【アルファード】運転はしやすい?安全性能と乗り心地も調べてみました!

無料一括査定のサイトを使って
下取りで得をしましょう!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になること
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

愛車を賢く・高く売るなら
完全無料の一括査定がおススメです。

トヨタ・アルファードは、高い安全性能と最高級の乗り心地で、ユーザーに人気の車です。

また、大きい車体ではありますが、非常に運転しやすいクルマとも言われています。

今回は、トヨタ・アルファードの運転しやすいポイントと安全性能について調べてみましたのでご覧ください。

スポンサードリンク

「アルファード」運転のしやすさと乗り心地はどうか?

引用:https://toyota.jp/alphard/

まずはトヨタ・アルファードの運転しやすいポイントと乗り心地についてご紹介します。

「アルファード」運転しやすいポイントは?

引用:https://toyota.jp/alphard/

大きいクルマは快適性が高い一方で、運転しにくいとも言われています。

後に詳しくサイズをご紹介しますが、トヨタ・アルファードは非常に大きな車体で知られています。しかし、その大きさの割には運転しやすいクルマとしてもユーザーからは好評です。その秘密はトヨタ・アルファードの車体設計にありました。

トヨタ・アルファードの外装は、スクエアな形をしているのが特徴です。非常にスタイリッシュで存在感のあるデザインですが、このデザインが運転のしやすさと大きく関係してきます。
形状が四角のクルマは車両感覚が掴みやすいメリットがあるので、狭い道や駐車場での取り回しも意外と楽なのです。

そして、アルファードは視認性も非常に高いクルマです。フロントガラスが大きく見晴らしがよいので、周囲の状況もしっかり見渡せる設計になっています。

また、大きいクルマで死角になりがちな左側にも補助ミラーが設置されているので安心です。
さらに、安全性能や運転補助機能も充実していることから、ドライバーの運転時の負担を大きく軽減しています。

視界の良さと車体設計、さらには装備品の充実によって、トヨタ・アルファードは非常に運転しやすいクルマと言えます。

「アルファード」乗り心地は?

引用:https://toyota.jp/alphard/

トヨタ・アルファードは、ドライバーが運転しやすいクルマというだけでなく、同乗者へのおもてなしの心も備わったクルマだと言われています。

国内最高峰の高級ミニバンとして既に高い評価は得ていますが、その乗り心地も素晴らしいものがあります。

グレードごとに4つの素材がラインナップされているシートは、まるで高級セダンのような乗り心地でゆとりのある設計なので、ロングドライブでも疲れません。

助手席はマイナーチェンジを経てロングスライドレールが採用されたことにより、最大1,160mmのスーパーロングスライドが可能になりました。

スライド可動域が大幅に拡大することで、車内に新たなゆとりとくつろぎが創出されました。
また2列目シートと3列目シートも素晴らしい乗り心地となっています。

2列目シートはまるで貴賓室にいるかのように、ラグジュアリーな空間に仕上げられています。3列目シートも他のミニバンであれば、荷室との関係性から乗り心地は二の次になっているケースが多いのですが、トヨタ・アルファードは3列目シートでも余裕のあるスペースが確保されているので、非常に乗り心地が良いと評判です。

さらに装備品や収納も充実しているので、静粛性に優れた室内でゆったりと移動を楽しむことができるでしょう。

【新型アルファード】試乗レポートはこちら!評価をまとめてみました。
新型アルファードの試乗レポートをまとめてみました。 2018年1月にマイナーチェンジを行ってから様々な評価と好評を得ています。 これからアルファードを買おうとしている人への、参考になればと思います。
【新型アルファード】ハイブリッドの人気は?ガソリン車との比較や他のSUVとの差は?
新型アルファードを実際にハイブリッドとガソリンモデルを比較するとどのくらい違いがあるのでしょうか? 簡単にまとめてみましたのでごらんください。
スポンサードリンク

「アルファード」安全性能について調べてみました

引用:https://toyota.jp/alphard/

続いてトヨタ・アルファードの安全性能について調べてみました。

「アルファード」高い安全性能を持つToyota Safety Senseとは?

