【ホンダ・ステップワゴン】VS【トヨタ・ノア】徹底比較!買うならどっち?対決させてみました。

無料一括査定のサイトを使って
下取りで得をしましょう!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になること
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

愛車を賢く・高く売るなら
完全無料の一括査定がおススメです。

ホンダのステップワゴンと、トヨタ・ノア

ともにMクラスのミニバンとして人気があり、ファミリーカーとしてもどちらがおススメか比較されやすいクルマです。

それぞれに違った魅力があり、買うほうとしてはどちらにしようか迷うところではありますよね?

今回はこの人気の2大ミニバンの価格や燃費、性能などを徹底的に比較してみました。

スポンサードリンク

【ホンダ・ステップワゴン】VS【トヨタ・ノア】価格・大きさ・性能の比較

ともに街乗り重視の高級感があるミニバンです。どんな結果になるのか楽しみですね。

勝負・1 価格で勝負!

ステップワゴン・グレード別価格

グレード新車価格
B・ホンダセンシング(FF)245万円~
B・ホンダセンシング(4WD)271万円~
G・ホンダセンシング(FF)266万円~
G・ホンダセンシング(4WD)289万円~
G・EXホンダセンシング(FF)286万円~
G・EXホンダセンシング(4WD)307万円~
スパーダ・ホンダセンシング(FF)285万円~
スパーダ・ホンダセンシング(4WD)308万円~
スパーダ・クールスピリット(FF)305万円~
スパーダ・クールスピリット(4WD)324万円~

スパーダ・ハイブリッド・グレード別価格

グレード新車価格
スパーダ・ハイブリッドB・ホンダセンシング(FF)330万円~
スパーダ・ハイブリッドG・ホンダセンシング(FF)335万円~
スパーダ・ハイブリッドG・EXホンダセンシング(FF)355万円~

 

ノア・グレード別価格

引用:https://toyota.jp/

グレード新車価格
X 8人乗り(FF)246万円~
X 8人乗り(4WD)267万円~
X 7人乗り(FF)249万円~
X 7人乗り(4WD)270万円~
G 8人乗り(FF)275万円~
G 8人乗り(4WD)296万円~
G 7人乗り(FF)278万円~
G 7人乗り(4WD)299万円~
SI 8人乗り(FF)274万円~
SI 8人乗り(4WD)293万円~
SI 7人乗り(FF)277万円~
SI 7人乗り(4WD)293万円~
ハイブリッドX301万円~
ハイブリッドG314万円~
 ハイブリッドSI327万円~

ステップワゴンは「G・ホンダセンシングのFF」ノアは「通常モデル X 8人乗り(FF)」が一番の売れ筋のようです。

勝負・2 大きさで勝負!

ステップワゴン

全長4690mm
全幅1695mm
全高1840mm
室内長3220mm
室内幅1500mm
室内高1425mm
最低地上高155mm
車両重量1660kg
最小回転半径5.4

この表は「ステップワゴン」のサイズです。「スパーダ・ハイブリッド」はこのサイズよりも全長が70mm長く、車高が20mm低いです。

ノア

引用:https://toyota.jp/

全長4695mm
全幅1695mm
全高1825mm
室内長2930mm
室内幅1540mm
室内高1400mm
最低地上高160mm
車両重量1570kg
最小回転半径5.5

こちらもほぼ同じサイズ感と言ってよいでしょう。同じトヨタのヴォクシーとまったく同じ大きさですね。ただ室内の長さではステップワゴンの方が300mm長いです。

ステップワゴンは最大乗車人数8人で、女性でも運転がしやすく、ファミリーカーとしては最高の性能と無駄のない大きさで2015年には販売計画の3倍以上の台数が販売されております。

ノアは全てのサイズが兄弟車であるヴォクシーやエスクァイアと同じです。ただ他の2車と比較すると少しだけ運転がしやすい印象を受けました。

勝負・3 インテリアで勝負!

