【ステップワゴン】不具合とリコール情報について調べてみました!

無料一括査定のサイトを使って
下取りで得をしましょう!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になること
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

愛車を賢く・高く売るなら
完全無料の一括査定がおススメです。

今回はステップワゴンの不具合とリコール情報についてまとめてみましたのでご紹介します。

というのも、ステップワゴンは実は不具合が結構多いんです。

マイナーチェンジを幾度となく繰り返していますが、故障や不具合の件数は後を絶ちません。

一体どのような不具合が多いのか?見てみましょう。

スポンサードリンク

【ステップワゴン】不具合は多い?少ない?

ステップワゴンは1996年に登場したミニバンで、現行のモデルは5代目となります。

ミニバンながら5ナンバーサイズで、大きすぎないボディと広々とした室内空間が人気で、売り上げ台数も常に上位に入っています。

このランキングは2017年の日本自動車耐久品質調査から引用したものです。

ランキングメーカースコア
1トヨタ・レクサス59~63
2ホンダ74
3メルセデスベンツ75
4スズキ79
5三菱80
5日産80
6ダイハツ82
6スバル82
7マツダ93

この調べでは、ホンダはランキング2位に位置しています。

業界平均が74なので、不具合や故障の率は平均と言っても良いでしょう。故障に対する信頼性は国内ではトヨタに次いで2番目ということになります。

ホンダ車の信頼性の高さ

ホンダ車の信頼性は現在ではとても高いですが、それは今まで何度も改良はモデルチェンジを行い、それを繰り返して改善していった結果なのです。

ステップワゴン以外にも、コンパクトSUVとして高い人気をほこるヴェゼルや、2017年度軽自動車売り上げナンバー1のN-BOXなども世界的にも高い評価をうけています。

ホンダの技術者の開発と研究により、日本での故障が少なくなったホンダ車は世界の様々な環境にも適応できるクルマとなっていて、世界的にも高い評価を得るに至ったのです。

そしてホンダ車の特徴として、革新的な技術を積極的に取り入れていく反面、モデルタイプが一つで終わってしまうことが多かったのですが、ステップワゴンに関しては、すでに5代目であり品質改良を続けていて人気も落ちることがありません。

まさにホンダの技術と信頼性が詰まったクルマと言えるかもしれません。

実際の不具合をまとめてみました

信頼性が高いステップワゴンですが、まったく不具合や故障がないわけではありません。実際の事例を挙げてみましょう。

ドアの故障

こちらはどのメーカーのクルマにも多い事例です。最近のミニバンはスライドドアが電動化されているのもが多く、両側スライドドアにもなりました。しかし便利になったぶんだけ故障も多いようです。

ただのスライドドアであれば故障する可能性は極めて低いのですが、電動化されたことで機構が非常に複雑になり、かつ電子部品や樹脂部品が多用されることで経年劣化での故障が起こるようになっています。

