【ホンダ・ステップワゴン】新型?旧型?年式?全部まとめて徹底解析!全部教えます。

無料一括査定のサイトを使って
下取りで得をしましょう!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になること
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

愛車を賢く・高く売るなら
完全無料の一括査定がおススメです。

ステップワゴンはホンダのミニバンの人気車種です。5ナンバーサイズながら背の高いボディによって車内も広く、それでいてわくわくゲート搭載によって荷室の使い勝手も向上しています。

1996年に初代のモデルが登場してからも、順調にフルモデルチェンジを行い2015年に登場したのが5代目ステップワゴンです。

ディーラーに聞いてみるとほとんどのお客さんが「従来のステップワゴンからの代替え」を希望してやまないそうです。

そんな従来のステップワゴンと新型のスパーダを比較してみると、なかなか面白い違いが分かってきました。

外観だけではなく様々な部分で「グレードアップ」している部分を順にご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

【ホンダ・ステップワゴン】外装と内装を比較

(mm)旧型新型
全長46904760
全幅16951695
全高18401840
室内長32203220
室内幅15001500
室内高14251405

スパーダはエアロパーツの装着しているので、全長が70mm長い。逆に車高はスパーダが20mmほど低くなっている。ホイールベースは2890mmでスパーダでは35mm伸びています。

エクステリアで1番のポイントは、なんと言ってもフロント部分ですね。標準のステップワゴンは半透明のアクリル調に対し、スパーダはクロームメッキではあるが、鏡のような反射するひかりかたではなく、落ち着いた光沢ある輝きに留まっています。

今までの丸みのある外観とは違って、無駄をそぎ落とした高級感あるエクステリアと言って良いでしょう。

インテリアのデザインと室内空間

ステップワゴン

スパーダ

インパネ部分は共に水平基調で似た形状です。違っている箇所と言えば、メーターの位置くらいかと思います。

座り心地に関して言うと、最前列(運転席&助手席)は旧型・新型ともに同じなので変わらない。相変わらず硬い感がなくならない。

2列目はステップワゴンはベンチシートを折りたたむことができなかったが、スパーダはセパレートタイプになりベンチシートはオプションになっています。


引用:https://autoc-one.jp

スパーダはシートが少しだけ盛り上がった感じになり、座り心地は良くなったが、ベンチを折りたたんで前に寄せることが出来なくなってしまったので、使い勝手は悪くなったと言えるかもしれませんね。

3列目は、逆にスパーダがとても進化しています。足元もステップワゴンより広くなり、背もたれも柔らかく改善されています。

3列目が床下収納できるのは旧型・新型ともに同じだが、スパーダのほうが少し奥行きが短い。しかし全く気にならないと思います。


引用:https://autoc-one.jp

スポンサードリンク

【ホンダ・ステップワゴン】動力性能と安全性能を比較

ステップワゴンスパーダ
排気量(cc)14961496
最高出力(ネット)110KW(150PS)/5500r.p.m110KW(150PS)/5500r.p.m
最大トルク(ネット)203N・m(19.7kgf・m)/5000r.p.m203N・m(20.7kgf・m)/1600~5000r.p.m
最低地上高(mm)155155
車両重量(kg)16601660
最小回転半径(m)5.45.4

ステップワゴン旧型のエンジンは、直列4気筒2リッターのノーマルタイプ。最高出力は150馬力(6200回転)、最大トルクは19.7kg-m(4200回転)です。

一方、新型のスパーダは直列4気筒の1.5リッターに、ターボを組み合わせる。性能は150馬力(5500回転)/20.7kg-m(1600~5000回転)となっています。

最高出力の数値は同じですが、最大トルクが若干違っていて1600~5000回転という幅広い間隔で発揮されます。

旧型のエンジン

引用:https://autoc-one.jp

新型のエンジン

引用:https://autoc-one.jp

安全性能と快適な装備

安全面では特筆すべきはやはりホンダセンシング。事故防止のための性能としては他のメーカーと比較してもトップクラスで、もしもの時には自動的に緊急ブレーキを作動できる衝突回避の支援機能です。

またミリ波レーダーと単眼カメラを併用するので、高速域まで作動して車両以外にも歩行者も見分けてくれます。車間距離を自動制御できるクルーズコントロールも採用しています。