ステップワゴン

ノア

引用:https://toyota.jp/

ステップワゴンのシートは自在にアレンジが可能。特に3列目のアレンジの仕方によって荷室の使い勝手や居住性も大きく変わってくるほどです。もちろんフラットにもできます。

純粋に3列目の乗り心地という点では、見通しも良く運転中も静かなところを考慮するとステップワゴンに軍配があがります。

ノアは万人に受け入れられるブラックとブラウンがあり、とてもシックな内装です。

2列目シートの810mmものスライド量による広々とした空間で、一切の狭さや窮屈さを感じることはないでしょう。基本に忠実といったインテリアになっています。

勝負・4 荷室で勝負!

ステップワゴン

ノア

引用:https://toyota.jp/

ステップワゴンの荷室は「わくわくゲート」という機能が採用。バックドアが縦にも横にも開き、荷物の収納だけでなく、そのまま3列目のシートに乗り込むことも可能になっています。

ノアの荷室は残念ながら、ステップワゴンと違って狭い場所でリアゲートを開閉できる機能はありません。ですがミニバンとしては十分な大きさで3列目のシートも使えば、積載量は十分でしょう。

スポンサードリンク

【ホンダ・ステップワゴン】VS【トヨタ・ノア】エンジン・燃費・ボディーカラーで比較

ここからは試乗も兼ねた、エンジンと走りについて勝負させてみました。

性能と燃費、あとどちらが売れているのかも見てみましょう。

勝負・5 エンジンで勝負!

ステップワゴンのエンジン

エンジン:直列4気筒DOHCターボ
総排気量:1496cc
最高出力:110kW(150PS)/5,500rpm
最大トルク:203N・m(20.7kg・m)/1,600-5,000rpm

ハイブリッド

エンジン:直列4気筒DOHC+モーター
総排気量:1993cc
最高出力:107kW(145PS)/6.200rpm
最大トルク:175N・m(17.8kg・m)/4.000rpm

ノアのエンジン

エンジン:直列4気筒DOHC
総排気量:1986cc
最高出力:112kW(152PS)/6.100rpm
最大トルク:193N・m(19.7kg・m)/3.800rpm

ハイブリッド

エンジン:直列4気筒DOHC+モーター
総排気量:1797cc
最高出力:73kW(99PS)/5.200rpm
最大トルク:142N・m(14.5kg・m)/4.000rpm

ガソリン車の排気量に関しては、ノアが2.0Lエンジン。ステップワゴンが1.5Lエンジンターボです。ハイブリッドモデルはノアが1.8L。ステップワゴンが2.0Lですね。加速の性能で言えばステップワゴンは1500ccとはいえダウンサイジングターボエンジンなので、2000cc並みの加速力を見せてくれます。

勝負・6 燃費で勝負!

燃費でみてみると

ステップワゴン

JC08モード燃料消費率
16.2km/L~

スパーダ・ハイブリッド

JC08モード燃料消費率
25.0km/L

ノア

JC08モード燃料消費率
16.0km/L~

ノアハイブリッド

JC08モード燃料消費率
23.8km/L~

となっています。

ガソリン車・ハイブリッドともにステップワゴンの方が優秀な数値を出しています。それまでは低燃費といえばトヨタ車という印象だったのですが、スパーダがハイブリッドを搭載したことで低燃費といえばホンダ車というイメージになりつつあります。

勝負・7 ボディーカラーの多さで勝負!

ステップワゴン+スパーダのボディーカラーは全11色から選択可能

  • プラチナホワイトパール
  • スーパープラチナメタリック
  • モダンスティールメタリック
  • オブシダンブルーパール
  • プレミアムディープロッソ・パール
  • ミルクグラスパール
  • クリスタルブラック・パール
  • プレミアムスパイスパープル・パール
  • プレミアムスパークルブラック・パール
  • ブルーホライゾンメタリック
  • フォレストグリーン・パール

