【アルファード】値引きの限度額はいくら?最新の値引き方法を教えます!

無料一括査定のサイトを使って
下取りで得をしましょう!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になること
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

愛車を賢く・高く売るなら
完全無料の一括査定がおススメです。

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/37926

トヨタ・アルファードの新車を購入する時に、最初に把握しておきたいのが、値引き相場や値引き限度額についてです。
相場を踏まえた値引き目標を設定し、交渉に臨みましょう。
今回はトヨタ・アルファードの値引き相場と値引き限度額について、そして値引き目標額と値引き交渉に役立つ最新の方法を検証しました。

スポンサードリンク

【アルファード】値引き相場を見てみましょう

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/37926

まずは新車の値引き相場とトヨタ・アルファードの値引き相場についてご紹介します。

なぜ新車は値引きがあるの?

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/37926

新車の値引きに関しては、車体価格ごとの相場があると言われています。
トヨタ・アルファードのようなミニバンでは、車両本体価格の15%程度が目安になると考えられています

車体価格が500万円を超えるようなクルマであれば、50万円以上の値引きが期待できることもあります。
ただ、なぜクルマは値引きを行うことが当然のようになっているのでしょうか。

長い自動車販売の歴史の中で、どう言った経緯で値引きは始まったのかは定かではありません。
各ディーラーがどうして値引きをしてくれるのかというとメーカーの提示している販売価格が最初から値引きを想定した価格設定になっているからなのです。

クルマは、メーカーからディーラーが仕入れ、販売する流れになっています。
ディーラーは仕入れ値で新車を手に入れ、ユーザーに売却することによってその利益を得ています。

そして、ディーラーには、同じ車を扱っている競合が多くいます。
メーカーによっても形態は違いますが、多くはエリアごとに経営母体が変わっています。
ディーラーとしてはせっかく同じクルマを買うのであれば、自分の店舗で買ってもらいたいものです。

そのためユーザーへアピール一つの手段として値引きが行われています。
各ディーラーで値引き額が違うのは、こうした背景があるからです。

トヨタ・アルファード最新値引き相場

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/37926

新車の値引きについては、先ほどご紹介したような背景から、車種やメーカーによっても値引き額は違ってきます。
ユーザーの情報に参考にすると、トヨタ・アルファードは値引き交渉は十分に可能なようです。

トヨタ・アルファードは2018年11月に一部改良が行われました。
モデルチェンジやマイナーチェンジの直後は、値引きが引き締められる傾向にあります。

ここ2ヶ月のトヨタ・アルファードの値引き動向を見ていくと、やはり一部改良の発表前よりは、値引き額が下がっているような状況です。
2019年1月現在のトヨタ・アルファードの値引き相場は、15万円〜35万円となっています。

販売しているディーラーによって差が生じていますが、車体価格の高い上級グレードほど値引き額が大きくなる傾向にあります。
そして、値引き相場の中でも最も多かった価格帯が、25万円前後です。

このボリュームゾーンを参考にすると、トヨタ・アルファードを今から値引き交渉をするのであれば、25万円以上の値引きを勝ち取れば合格点だと言えるでしょう。

さらにオプション割引や後述する値引き額が大きくなる方法を活用すれば、さらに大きな値引きを勝ち取ることができる可能性もあります。

【アルファード】中古のアルファードのおススメはどれ?2020年最新情報!
高級ミニバンとしての最高位であるアルファードの中古情報を調べてみました。 誰もが一度は乗ってみたいミニバンです。中古といえどまだまだ価格は下がらず、10系や20系でもかなりの高値ですが、果たしておすすめはどのアルファードでしょうか? 予算別にまとめてみましたので、ご覧ください。
スポンサードリンク

【アルファード】値引き目標額は50万円?

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/37926

続いてトヨタ・アルファードの値引き目標額についてご紹介します。

条件次第では50万円も可能

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/37926

先ほどご紹介したトヨタ・アルファードの値引き相場を見ると、50万円の値引きを勝ち取るには、様々な要素が揃わないと難しいと言わざるを得ません。

一部改良が発表された後にトヨタ・アルファードを購入したユーザーの値引き情報をチェックすると、わずかではありますが50万円の値引きを勝ち取っているユーザーもいました。
どのユーザーにも共通している特徴としては下記が挙げられます。

  • 上級グレードを選択
  • オプションを多く選択
  • キャンペーン時期を利用

上級グレードを選択することで車体価格も上がるので、必然的に値引き額も大きくなります。
そして車体価格のみの値引きであれば、50万円を突破するのは難しいですが、オプション割引をしてもらうことによって、総額で50万円の値引きをすることが可能ではあります。

さらに12月はどのディーラーも歳末キャンペーンを行なっていたので、タイミングよくイベントに参加して、普段より大きな値引きをしてもらったという点が挙げられます。
このような要素が揃うことによって、トヨタ・アルファードは50万円の値引きも可能だと言われています。

トヨタ・アルファードの値引き目標額は?

