【アルファード】内装と内寸が知りたい人はこちら!サイズを完璧に教えます!

無料一括査定のサイトを使って
下取りで得をしましょう!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になること
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

愛車を賢く・高く売るなら
完全無料の一括査定がおススメです。

引用:https://toyota.jp/alphard/

トヨタ・アルファードは、基本性能が高いクルマですが、特に内装が素晴らしいと言われています。ドライバーだけではなく、同乗者も満足する乗り心地とはどういったものなのでしょうか。

今回は、トヨタ・アルファードの内装と内寸、そしてオススメの内装カスタムについてご紹介します。

スポンサードリンク

トヨタ・アルファードの内装のコンセプトや装備品は?

引用:https://toyota.jp/alphard/

まずはトヨタ・アルファードの内装についての、コンセプトや快適性についてご紹介します。

【トヨタ・アルファード】内装のコンセプト

トヨタ・アルファードは、最高の質的贅沢をコンセプトにしています。
華美なデザインや装備品などによって高級感を押し出すものでなく、細部に宿る上質感を大切に室内は設計されました。

確かにトヨタ・アルファードの内装デザインを見ると、圧倒されるような上質感を感じることができますが、いやらしさは感じません。

高級車といえばセダンのイメージが強いですが、トヨタ・アルファードはセダン車に匹敵する乗り心地・性能・質感を持ち合わせています。

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/32023

ミニバンは形状の特性上、各部門において妥協せざるを得ない部分があります。
しかしトヨタ・アルファードの室内には、そういった妥協が見当たりません。
各シートの居住性はもちろん、デザイン・質感・装備品・広さ全てにおいて、非常に高いスペックを持っているのです。

既存のミニバンの概念を覆す存在として、高い質感をもった唯一無二の存在感があります。
トヨタ・アルファードの室内は、まるでホテルのラウンジにいるかのような上質な空間で、快適なドライブを楽しむことができます。

トヨタ・アルファードの内装は、クルマという概念にとらわれないような最高級の質感で、仕上げられています。

【トヨタ・アルファード】内装の快適性

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/32023

最高級の質感をもつトヨタ・アルファードですが、装備品も充実しています。
特に車内を快適に過ごせる装備品の数々は、トヨタ・アルファードがおもてなしの精神に溢れたクルマであることを強く感じることができます。

その快適さは、すでに乗車する前から始まります。
ウェルカムパワースライドドア機能や予約ロック機能によって、荷物が多いと時でもスムーズな乗り降りが可能です。

オットマン付きのシートも上質な座り心地で、エアコンやシートヒーターなどが一括で操作できる、集中コントロールボックスが操作しやすい位置に配置されています。

トヨタ・アルファードは収納が多いことも特徴ですが、ちょっとした物を置く時や作業に便利な大型アームレストや格納式テーブルがあるのも嬉しいポイントです。

大型コンソールボックスの内部には、電源やオーディオ入力端子も搭載されています。
本革シート装着車のセカンドシートやハイブリッド車の一部グレードでは、ラゲージルーム右側にも電源が搭載されてています。

ルームランプも、LEDルーフカラーイルミネーションを始め、多彩なシーンに対応するパーソナルランプや読書灯で、車内を優しく照らしてくれます。
これらの装備品は全てが絶妙な配置で、シートから動くことなく操作を出来ます。

【アルファード】外装と外寸まとめ!カスタムする時の注意点とは?機械式駐車場は?
ミニバンの王者と呼ぶにふさわしいアルファード。一度は乗ってみたいクルマですよね。 ですが買うには様々な条件が付いてきます。その一つが大きさゆえの駐車場所です。 軽自動車やハッチバックと違い、大きい場所を確保しないと駐車することはできません。 アルファードの大きさはどのくらいなのか?どのくらいのスペースがあれば駐車可能なのか?そしてそのカッコイイ外観をカスタムするにはどんなパーツが良いのか?などを調べてみました。
【アルファード】タイヤとホイールの情報!タイヤアップのメリットは?
クルマの購入を購入する際に、ぜひチェックしていただきたいのが、タイヤとホイールで構成される足回りです。 今回は、トヨタ・アルファードのタイヤとホイールについてご紹介します。 またタイヤサイズが及ぼす影響やおすすめタイヤ情報、タイヤ交換の方法も合わせてご紹介します。
スポンサードリンク

トヨタ・アルファードの内寸はどう?