トヨタ・アルファードが運転しやすいポイントとして、安全性能の高さが挙げられます。

トヨタ・アルファードには、先進安全技術パッケージの「Toyota Safety Sense」が搭載されています。「Toyota Safety Sense」は、単眼カメラとミリ波レーダーを搭載した検知センサーや、それに基づく統合的な制御によって、クルマだけではなく、歩行者や自転車運転者の認識を可能にしています。

ミリ波レーダーは検知できる距離が長いのが特徴で、速度域の高い状況にも対応します。「単眼カメラ」は物体の形や大きさが識別でき、クルマや白線、対向車のランプだけでなく歩行者も認識できます。この特性の異なる2種類のセンサーが、卓越した認識能力と信頼性の高いシステムを可能にしています。

Toyota Safety Senseの主な機能は下記になります。

  • ハンドル操作サポート(レーントレーシングアシスト)
  • 標識読み取りディスプレイ(ロードサインアシスト)
  • 自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティ)
  • 追従ドライブ支援機能(レーダークルーズコントロール)
  •  自動ハイビーム(アダブティブハイビームシステム/オートマチックハイビームシステム)

このような先進性の高い安全装備の搭載により、事故の回避や衝突被害の軽減を支援します。

「アルファード」様々な走行シーンを想定した安全性能

引用:https://toyota.jp/alphard/

Toyota Safety Senseの搭載を見るだけでも、トヨタ・アルファードが高い安全性能を持っていることが伺えますが、さらに様々な安全装備によりドライバーをサポートしています。

トヨタ・アルファードは、政府が交通事故防止対策の一環として普及啓発しているセーフティ・サポートカーS<ワイド>(サポカーS<ワイド>)の対象車です。

安全運転を支援する装置を搭載し、高齢者を含むすべてのドライバーの安全をサポートしているクルマが対象となります。トヨタ・アルファードにはこういった安全性能があるため、運転のしやすさも配慮されています。

実際に、「Toyota Safety Sense」以外の安全装備も非常に充実しています。

走行時・車線変更時・駐車時などには見やすいミラーとレーダーにより、衝突の危険を回避します。また、トヨタ・アルファードは自動制御システムでも安全をサポートしています。

シフト操作時の急発進・急加速を抑制し被害を軽減するシステムや、クルマの挙動をより早くスムーズにコントロールするシステムによって横滑りのリスクを回避します。

ヘッドランプやリヤコンビネーションランプも視認性・燃費向上に貢献する先進感を演出したランプとなっています。LEDなので、消費電力が抑えられることも嬉しいポイントです。

さらに、万が一の衝突の時でも、7個のエアバッグシステムにより、3列目シートも含めた車内をしっかり守ってくれます。

このようにトヨタ・アルファードでは、充実した安全性能で様々な走行シーンに対応することで、ドライバーの負担を軽減します。

【アルファード】値引きの限度額はいくら?最新の値引き方法を教えます!
トヨタ・アルファードの新車を購入する時に、最初に把握しておきたいのが、値引き相場や値引き限度額についてです。 相場を踏まえた値引き目標を設定し、交渉に臨みましょう。 今回はトヨタ・アルファードの値引き相場と値引き限度額について、そして値引き目標額と値引き交渉に役立つ最新の方法を検証しました。
【アルファード】カスタムまとめ!おススメのカスタムパーツをご紹介!
クルマのカスタム(改造)には、エアロパーツをはじめとした、様々なカスタムパーツがあります。 ユーザーは、どんな目的でカスタム(改造)を行い、どのパーツの人気が高いのでしょうか。 今回は、トヨタ・アルファードのカスタム(改造)についてと、オススメのカスタムパーツもご紹介します。
スポンサードリンク

「アルファード」ライバル車と比較してみた

引用:https://toyota.jp/alphard/

最後にトヨタ・アルファードを、他のミニバン車と比較してみました。

トヨタ・アルファードと比較検討されやすい車種として、日産・エルグランドが挙げられますが、それぞれどういった違いがあるのでしょうか。

サイズ感で比較

引用:https://toyota.jp/alphard/

まずは、それぞれのボディサイズを見ていきます。

トヨタ・アルファードは全長4,945~4,950mm×全幅1,850mm×全高1,935~1,950mmとなっています。トヨタ・アルファードは全高のサイズ感によって、実際のサイズ以上に大きく見える印象を持ちます。