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/37926

50万円の値引きは複数の要素によって可能ではありますが、人気のグレードや色、そしてオプションなどを加味すると、あまり現実的な数字とは言えません。

値引き交渉を行うことは、安くトヨタ・アルファードが購入できるメリットがある一方で、デメリットも生じます。
特に、値引き相場の把握をせずに値引き交渉をすると、損をしてしまう可能性が高いです。

車種ごとに値引き相場は違いますが、とにかく安くしてもらおうと値引き交渉を長引かせると、いつ迄たってもトヨタ・アルファードに乗ることができません。
人気車種で納期もかなりかかりますので、自分なりの値引き目標額と期限を設定して、値引き交渉に臨む必要があります。

同じ車種であっても、トヨタ・アルファードは基本グレードと最上級グレードの価格差は、300万円以上あります。
そのため値引きの限度額と言える50万円ではなく、現実的な金額を目標にしておきましょう。

値引き額の相場や人気グレードを加味すると、トヨタ・アルファードの値引き目標額は28万円程度に設定しておくと良いでしょう。

さらにオプション品などの追加によって、総額では35万円の値引きができれば十分に合格だと言えるでしょう。

値引き目標額を決めずにディーラーとの交渉を行うと、購入するタイミングを決めづらくなります。期限も設定した上で、トヨタ・アルファードの値引き交渉に臨みましょう。

【新型アルファード】ハイブリッドの人気は?ガソリン車との比較や他のSUVとの差は?
新型アルファードを実際にハイブリッドとガソリンモデルを比較するとどのくらい違いがあるのでしょうか? 簡単にまとめてみましたのでごらんください。
【アルファード】タイヤとホイールの情報!タイヤアップのメリットは?
クルマの購入を購入する際に、ぜひチェックしていただきたいのが、タイヤとホイールで構成される足回りです。 今回は、トヨタ・アルファードのタイヤとホイールについてご紹介します。 またタイヤサイズが及ぼす影響やおすすめタイヤ情報、タイヤ交換の方法も合わせてご紹介します。
スポンサードリンク

【アルファード】値引き限度額を獲得する最新の方法!

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/37926

最後に値引き限度額を獲得する最新の方法をご紹介します。

年度末キャンペーンを狙う

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/37926

ディーラーは定期的にキャンペーンイベントを開催します。
キャンペーンでは、オプション追加サービスや車体価格の割引といったようなお得なイベントが開催されます。

通常月と比較してもかなりお得にトヨタ・アルファードが購入できるので、せっかくならキャンペーン時期に契約をしたいものです。
ディーラーのキャンペーン時期としては下記が挙げられます。

  • 1〜3月(年度末キャンペーン)
  • 6月・7月(ボーナス商戦)
  • 8月中旬〜9月末(決算キャンペーン)
  • 12月(歳末ボーナス商戦)

今からであれば、1〜3月の年度末キャンペーンを狙うと良いでしょう。

この時期は毎週末のように各ディーラーでイベントが行われています。
自動車業界の繁忙期は3月と言われています。

かき入れ時でもあるので、各ディーラーはこの時期に多く車を売りたい傾向にあります。
他の時期にはない特別な値引きも期待して良いでしょう。

複数のディーラーを訪問する

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/37926

新車の値引き交渉を行う場合は、複数のディーラーを訪問することをオススメします。
各ディーラーでできる限りの値引きをお願いし、その見積もりを参考に別のディーラーを回ると自然と値引き額が大きくなっていきます。

具体的な金額を用意しておくと、ディーラーも値引きを検討しやすくなります。
特別な交渉をしなくても、限界値を勝ち取る可能性が高い有効な方法です。

競合がいるということをディーラーに伝えることで、値引きにも一層力が入ることでしょう。
そして、多くのディーラーを訪問することで、各店舗の事情も把握することができます。

複数回に渡ってディーラーの様子も探りつつ、こちらが迷っていることと一番安いところで買いたいことをアピールできれば、値引き相場以上の金額を引き出すことも可能です。
少し時間と手間はかかりますが、難しい方法ではないのでぜひ実践してみてください。

【アルファード】値引きに関するまとめ

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/37926

今回は、トヨタ・アルファードの値引き相場と値引き限度額について、そして値引き目標額と値引き交渉に役立つ最新の方法を検証しました。

トヨタ・アルファードの値引きは引き締め傾向にありますが、キャンペーン時期や複数のディーラーに訪問することで、限界値に近い値引きをしてもらうことは十分に可能です。
クルマは高額商品ですので、できるだけお得にトヨタ・アルファードの購入を検討しましょう。

そして忘れてはならないのが、自分のクルマを売るときは下取りではなく買取りがお得です。面倒くさいからと適当なお店に愛車を下取りに出すととても損をすることになります。

必ずネットの「無料一括査定」で自分のクルマを価値をしってから、下取りに出すようにしましょう。

詳しくは「無料一括査定」で少しでも高くクルマを売ろう!

新車を30万円~50万円も安く買う方法をご存知ですか?!

クルマを下取りに出すときに、得をする方法ってご存知でしょうか?

皆さん、結構知っているようで実は知らない人が多いんです。

その方法とは『自分の乗っていたクルマを安く売らない』ということです。

では、皆さんは自分のクルマを売る時っていつですか?

それは新しくクルマを買う時ですよね?

その店のディーラーに下取りの出すケースがほとんどだと思います。

しかし、それは大きな間違いなんです。

なぜかというと、貴方が今乗っているクルマの相場はディーラーには最低金額で下取りされるからなのです。

じつは、ディーラーにもそのクルマの価値が分かっていないんですよね・・・。

例えば、新車を200万円で買おうとしたときに、自分のクルマが80万円で買い取りされたら、残り120万円で済みますよね。

でも大抵が30万~40万円(中には15万円というところも…。)という金額でしか下取りしてもらえないでしょう。

簡単に言うと、その店が貴方のそのクルマを必要としていないからなんです。

だから、車を売るときは、色々なところに査定してもらって、一番欲しがっているお店に売ることがベストなんです。そうすることによって、高く買い取ってもらえるのです。

ここで使うのが『無料一括査定』なんです。

新車を買う時に、値引きの金額に買取り価格を足して、最大で50万円は安く購入できますよ。

この『無料一括査定』は、料金はかからないで無料で自分のクルマの価値を知ることができますし、もし思っていた金額より低ければ断ればいいだけです。

私はこのやり方で350万円の新車を90万円で購入した友人を知っています。

私自身も250万円のクルマを120万円で購入できました。

ぜひこちらのサイトで試してみてくださいね!