年10月~モデル

こちらが初代エクストレイル。街中からオフロードまでどんな悪路でも走破できるSUVとして誕生しました。そのいかつい外見からも伺えるようにパワフルな走りを見せてくれることで大きな話題となりました。

2007年8月~モデル

大ヒットした初代エクストレイルから7年を経てモデルチェンジした2代目。初代の良いところをキープしながらグレードの体系が見直されて、クリーンディーゼルエンジンの20GTが追加された。

 

2013年12月~モデル

こちらが現行モデルの3代目エクストレイル。2代目から引き継ぎ進化した4輪駆動システム「ALL MODE 4×4-i」を搭載。さらに2015年にはハイブリッドが追加になっています。

エクストレイルは6~7年周期で、モデルチェンジをしています。そしてその間にもマイナーチェンジは4~5回行っています。

日産のクルマの中でも高い人気のエクストレイルですが、基本的に国産のSUVはモデルチェンジは5年に1回、マイナーチェンジは3年に1回のペースで行われています。

エクストレイルは少しペースがゆっくりではありますが前回が2013年で、それ以降はモデルチェンジをしていないことを考えると、おそらく2019年頃には4代目エクストレイルが登場するのではないかと思われます。

【エクストレイル】中古相場と新古車の情報を教えます。中古車が欲しい人必見!
新型エクストレイルの中古車をお得に購入したいなら、まず相場がいくらくらいなのか?狙い目はいつなのか?を知らなくてはなりません。 最近になってもまだまだ値段が下がることはないと聞きますが、それでもタイミングを掴めば、他の人より安く買うことは可能だと思います。 ここでエクストレイルの中古車を買うための情報をいくつか紹介していきます。
スポンサードリンク

【日産・エクストレイル】次のモデルチェンジを予想してみた

4代目エクストレイルの発売時期とモデルチェンジ時の改良点を予想してみましたが、実はすでにもう発売が決まっているとの情報が!

実は2018年の1月に開催されたデトロイトモーターショーで日産は「X motion(クロスモーション)」を出展しました。どうやら次のモデルチェンジの時にはこの「X motion」のデザインの一部が採用されるようです。

外見は昔の映画に出てきた近未来カーのような感じです。パッと見でドアノブもなくかなりごっつい印象ですね。

今にも歩き出しそうな雰囲気もあります。

もちろんこのまま新型エクストレイルとして発売されることはないとは思いますが、エクステリアのデザインやコンセプトの方向性の参考にはなると思われます。

またモデルチェンジの時期もどうやら2019年ごろに照準を合わせているようです。

予想・1 e-Powerが搭載される?

次のモデルチェンジで新型エクストレイルには日産の最新技術「e-Power」が採用される可能性がとても強いです。

e-POWERとは、車を走らせるのにモーターのみの出力を使用し、エンジンはモーターが使用する電力を発電するためだけに使うというシステムのことです。

引用:www3.nissan.co.jp/

今現在のe-POWERの搭載車には「ノート」や「セレナ」がありますが、その加速力はまるで電気自動車のような性能で、燃費はハイブリッド以上というまさにこれからの日本のクルマのエンジンの先駆けのような優れたエンジンです。

この電気自動車+ハイブリッド車のe-POWERが新型エクストレイルに採用される可能性は極めて高いので注目です。

予想・2 三菱製のPHVが搭載される?

引用:www.mitsubishi-motors.co.jp

もう一つの予想として、新型エクストレイルには三菱製のPHV(プラグインハイブリッド車)のシステムが搭載される可能性もあります。

なぜかというと、日産と三菱自動車の会長でなおかつルノーのCEOであるカルロス・ゴーン氏はPHVに関しては日産よりも三菱自動車の方が優秀だとの判断を下しているそうです。なので今後は日産のクルマに三菱製のPHVが搭載された車が発売される日も近いのではないでしょうか?

その根拠ともいうべきニュースが2016年12月13日の朝日新聞に掲載されていました。

日産自動車が、傘下に収めた三菱自動車の技術を使って、プラグインハイブリッド車(PHV)を初めて売り出すことが分かった。三菱自のシステムを日産のスポーツ用多目的車(SUV)に搭載する。年度内に技術移転に関わる契約を終え、早期の市場投入を目指す。両社の提携効果の具体化第1弾となる。

今後数年をめどに、三菱自がSUV「アウトランダーPHEV」の次期モデルに使うPHVのシステムを、日産のSUVにも搭載する。車種は、日産の主力SUV「エクストレイル」などが想定される。提携する仏ルノーにも順次、PHV技術を拡大する。
【出典:朝日新聞

予想・3 進化したプロパイロットが搭載される?