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/32023

続いてトヨタ・アルファードの広さについてご紹介します。

【トヨタ・アルファード】国産ミニバン最大級の広さ

トヨタ・アルファードは、初代モデルから一貫した、豪華でゆったりとした室内空間が特徴的です。
モデルチェンジごとに進化した様子を見せていますが、室内の広さにおいては他車の追随を許しません。

トヨタ・アルファードの内寸は、室内長3210mm×室内幅1590mm×室内高1400mmです。
サイズを見るだけでも広さを感じることができますが、室内設計の工夫によって、さらに広い室内空間を確保しています。

そして室内空間だけでなく、車内で快適に過ごす上で欠かせないシートにも工夫が見られます。
ゆとりあるサイズ感や肌触りの良い素材、そして上質な柔らかさと快適にくつろげる要素が満載です。

引用:https://toyota.jp/alphard/

従来のミニバンは荷室空間との関係上、3列目シートの座り心地が軽視される傾向にありましたが、トヨタ・アルファードはその辺も抜かりありません。
2列目シートと変わらない座り心地の良さを実現しています。

さらに、トヨタ・アルファードは多彩なシートアレンジも魅力です。
ロングスライドレールの採用により、最大1600mmの助手席スーパーロングスライドが可能になりました。

これまで助手席と2列目シートで、スライド可動域は分かれていましたが、同じレール上にシートを設置することで、可動域が大幅に拡大しました。
マニュアルオットマンとあわせて、車内に新たなゆとりとくつろぎを創出します。

【トヨタ・アルファード】収納や荷室も大満足

引用:https://toyota.jp/alphard/

ミニバンにおいては、荷室の広さも魅力ですが、トヨタ・アルファードは広さだけでなく使いやすさもしっかり配慮されています。
3列目シートが少し薄型になっているので、スライド時の荷室幅はかなり広くなります。

また、荷室の床下には大容量の床下収納が完備されています。
床下収納を利用することで、背の高い荷物も立てたまま乗せることが可能です。

デッキボードは、脱着折りたたみ式のものが採用されているので、荷物の出し入れがしやすく、使い勝手にも優れています。
ラゲージルーム左右にはランプが設置され、夜間の使用性も高くなっています。

そして、荷室だけではなく室内空間の収納スペースが多いことも特徴です。
ドリンクホルダーや各ボックスなどが各シートに配置され、収納スペースが不足して困るようなことはなさそうです。

用途に応じた最適なサイズ感を持つ収納は、あまり目立つ部分ではありませんが、トヨタ・アルファードの快適性を影で支える存在と言っても、過言ではないでしょう。

【アルファード】中古のアルファードのおススメはどれ?2020年最新情報!
高級ミニバンとしての最高位であるアルファードの中古情報を調べてみました。 誰もが一度は乗ってみたいミニバンです。中古といえどまだまだ価格は下がらず、10系や20系でもかなりの高値ですが、果たしておすすめはどのアルファードでしょうか? 予算別にまとめてみましたので、ご覧ください。
【アルファード】不具合やリコールは多い?情報をいくつか集めてみました!
アルファードは質感の高さや快適な走行性能で人気のクルマですが、不具合やリコールも報告されています。 また、不具合やリコール報告があった場合の、メーカーやディーラーの対応についても、気になるところです。 そこで今回は、アルファードの不具合情報やリコール情報をご紹介します。
スポンサードリンク

トヨタ・アルファードの内装カスタム

最後に、トヨタ・アルファードのオススメ内装カスタムについてご紹介します。

【トヨタ・アルファード】まずは簡単なパーツから

引用:https://toyota.jp/alphard/

より一層、トヨタ・アルファードの内装を自分好みにしたいのであれば、カスタムする必要があります。
カスタムというと少し大掛かりなイメージがありますが、取り付けることが難しいパーツを追加することが全てではありません。

内装のカスタムアイテムの中には、シンプルに置くだけで違いをアピールできるものもあります。
初めてトヨタ・アルファードの内装をカスタムする場合は、取り付けの簡単なカスタムアイテムを使ってみるといいでしょう。

特にフロアマットやダッシュボードマットは、置くだけで良いのでオススメです。
サイズも比較的大きなアイテムなので、純正の内装とはデザイン面で違いを見せることができます。

フロアマットやダッシュボードマットは、トヨタ・アルファード専用に開発されたものもありますので、室内の形状にもしっかり合わせることができます。

そして置くだけのアイテムであれば、すぐに取り替えられるメリットもありますので、気軽にカスタムすることができます。

他にもトヨタ・アルファードには、両面テープなどで貼り付けるだけのカスタムパーツもあります。両面テープであれば、取り外しも剥がすだけなので簡単です。
シフトノブなども、パーツが豊富なので、非常にオススメです。