しかし、女性ユーザーが多いことからも裏付けられるように、サイズ感の割には非常に運転しやすいクルマです。

一方で、日産・エルグランドは、全長4,835mm×全幅1,795mm~1,815mm×全高1,910mmとなっています。

ボディサイズに関しては、トヨタ・アルファードの方が一回り大きなサイズと言って良いでしょう。

続いて室内のサイズを見ていくと、トヨタ・アルファードは室内長3,210mm×室内幅1,590mm×室内高1,400mmとなっています。

そして、日産・エルグランドの室内の大きさは、室内長3,030mm×室内幅1,645mm×室内高1,295~1,305mmとなっています。

室内長と室内高はトヨタ・アルファードが、室内幅はエルグランドが広いです。ボディサイズ・室内のサイズを見ていくと、室内幅以外は全てトヨタ・アルファードの方が大きい結果となりました。

どちらも、ミニバンとしてはゆとりのあるサイズ感ですが、トヨタ・アルファードは国産ミニバンで最上級クラスの大きさを持っているとも言えるでしょう。

燃費はどう?

引用:https://toyota.jp/alphard/

続いてはそれぞれの燃費を比較します。

まず、トヨタ・アルファードのカタログ燃費ですが、ガソリン車で10.6km/L~11.6km/L、ハイブリッド車で18.4km/L~19.4km/Lとなっています。

対する日産・エルグランドは、ガソリン車のみのグレード展開で7.4km/L〜10.4km/Lというカタログ燃費になっています。

この結果を見ると、トヨタ・アルファードの燃費性能が非常に優れていることがわかります。

日産・エルグランドの燃費は、高級車としてある意味平均的な数字でもあります。

しかし同じ高級ミニバンのトヨタ・アルファードは、優れたエンジンを搭載していることにより、素晴らしい燃費性能を実現しています。

燃費は車重と大きく関わってくるので、その点を考慮しても素晴らしいパフォーマンスと言えるのではないでしょうか。

トヨタ・アルファードは、高級車らしい乗り心地と運転しやすいクルマという特徴を持ちながら、さらに燃費性能も優れているのです。

「アルファード」運転のしやすさと安全性能についてのまとめ

トヨタ・アルファードの運転しやすいポイントと安全性能についてご紹介しました。

トヨタ・アルファードには他のミニバンにはない、圧倒的な高級感があります。

ただ、今回運転のしやすさと安全性能をご紹介したことによって、単純に乗り心地が良いだけのクルマではないことがわかりました。

全ての基本性能が高いトヨタ・アルファードを体感するためには、ぜひ試乗に行くことをオススメします。

【アルファード】中古のアルファードのおススメはどれ?2020年最新情報!
高級ミニバンとしての最高位であるアルファードの中古情報を調べてみました。 誰もが一度は乗ってみたいミニバンです。中古といえどまだまだ価格は下がらず、10系や20系でもかなりの高値ですが、果たしておすすめはどのアルファードでしょうか? 予算別にまとめてみましたので、ご覧ください。

新車を30万円~50万円も安く買う方法をご存知ですか?!

クルマを下取りに出すときに、得をする方法ってご存知でしょうか?

皆さん、結構知っているようで実は知らない人が多いんです。

その方法とは『自分の乗っていたクルマを安く売らない』ということです。

では、皆さんは自分のクルマを売る時っていつですか?

それは新しくクルマを買う時ですよね?

その店のディーラーに下取りの出すケースがほとんどだと思います。

しかし、それは大きな間違いなんです。

なぜかというと、貴方が今乗っているクルマの相場はディーラーには最低金額で下取りされるからなのです。

じつは、ディーラーにもそのクルマの価値が分かっていないんですよね・・・。

例えば、新車を200万円で買おうとしたときに、自分のクルマが80万円で買い取りされたら、残り120万円で済みますよね。

でも大抵が30万~40万円(中には15万円というところも…。)という金額でしか下取りしてもらえないでしょう。

簡単に言うと、その店が貴方のそのクルマを必要としていないからなんです。

だから、車を売るときは、色々なところに査定してもらって、一番欲しがっているお店に売ることがベストなんです。そうすることによって、高く買い取ってもらえるのです。

ここで使うのが『無料一括査定』なんです。

新車を買う時に、値引きの金額に買取り価格を足して、最大で50万円は安く購入できますよ。

この『無料一括査定』は、料金はかからないで無料で自分のクルマの価値を知ることができますし、もし思っていた金額より低ければ断ればいいだけです。

私はこのやり方で350万円の新車を90万円で購入した友人を知っています。

私自身も250万円のクルマを120万円で購入できました。

ぜひこちらのサイトで試してみてくださいね!