その寿命はおよそ10年、もしくは走行距離100,000km以内であり、車の寿命とされている数字と一緒です。

一度故障すると、修理には開閉部分の部品を総とっかえなので、10万円~20万円くらいかかります。

ですがスライドドアは子供も触りますし、乗り降りには欠かせない箇所ですので、早めに修理することをオススメします。

ラジエーターの水漏れ

新型のステップワゴンではあまり事例はありませんが、旧型のステップワゴンによく見られていたのが、このラジエーターからの水漏れです。

ラジエーターはエンジンからの冷却水を冷却するための熱交換器です。常に冷却水が循環しています。

一度冷却水漏れがおこると、自然に直ることはまずありません。そればかりかどんどん悪化していきますので、必ず直すようにしましょう。

修理にはラジエーターそのものを全部交換するので、5万円~6万円は見たほうが良いかもしれません。

この水漏れは中古のステップワゴンに多くみられます。中古車を買う時は注意して確認するようにしましょう。

エンジンオイルの消費量が多い

こちらは4代目のステップワゴンに多かった事例です。

エンジンオイルの減りが異常に早く、エンジンルームから「カラカラ」と音が聞こえてきたり、エンジンオイルの警告灯が点滅したりします。

原因としては、ピストンリングと呼ばれる部品にエンジンオイルが溜まって、エンジンの熱により蒸発していくからです。

エンジンオイルは多すぎても少なくてもダメで、丁度良い量が必要なのですが、それを調整してくれるのがピストンリングです。

なのでこのピストンリングがおかしくなると、エンジンオイルの消耗が激しくなるということになります。

こちらは修理には20万円~50万円かかる場合もありますが、2013年にメーカーが保証延長をしているので、条件が合えば無料で直してくれるでしょう。

一度必ずメーカーに持って行くことをおすすめします。

スポンサードリンク

【ステップワゴン】リコール情報はこちら

リコール・1 テールゲートオープンステー取付用ボールスタッド

こちらのリコール内容は、バックドアを支えているダンパーに問題がありとして国土交通省に届けられたものです。

対策としては、ボールスタッドの締め付けトルクを点検して、もし緩んでいたら新品と交換して新たにトルクで締め付けます。

一部のクルマに関しては、新品のボールスタッドに緩み防止剤を塗布して、新たに設定したトルクで締め付けます。

そして助手席側ドア下側と上側ボルト頭部にペイントを塗布して終了です。

リコール・2 テールゲートオープンステーボールジョイント

テールゲートの下側ボールジョイントと車体側のボールスタッドの取り付けが不十分、または上側ボールジョイントと車体側のボールスタッドの取り付けが不十分な場合、ボールスタッドを固定しているクリップが浮くものがあります。