日産の自動運転技術「プロパイロット」も進化して新しく搭載されるとの予想もあります。

日産は2018年3月にプロパイロットの新機能を1年以内に導入すると発表しています。現在の性能は高速道路などでの1車線での自動運転を行ってくれますが、進化した「プロパイロット2.0」はさらに車線変更まで自動で行ってくれるようです。

この進化した「プロパイロット2.0」もタイミング的にみると4代目エクストレイルに搭載される可能性は非常に高いと思います。

【日産・エクストレイル】値引きのテクニックを教えます。おススメはこの方法!
今回はエクストレイルの新車の値引き目標金額に、どうすれば達成するかの重要なポイントをお教えしましょう。
スポンサードリンク

【日産・エクストレイル】モデルチェンジ情報のまとめ

エクストレイルのモデルチェンジについての情報を集めてみましたがいかがでしたでしょうか?

ちなみにマイナーチェンジ(一部改良)は2019年の1月に予定されているそうです。

しかし同じ年の冬、もしくは2020年に大掛かりなモデルチェンジが控えているので今回は安全装備の充実が盛り込まれて終わりになるような気がします。

すでに従来のモデルは在庫のみの販売になるそうです。これ以上現行のモデルは量産せずに、マイナーチェンジをしてから受注を開始するようですね。

ちなみに4代目エクストレイルのベースとなる可能性がある「X motion」の動画がこちら

このクルマが日本で走っている姿を想像するだけでも、興奮しますね。

ちなみにモデルチェンジされる4代目エクストレイルの販売価格の予想ですが、私は280万円~290万円前後だと思っています。

すでにe-POWERを搭載している「ノート」や「セレナ」がガソリン車との価格の差が約50万円~60万円程度なので、エクストレイルも同じくらいの価格の差になるのでは?と予想しています。

今後の日産の動向に注目していきたいと思います。

【エクストレイル】エコカー減税と自動車税はいくら?調べてみました!
マイナーチェンジをしたエクストレイルのエコカー減税の情報を調べてみました。 エコカー減税とは環境性能の優れたクルマに対して、自動車取得税と重量税を免税または減税してくれる制度のことです。 他にもグリーン化特例では、自動車税、軽自動車税の減税が購入した次の年から受け取ることが可能です。 減税には段階があり、日産・リーフのような電気自動車やマツダ・CX-5のようなクリーンディーゼル車は100%の免税になります。 その他のクルマは「燃費基準達成率」と「排出ガス基準低減レベル」によって減税の率が変わってきます。 気になるエクストレイルの減税率はどうなのかを見てみたいと思います。
【エクストレイル】カスタムにおススメのアイテムは?カッコよくしてみよう!
日産の人気SUV・エクストレイルをカスタムしてみました。 3代目エクストレイルは海外でも受け入れられる曲線をもちいたハイグレードな外観と高級感溢れるインテリアがとても話題を呼んでいる。日本が誇るミドルサイズSUVです。 今回は、そのエクストレイルにおススメのカスタムパーツや、マフラー、エアロなどを紹介したいと思います。
【エクストレイル】スペックと性能はこちら!基本情報を教えます!
エクストレイルの名前の由来をご存知ですか? 若者に人気のX-tream sports(スケボーやスノボー)のXと、オフロードの意味Trailを合わせて【X-trail・エクストレイル】と言うそうです。 まさにその名前の通り、どんな悪路や雪道でも走り抜ける本格派のオフロード性能が備わっているミドルクラスのSUVとしてとても人気があります。 これからエクストレイルを買おうとしている方へ。今回はそのエクストレイルの基本スペックと加速性能についてまとめましたのでご覧ください。

新車を30万円~50万円も安く買う方法をご存知ですか?!

クルマを下取りに出すときに、得をする方法ってご存知でしょうか?

皆さん、結構知っているようで実は知らない人が多いんです。

その方法とは『自分の乗っていたクルマを安く売らない』ということです。

では、皆さんは自分のクルマを売る時っていつですか?

それは新しくクルマを買う時ですよね?

その店のディーラーに下取りの出すケースがほとんどだと思います。

しかし、それは大きな間違いなんです。

なぜかというと、貴方が今乗っているクルマの相場はディーラーには最低金額で下取りされるからなのです。

じつは、ディーラーにもそのクルマの価値が分かっていないんですよね・・・。

例えば、新車を200万円で買おうとしたときに、自分のクルマが80万円で買い取りされたら、残り120万円で済みますよね。

でも大抵が30万~40万円(中には15万円というところも…。)という金額でしか下取りしてもらえないでしょう。

簡単に言うと、その店が貴方のそのクルマを必要としていないからなんです。

だから、車を売るときは、色々なところに査定してもらって、一番欲しがっているお店に売ることがベストなんです。そうすることによって、高く買い取ってもらえるのです。

ここで使うのが『無料一括査定』なんです。

新車を買う時に、値引きの金額に買取り価格を足して、最大で50万円は安く購入できますよ。

この『無料一括査定』は、料金はかからないで無料で自分のクルマの価値を知ることができますし、もし思っていた金額より低ければ断ればいいだけです。

私はこのやり方で350万円の新車を90万円で購入した友人を知っています。

私自身も250万円のクルマを120万円で購入できました。

ぜひこちらのサイトで試してみてくださいね!