快適な装備としては、わくわくゲートが挙げられます。従来の縦開きのリアゲートに横開きの機能も追加。どのような状態でも開けることが可能になっています。

後方にまったくスペースがない場所に駐車しても、このわくわくゲートなら車内からでも開閉が可能で、3列目の左側を畳めばサブドアを使った乗り降りも可能になります。

グレードと価格

1.5L直4DOHCターボB・ホンダセンシングFF17.0km/L2,455,920円
B・ホンダセンシング4WD15.4km/L2,715,120円
G・ホンダセンシングFF16.2km/L2,661,120円
G・ホンダセンシング4WD15.4km/L2,898,720円
G・EX・ホンダセンシングFF16.2km/L2,862,000円
G・EX・ホンダセンシング4WD15.4km/L3,078,000円
スパーダFF16.0km/L2,852,280円
スパーダ4WD15.0km/L3,089,880円
スパーダ・クールスピリットFF15.4km/L3,051,000円
スパーダ・クールスピリット4WD15.0km/L3,245,400円

ステップワゴンのライバル車として「トヨタ・ヴォクシーやノア」「日産・セレナ」が挙げられます。激しい販売競争を展開していくのでモデルチェンジのたびに割安な感を出しています。

ステップワゴンがマイナーチェンジすれば、ノアやヴォクシーやセレナもマイナーチェンジを行い、その都度お互いを意識し合った価格に調整してきます。

今後もこの4車種のマイナーチェンジや価格の動向には目が離せませんね。

スポンサードリンク

【ホンダ・ステップワゴン】年式モデル別に見てみよう

1996年5月に発売がスタートしてから現行モデルまで、全部で5つのモデルにチェンジしています。

年代別に見てみましょう。

1996年5月~モデル

ホンダの5ナンバーサイズのミニバン。FFレイアウトで箱型の広い室内と、購入しやすい手頃な価格で人気車種となった。

2001年4月~モデル

フルモデルチェンジを行い、ボディサイズを5ナンバーぎりぎりまで拡大させた2代目ステップワゴン。スペース効率と燃費性能がUPした。

2005年5月~モデル

リアに両側スライドドアを採用した3代目ステップワゴン。専用エアロパーツやバンパー、16インチホイールなどを装備するスパーダを追加設定。

2009年10月~モデル

「みんなの楽」=皆楽をキーワードに開発された4代目ステップワゴン。安定性と運転のしやすさから高い人気を得ている。

2015年4月~モデル

それまでの2Lエンジンから、1.5L直4のダウンサイジングターボエンジンを搭載。テールゲートが横にも開くわくわくゲートも設定されています。

全部で5回もフルモデルチェンジしています。

一部改良やマイナーチェンジも含めたら、20回近く改良されていることになります。

【ホンダ・ステップワゴン】新型と旧型の徹底比較のまとめ

新型ステップワゴンのボディサイズは旧型とほぼ同じだが、外観に丸みを付けたことにより印象と雰囲気が大きく変わったと思います。

乗り心地については、3列目のシートがより注目点で、座面の奥行は短くなったが、足元空間が広がってより快適に過ごせるようになっています。

そして安全装備と快適装備では、わくわくゲートが実用性と使い勝手を高め、ホンダセンシングの採用で安全性も大きく進化している。ボディ剛性の向上、1.5リッターのターボエンジンを搭載したことにより、走行性能、乗り心地、燃費などがバランス良く高まりました。

新型ステップワゴンは、機能を幅広く向上させて、旧型以上に買い得なミニバンとなっています。今が買い時ではないでしょうか?

新車を30万円~50万円も安く買う方法をご存知ですか?!

クルマを下取りに出すときに、得をする方法ってご存知でしょうか?

皆さん、結構知っているようで実は知らない人が多いんです。

その方法とは『自分の乗っていたクルマを安く売らない』ということです。

では、皆さんは自分のクルマを売る時っていつですか?

それは新しくクルマを買う時ですよね?

その店のディーラーに下取りの出すケースがほとんどだと思います。

しかし、それは大きな間違いなんです。

なぜかというと、貴方が今乗っているクルマの相場はディーラーには最低金額で下取りされるからなのです。

じつは、ディーラーにもそのクルマの価値が分かっていないんですよね・・・。

例えば、新車を200万円で買おうとしたときに、自分のクルマが80万円で買い取りされたら、残り120万円で済みますよね。

でも大抵が30万~40万円(中には15万円というところも…。)という金額でしか下取りしてもらえないでしょう。

簡単に言うと、その店が貴方のそのクルマを必要としていないからなんです。

だから、車を売るときは、色々なところに査定してもらって、一番欲しがっているお店に売ることがベストなんです。そうすることによって、高く買い取ってもらえるのです。

ここで使うのが『無料一括査定』なんです。

新車を買う時に、値引きの金額に買取り価格を足して、最大で50万円は安く購入できますよ。

この『無料一括査定』は、料金はかからないで無料で自分のクルマの価値を知ることができますし、もし思っていた金額より低ければ断ればいいだけです。

私はこのやり方で350万円の新車を90万円で購入した友人を知っています。

私自身も250万円のクルマを120万円で購入できました。

ぜひこちらのサイトで試してみてくださいね!