一番人気のカラーは「プラチナホワイトパール」のようです。

ちなみにステップワゴンのボディカラーは「スパーダ」では選べないカラーもありますので注意が必要です。

ノアのボディーカラーは全8色から選択可能。

  • ホワイトパールクリスタルシャイン
  • ブラック
  • アイスチタニウムマイカメタリック
  • ダークバイオレットマイカメタリック
  • ボルドーマイカメタリック
  • シルバーメタリック
  • オーシャンミントメタリック
  • ダークシェリーマイカメタリック

一番人気のカラーは「ホワイトパールクリスタルシャイン」のようです。

この一番人気の「ホワイトパールクリスタルシャイン」のみ有料カラーとなっていて(32.400円)それ以外は有料ではないようですね。

選べるボディカラーの数では、ステップワゴンの勝利ですね。

勝負・8 販売台数で勝負

2018年10月現在の平均月販売台数は

ステップワゴン&スパーダ

8,769台

ノア

5,753台

ここは、ステップワゴンの勝利です。

やっぱりステップワゴンとスパーダは人気がありますね。

ちなみにノアと兄弟車のエスクァイアは3,941台ヴォクシーは8,470台でした。

【ステップワゴン】対【トヨタ・ノア】徹底比較・まとめ

同じMサイズのミニバンで比較すると、このステップワゴンとノアの他にも、エスクァイアやヴォクシーがあります。それぞれに違った個性がありその特徴を見てから選ぶのも悪くないと思います。

ステップワゴンは燃費性能も優れ、「わくわくゲート」の使い勝手の良さが選択基準としてとても目立ちます。

テールゲート側から乗り降りできるのは実用性としては、他のミニバンと比較しても群を抜いていることは確かです。

最後に安全性ですが、ステップワゴンは予防安全性能評価ASV+と最高ランクを受賞しています。

先進安全技術「ホンダセンシング」を搭載することにより安全性も極めて高く、安心で快適な運転を支援してくれるでしょう。

ノアはステップワゴン比べると設定時期が古いため、緊急ブレーキの性能などで劣っていますが、全車にトヨタセーフティーセンスが装備されたり新開発のLEDヘッドライトなど、様々な改良が加わっています。

しかし安全性能という点ではセレナやステップワゴンには届かない印象をうけました。

同じ5ナンバーサイズのミニバンということで、何かとライバル視されてきたこの2台ですが、細かな部分の違いから両車の在り方が見えてきます。

優れた快適性と実用性を両立させた「ノア」か。安全性能と燃費に優れている「ステップワゴン」か。どちらも優れたミニバンです。後は好みにお任せするとします。

新車を30万円~50万円も安く買う方法をご存知ですか?!

クルマを下取りに出すときに、得をする方法ってご存知でしょうか?

皆さん、結構知っているようで実は知らない人が多いんです。

その方法とは『自分の乗っていたクルマを安く売らない』ということです。

では、皆さんは自分のクルマを売る時っていつですか?

それは新しくクルマを買う時ですよね?

その店のディーラーに下取りの出すケースがほとんどだと思います。

しかし、それは大きな間違いなんです。

なぜかというと、貴方が今乗っているクルマの相場はディーラーには最低金額で下取りされるからなのです。

じつは、ディーラーにもそのクルマの価値が分かっていないんですよね・・・。

例えば、新車を200万円で買おうとしたときに、自分のクルマが80万円で買い取りされたら、残り120万円で済みますよね。

でも大抵が30万~40万円(中には15万円というところも…。)という金額でしか下取りしてもらえないでしょう。

簡単に言うと、その店が貴方のそのクルマを必要としていないからなんです。

だから、車を売るときは、色々なところに査定してもらって、一番欲しがっているお店に売ることがベストなんです。そうすることによって、高く買い取ってもらえるのです。

ここで使うのが『無料一括査定』なんです。

新車を買う時に、値引きの金額に買取り価格を足して、最大で50万円は安く購入できますよ。

この『無料一括査定』は、料金はかからないで無料で自分のクルマの価値を知ることができますし、もし思っていた金額より低ければ断ればいいだけです。

私はこのやり方で350万円の新車を90万円で購入した友人を知っています。

私自身も250万円のクルマを120万円で購入できました。

ぜひこちらのサイトで試してみてくださいね!