【トヨタ・アルファード】カスタムは純正オプション品がオススメ

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/32023

トヨタ・アルファードの上質な雰囲気を崩さずにカスタムしたい場合は、トヨタディーラーが販売する純正アクセサリーを選択することをオススメします。

純正品はクルマの性能やデザインだけではなく、そのクルマが持っているコンセプトも意識して開発されています。
そのため、純正品とデザイン性が違っていても、トヨタ・アルファードの上質感を損ねることはないでしょう。

社外品でも素晴らしいカスタムパーツはたくさんありますが、単純に好みだけで選んでいくと、後々デザイン面でまとまりがなくなってしまいます。
せっかくカスタムをしたのに、純正の状態より使い勝手やデザイン性が落ちてしまっては勿体無いです。

そのようなリスクを軽減するためにも、純正アクセサリーからカスタムを検討すると良いでしょう。
トヨタ・アルファードの公式ホームページより、純正オプション品をチェックすることができますが、内装をカスタムするパーツにおいてもバリエーションが豊富です。

ドレスアップを目的にしたカスタムや、室内空間をさらに快適に過ごすためのカスタムと、内装をカスタムする目的はそれぞれです。
まずはカスタムのコンセプトを明確にした上で、純正アクセサリーの中から予算と目的に適したパーツを選択すれば、後悔するようなことはないでしょう。

【トヨタ・アルファード】内装・内寸・ついてまとめ

引用:https://toyota.jp/alphard/

今回は、トヨタ・アルファードの内装と内寸、そしてオススメの内装カスタムについてご紹介しました。
圧倒的な高級感と広さ・実用性を兼ねそろえたトヨタ・アルファードの内装は、上質なドライブへと誘ってくれます。
さらに内装をカスタムをすることによって、より魅力が増すこと間違いないと思います!

【アルファード】値引きの限度額はいくら?最新の値引き方法を教えます!
トヨタ・アルファードの新車を購入する時に、最初に把握しておきたいのが、値引き相場や値引き限度額についてです。 相場を踏まえた値引き目標を設定し、交渉に臨みましょう。 今回はトヨタ・アルファードの値引き相場と値引き限度額について、そして値引き目標額と値引き交渉に役立つ最新の方法を検証しました。
【アルファード】運転はしやすい?安全性能と乗り心地も調べてみました!
トヨタ・アルファードは、高い安全性能と最高級の乗り心地で、ユーザーに人気の車です。 また、大きい車体ではありますが、非常に運転しやすいクルマとも言われています。 今回は、トヨタ・アルファードの運転しやすいポイントと安全性能について調べてみましたのでご覧ください。

新車を30万円~50万円も安く買う方法をご存知ですか?!

クルマを下取りに出すときに、得をする方法ってご存知でしょうか?

皆さん、結構知っているようで実は知らない人が多いんです。

その方法とは『自分の乗っていたクルマを安く売らない』ということです。

では、皆さんは自分のクルマを売る時っていつですか?

それは新しくクルマを買う時ですよね?

その店のディーラーに下取りの出すケースがほとんどだと思います。

しかし、それは大きな間違いなんです。

なぜかというと、貴方が今乗っているクルマの相場はディーラーには最低金額で下取りされるからなのです。

じつは、ディーラーにもそのクルマの価値が分かっていないんですよね・・・。

例えば、新車を200万円で買おうとしたときに、自分のクルマが80万円で買い取りされたら、残り120万円で済みますよね。

でも大抵が30万~40万円(中には15万円というところも…。)という金額でしか下取りしてもらえないでしょう。

簡単に言うと、その店が貴方のそのクルマを必要としていないからなんです。

だから、車を売るときは、色々なところに査定してもらって、一番欲しがっているお店に売ることがベストなんです。そうすることによって、高く買い取ってもらえるのです。

ここで使うのが『無料一括査定』なんです。

新車を買う時に、値引きの金額に買取り価格を足して、最大で50万円は安く購入できますよ。

この『無料一括査定』は、料金はかからないで無料で自分のクルマの価値を知ることができますし、もし思っていた金額より低ければ断ればいいだけです。

私はこのやり方で350万円の新車を90万円で購入した友人を知っています。

私自身も250万円のクルマを120万円で購入できました。

ぜひこちらのサイトで試してみてくださいね!