そのまま使用し続けるとドアがいきなり外れて落下してくる可能性があります。

改善策としては、テールゲートオープンステーのボールジョイントに外れ防止カバーを追加することです。

リコール・1&2の対象車

車 名型 式通称名対象車の車台番号の範囲及び製作期間対象車の台数備 考
ホンダDBA-RK1ステップワゴンRK1-1000054~RK1-103299032,937①32,937
平成21年9月21日~平成22年10月8日
RK1-1100001~RK1-111218812,188①12,188
平成22年10月12日~平成23年8月1日
RK1-1200001~RK1-121340613,406①13,406
平成23年7月19日~平成24年3月27日
RK1-1300016~RK1-132347923,464①23,464
平成24年3月29日~平成25年12月2日
RK1-1400001~RK1-141046310,463①10,463
平成25年12月2日~平成27年2月21日
RK1-5000001~RK1-500009090①90
平成21年10月14日~平成22年9月25日
RK1-5100001~RK1-510004646①46
平成22年10月13日~平成23年7月31日
RK1-5200001~RK1-520005252①52
平成23年8月10日~平成24年3月27日
RK1-5300001~RK1-5300142142①142
平成24年4月10日~平成25年11月27日
RK1-5400001~RK1-540008181①81
平成25年12月11日~平成27年2月6日
DBA-RK2RK2-1000024~RK2-10050325,009①5,009
平成21年9月21日~平成22年10月8日
RK2-1100001~RK2-11019111,911①1,911
平成22年10月12日~平成22年7月31日
RK2-1200001~RK2-12017881,788①1,788
平成23年8月1日~平成24年3月27日
RK2-1300008~RK2-13037583,751①3,751
平成24年6月1日~平成25年11月28日
RK2-1400001~RK2-14021082,108①2,108
平成25年12月2日~平成27年2月21日
RK2-5000002~RK2-500003938①38
平成21年11月17日~平成22年10月6日
RK2-5100001~RK2-510001919①19
平成22年10月28日~平成23年6月23日
RK2-5200001~RK2-520001717①17
平成23年9月4日~平成24年3月27日
RK2-5300001~RK2-530005050①50
平成24年6月14日~平成25年11月18日
RK2-5400001~RK2-540003535①35
平成25年12月18日~平成27年1月15日
RK2-8000001~RK2-800005656①56
平成25年2月12日
DBA-RK3RK3-1000004~RK3-1000115112①112
平成21年10月14日~平成22年10月6日
RK3-1100001~RK3-110004545①45
平成22年10月13日~平成23年7月31日
RK3-1200001~RK3-120004848①48
平成23年8月3日~平成24年3月20日
RK3-1300002~RK3-1300159158①158
平成24年4月18日~平成25年11月21日
RK3-1400001~RK3-140006767①67
平成25年12月5日~平成27年2月10日
DBA-RK4RK4-1000004~RK4-100004441①41
平成21年10月14日~平成22年10月7日
RK4-1100001~RK4-110002727①27
平成22年10月21日~平成23年7月27日
RK4-1200001~RK4-120002626①26
平成23年8月27日~平成24年3月27日
RK4-1300001~RK4-130004040①40
平成24年6月13日~平成25年11月29日
RK4-1400001~RK4-140002828①28
平成26年3月3日~平成27年2月17日
DBA-RK5ステップワゴン スパーダRK5-1000030~RK5-104761747,588①47,588
平成21年10月14日~平成22年10月12日
RK5-1100001~RK5-111981619,816①19,816
平成22年10月12日~平成23年7月31日
RK5-1200001~RK5-122238622,385①22,385
平成23年7月19日~平成24年3月27日
RK5-1300021~RK5-136862168,601①68,601
平成24年3月29日~平成25年11月29日
RK5-1400001~RK5-143315033,150①33,150
平成25年12月2日~平成27年2月21日
RK5-5000002~RK5-500010099①99
平成21年10月29日~平成22年10月7日
RK5-5100001~RK5-510003737①37
平成22年10月20日~平成23年7月18日
RK5-5200001~RK5-520003333①33
平成23年8月9日~平成24年3月27日
RK5-5300001~RK5-530008383①83
平成24年4月10日~平成25年11月14日
RK5-5400001~RK5-540005050①50
平成25年12月5日~平成27年1月23日
DBA-RK6RK6-1000012~RK6-10059535,942①5,942
平成21年10月14日~平成22年10月8日
RK6-1100001~RK6-11025272,527①2,527
平成22年10月12日~平成23年7月31日
RK6-1200001~RK6-12023942,394①2,394
平成23年8月1日~平成24年3月24日
RK6-1300008~RK6-13094739,466①9,466
平成24年6月1日~平成25年11月29日
RK6-1400001~RK6-14044644,464①4,464
平成25年12月2日~平成27年2月21日
DBA-RK7RK7-1000001~RK7-1000106106①106
平成21年10月21日~平成22年9月29日
RK7-1100001~RK7-110006464①64
平成22年10月13日~平成23年7月30日
RK7-1200001~RK7-120006060①60
平成23年8月3日~平成24年3月27日
RK7-1300001~RK7-1300118118①118
平成24年4月18日~平成25年11月14日
RK7-1400001~RK7-140005352①52
平成26年1月22日~平成27年1月26日
DBA-RP1ステップワゴンRP1-1000036~RP1-101745517,419①17,419
平成27年4月2日~平成28年5月7日②17,419
RP1-1100001~RP1-111119911,199①11,199
平成28年5月7日~平成29年8月10日②11,199
RP1-1200001~RP1-12030923,092①3,092
平成29年9月11日~平成30年9月20日②2,854
RP1-5000003~RP1-5000280278①278
平成27年4月10日~平成28年4月20日②278
RP1-5100001~RP1-5100203203①203
平成28年5月18日~平成29年8月8日②203
RP1-5200001~RP1-5200114114①114
平成29年9月20日~平成30年9月20日②101
DBA-RP2RP2-1000024~RP2-10036133,590①3,590
平成27年4月10日~平成28年5月6日②3,590
RP2-1100001~RP2-11026312,631①2,631
平成28年5月9日~平成29年8月10日②2,631
RP2-1200001~RP2-12011761,175①1,175
平成29年9月12日~平成30年9月20日②1,074
RP2-5000004~RP2-500007875①75
平成27年5月8日~平成28年4月18日②75
RP2-5100001~RP2-510008282①82
平成28年5月18日~平成29年8月3日②82
RP2-5200001~RP2-520006767①67
平成29年9月23日~平成30年9月20日②62
DBA-RP3RP3-1000039~RP3-104532945,291①45,291
平成27年4月1日~平成28年5月7日②45,291
RP3-1100001~RP3-113297532,975①32,975
平成28年5月7日~平成29年8月8日②32,975
RP3-1200014~RP3-122484924,835①24,835
平成29年9月5日~平成30年9月20日②22,833
RP3-5000006~RP3-5000157152①152
平成27年4月10日~平成28年4月21日②152
RP3-5100001~RP3-5100131131①131
平成28年5月23日~平成29年8月9日②131
RP3-5200002~RP3-5200121120①120
平成29年9月20日~平成30年9月19日②105
RP3-6100001~RP3-61022962,296①2,296
平成28年5月20日~平成29年8月8日②2,296
RP3-6200002~RP3-6200109108①108
平成29年9月20日~平成30年9月19日②100
DBA-RP4RP4-1000018~RP4-10075637,546①7,546
平成27年4月1日~平成28年4月22日②7,546
RP4-1100001~RP4-11056125,612①5,612
平成28年5月9日~平成29年8月9日②5,612
RP4-1200004~RP4-12057135,709①5,709
平成29年9月5日~平成30年9月20日②5,371
6AA-RP5RP5-1050001~RP5-107632226,318①26,318
平成29年9月5日~平成30年9月20日②24,128
RP5-60000011①1
平成30年8月31日

