【ステップワゴン】後部座席の広さについて!車中泊に必要なアイテムは?

無料一括査定のサイトを使って
下取りで得をしましょう!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になること
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

愛車を賢く・高く売るなら
完全無料の一括査定がおススメです。

ホンダのミニバンと言えばやっぱり「ステップワゴン」ですよね。ファミリーカーとして利用している人も多いと思いますが、実は車中泊用のクルマとしても人気があるんです。

なんと言ってもこの広さですから、シートアレンジなんかしたら4人くらいなら何泊でもできそうですよね?

車中泊をする時に必要なアイテムと、どのようにすれば気持ちよく泊まれるのかなどを、ちょっと調べてみましたのでご覧ください。

スポンサードリンク

【ステップワゴン】後部座席の広さについて

まずは現行のステップワゴンの後部座席から紹介しましょう。2タイプから選べます。

・7人乗り

荷物を載せるとこのようになります。

・8人乗り


7人乗りのキャプテンシートと8人乗りのベンチシートの2種類があります。

特にどちらがおススメというのは無く、それぞれにメリットとデメリットがあるので、利用用途に合わせて選ぶとよいでしょう。

ただスパーダ・ハイブリッドは7人乗りしかありませんので注意が必要です。

7人乗りのキャプテンシートのメリットは、1列目から最後尾の3列目までのウォークスルーが可能というところでしょう。後で書きますがこれによってわくわくゲートが使いやすくなりますね。

8人乗りのベンチシートのメリットは、2列目が3人掛けのシートになっているので、3列目を床下収納しても5人座れるということでしょう。

リクライニング機能

リクライニングは先代では不可能だったフルフラットが可能になっています。

助手席側のシートを3列目を格納して、2列目を前にスライドさせれば自転車もなんなく搭載可能。

さらにシートをすべて倒せば、サーフボードもそのまま載せられます。

3列目シートは床下格納

ステップワゴンの一番の魅力ともいうべきポイントがこれ、ライバル車の3列目は跳ね上げ式収納となっていますが、ステップワゴンは床下に収納が可能なんです。

じつはこれにより荷物の収納スペースに圧倒的に差が出るんです。この床下に収納できるから。という部分で「ステップワゴン」に決めたという友人もいるくらいですから、ホントに大きなポイントなんです。

床下収納のやり方は、まず3列目シートの肩のところにあるストラップを引いてから、

背もたれを倒してシートを格納してマットを倒して平らにする。

とても簡単な作業です。女性でも普通に一人でできると思います。

スポンサードリンク

【ステップワゴン】荷室の広さとわくわくゲート

タテ開けで大開口のラゲッジルームを見てみましょう。床も低いので重いモノの積み込みも楽ちんです。

荷室の広さはミニバンならでは

荷室開口部高さ1270mm
荷室開口部幅(最大)1180mm
荷室開口部地上高(FF車)445mm

この荷室の広さがミニバンの魅力ですよね。

通常時のラゲッジスペースはこちら

奥行きはほとんどなく、ゴルフバッグは縦に積めても運転中不安定な状態が続くでしょう。幅の広い荷物はハッキリ言って載せることはおススメできませんね。だからこその3列目床下収納が大事になってくるのです。

3列目を床下収納するとこうなります。

違いは一目瞭然ですね。

わくわくゲートの魅力とは?

新型ステップワゴンのもう一つの魅力。それはわくわくゲートです。

クルマの後ろにスペースがない場合でも、ドアをヨコに開ければ荷物の積み下ろしも楽々可能。3列目シートから乗り降りする際にもとても便利です。

リアゲートの開け方も・・・

自転車などの大きなものを積む時は縦に開いて

人やペットの出入りは横から開く

そして先述した3列目を床下収納すれば、ベビーカーもそのままいける

様々な使い方ができて、とても便利になりました。

3列目に子供が乗っていたら、目的地に着き次第、すぐにリアゲートを開けて飛び出していく姿が目に浮かぶ様ですね。

スポンサードリンク

【ステップワゴン】車中泊は可能?必要なアイテムは?

ステップワゴンで車中泊をするなら、シートアレンジをしましょう。2列目と3列目を倒したアレンジがベストだと思います。

すべて倒すと185cmの長さができるので、180cmのマットやシートを2枚くらい敷ければ余裕だと思います。

では、車中泊で使えるメーカーオプションまたはディーラーオプションの専用品を紹介していきます。

純正のクッションマットは必要不可欠

車中泊するにはもちろんベットが必要です。純正のクッションマットなら室内高の犠牲が小さく、設営も簡単です。使わないときは普通にクッションマットとして使うと良いでしょう。

価格は30,747円(税込)

純正ブラインドシェードで安眠間違いなし!

外からの視線や紫外線をブロックし、防犯対策にもなるブラインドシェードもあった方が良いでしょう。駐車場の灯りや走行車のライトの灯りも防いでくれるので、安眠するには欠かせないでしょう。また断熱性もあるので、夏は涼しく冬は暖かいです。

価格は10,130円(税込)

純正カーテンは常時付けていてもOK

常に紫外線や車外の視線などを防ぐ、純正カーテンもおススメ。車中泊のたびに取り付ける手間もなく、設置も簡単にできます。

価格は43,858円(税込)

荷物置き場は欲しいでしょ。純正ルーフネット

ゆとりの頭上空間を収納スペースに。2列目、3列目のグラブレールに取り付け、ネットの上に荷物が置けます。

価格は10,249円(税込)

最強の車中泊アイテム。専用取付けベッド!

マットやクッションもいいですが、本格的に車中泊をするのであれば最強のおススメはこの専用取付けベッドです。

ベッドはグラつくことなく安定するので、体の力を全部抜いてリラックスして安眠できることでしょう。前席はそのままで2列目を後ろに倒し、3列目を床下収納するようにシートをアレンジすれば、2000mm×1300mmのスペースを確保できることでしょう。

余裕のセミダブルベッドサイズなので、大人2人と子供1人も可能かと思いますよ。

価格は62,778円(税込)

その他のおススメアイテム

今の時代に絶対に必要不可欠なものといえば、間違いなく電源です。長期間の車中泊やクルマでの旅行をする際には、スマホやパソコンの充電器は欠かすことができません。

ポータブルバッテリーAC出力付モバイルバッテリーがあれば、クルマのエンジンを停止させていても電源を確保することができるのでおススメです。

あとは、車内でお茶を沸かしたり、カップラーメンを食べたりする時などに便利なお湯沸かしグッズもあれば、さらに便利かもしれません。

価格も2,000円程度なのでおススメです。

【ステップワゴン】荷室&車中泊のまとめ

荷室の情報と車中泊についてまとめてみましょう。

まとめ

・ステップワゴンには7人乗りと8人乗りがある。

・荷室は通常時は狭い。が、3列目を収納するとメチャ広い。

・わくわくゲートの搭載により、乗り降りや荷物の積み降ろしが楽々できる。

・シートアレンジすれば車中泊は余裕でできる。

・車中泊用の純正オプションはたくさんある。

・取付用のベッドならセミダブルサイズ。大人2人は楽勝。

ステップワゴンはスパーダ・ハイブリッドの登場により、今も人気が落ちることなく売れ続けています。

ファミリーカーとしての購入を検討されている方は、早めの購入をおススメします。

新車を30万円~50万円も安く買う方法をご存知ですか?!

クルマを下取りに出すときに、得をする方法ってご存知でしょうか?

皆さん、結構知っているようで実は知らない人が多いんです。

その方法とは『自分の乗っていたクルマを安く売らない』ということです。

では、皆さんは自分のクルマを売る時っていつですか?

それは新しくクルマを買う時ですよね?

その店のディーラーに下取りの出すケースがほとんどだと思います。

しかし、それは大きな間違いなんです。

なぜかというと、貴方が今乗っているクルマの相場はディーラーには最低金額で下取りされるからなのです。

じつは、ディーラーにもそのクルマの価値が分かっていないんですよね・・・。

例えば、新車を200万円で買おうとしたときに、自分のクルマが80万円で買い取りされたら、残り120万円で済みますよね。

でも大抵が30万~40万円(中には15万円というところも…。)という金額でしか下取りしてもらえないでしょう。

簡単に言うと、その店が貴方のそのクルマを必要としていないからなんです。

だから、車を売るときは、色々なところに査定してもらって、一番欲しがっているお店に売ることがベストなんです。そうすることによって、高く買い取ってもらえるのです。

ここで使うのが『無料一括査定』なんです。

新車を買う時に、値引きの金額に買取り価格を足して、最大で50万円は安く購入できますよ。

この『無料一括査定』は、料金はかからないで無料で自分のクルマの価値を知ることができますし、もし思っていた金額より低ければ断ればいいだけです。

私はこのやり方で350万円の新車を90万円で購入した友人を知っています。

私自身も250万円のクルマを120万円で購入できました。

ぜひこちらのサイトで試してみてくださいね!