2018年11月15日時点での、リコール対象車です。

スポンサードリンク

【ステップワゴン】不具合&リコール情報のまとめ

不具合とリコール情報を調べていくと、スパーダも対象としては多く、とくに4代目ステップワゴンが多かったですね。

ただし前述したように、ホンダ車は他のメーカーと比べても比較的不具合やリコールは少ないと思われます。

ステップワゴンは性能もよく、安全性能にも優れミニバンとしてはかなり便利な1台です。

信頼性も高く故障も少ないので、ファミリーカーとしては申し分ない最高のクルマだと思います。

新車を30万円~50万円も安く買う方法をご存知ですか?!

クルマを下取りに出すときに、得をする方法ってご存知でしょうか?

皆さん、結構知っているようで実は知らない人が多いんです。

その方法とは『自分の乗っていたクルマを安く売らない』ということです。

では、皆さんは自分のクルマを売る時っていつですか?

それは新しくクルマを買う時ですよね?

その店のディーラーに下取りの出すケースがほとんどだと思います。

しかし、それは大きな間違いなんです。

なぜかというと、貴方が今乗っているクルマの相場はディーラーには最低金額で下取りされるからなのです。

じつは、ディーラーにもそのクルマの価値が分かっていないんですよね・・・。

例えば、新車を200万円で買おうとしたときに、自分のクルマが80万円で買い取りされたら、残り120万円で済みますよね。

でも大抵が30万~40万円(中には15万円というところも…。)という金額でしか下取りしてもらえないでしょう。

簡単に言うと、その店が貴方のそのクルマを必要としていないからなんです。

だから、車を売るときは、色々なところに査定してもらって、一番欲しがっているお店に売ることがベストなんです。そうすることによって、高く買い取ってもらえるのです。

ここで使うのが『無料一括査定』なんです。

新車を買う時に、値引きの金額に買取り価格を足して、最大で50万円は安く購入できますよ。

この『無料一括査定』は、料金はかからないで無料で自分のクルマの価値を知ることができますし、もし思っていた金額より低ければ断ればいいだけです。

私はこのやり方で350万円の新車を90万円で購入した友人を知っています。

私自身も250万円のクルマを120万円で購入できました。

ぜひこちらのサイトで試してみてくださいね!