【アルファード】カスタムまとめ!おススメのカスタムパーツをご紹介!

無料一括査定のサイトを使って
下取りで得をしましょう!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になること
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

愛車を賢く・高く売るなら
完全無料の一括査定がおススメです。

引用:https://www.modellista.co.jp/

クルマのカスタム(改造)には、エアロパーツをはじめとした、様々なカスタムパーツがあります。ユーザーは、どんな目的でカスタム(改造)を行い、どのパーツの人気が高いのでしょうか。

今回は、トヨタ・アルファードのカスタム(改造)についてと、オススメのカスタムパーツもご紹介します。

スポンサードリンク

【アルファード】おすすめの純正カスタムパーツはこちら

引用:https://toyota.jp/alphard/

まずは、純正カスタムパーツについてと、オススメパーツをご紹介します。

【トヨタ・アルファード】メーカーオプションとディーラーオプション

引用:https://toyota.jp/alphard/

トヨタ・アルファードには、愛車をオンリーワンにするための様々なカスタムパーツがあります。
カスタム(改造)といえば、購入後に手を加えるイメージがありますが、購入時に純正のオプション品を装着することも立派なカスタムだといえます。

純正品は、大きくメーカーオプションとディーラーオプションに分けられます。

メーカーオプションはトヨタ・アルファードの生産時に装着されるカスタムパーツです。
新車はユーザーから注文を受けた段階で生産されますが、車体に加工が必要なものや取り付けが複雑なものは、メーカーオプションであることが多いです。
トヨタ・アルファードでは、オーディオシステムや安全装備などがメーカーオプションとなります。

そしてディーラーオプションは、新車が到着後に装着される比較的取り外しが簡単なパーツを指します。
トヨタ・アルファードでは、マット類や小物類、そしてナビなどもディーラーオプションです。

特にメーカーオプションは、後付が難しいパーツが多いので、購入前から各カスタムパーツの性能と必要性を確認した上で、取り付けるかどうかを判断することをオススメします。

【トヨタ・アルファード】快適性をあげるオススメカスタム

引用:https://toyota.jp/alphard/

クルマをカスタム(改造)することは、複雑な取付工事をするものだけではありません。
クルマにアイテムを一つ置くだけでも立派なカスタム(改造)だと言えるでしょう。

トヨタ・アルファードの純正オプション品で、多くユーザーに選ばれているパーツは、ドレスアップを目的にしたものよりも、快適性が高いものの方が多いです。
特に、クルマの汚れを防止するアイテムは、高い装着率を誇っています。

トヨタ・アルファードのドアバイザーはディーラーオプションとなりますが、雨の日に多少窓を開けていても、室内へ雨が振り込むことを防止してくれる機能があります。
他の車種においても高い人気ですが、例外なくトヨタ・アルファードでも一番人気の高い純正オプション品です。

また、フロアマットも、純正品であれば室内デザインとのまとまりがあるので、多く選択されているアイテムです。
トヨタ・アルファードは、すでに純正の状態でも快適性が高いクルマですが、ちょっとした小物の追加によって、さらに快適性をあげることが出来ます。

比較的価格もリーズナブルなものが多いので、購入前にディーラーオプションをチェックしておくのも良いかと思います。

【アルファード】外装と外寸まとめ!カスタムする時の注意点とは?機械式駐車場は?
ミニバンの王者と呼ぶにふさわしいアルファード。一度は乗ってみたいクルマですよね。 ですが買うには様々な条件が付いてきます。その一つが大きさゆえの駐車場所です。 軽自動車やハッチバックと違い、大きい場所を確保しないと駐車することはできません。 アルファードの大きさはどのくらいなのか?どのくらいのスペースがあれば駐車可能なのか?そしてそのカッコイイ外観をカスタムするにはどんなパーツが良いのか?などを調べてみました。
【アルファード】内装と内寸が知りたい人はこちら!サイズを完璧に教えます!
トヨタ・アルファードは、基本性能が高いクルマですが、特に内装が素晴らしいと言われています。 ドライバーだけではなく、同乗者も満足する乗り心地とはどういったものなのでしょうか。 今回は、トヨタ・アルファードの内装と内寸、そしてオススメの内装カスタムについてご紹介します。
スポンサードリンク

【アルファード】純正以外がカッコイイ?これがホントの改造アルファード!

引用:https://www.modellista.co.jp/

続いて、トヨタ・アルファードのユーザーが純正品以外で選択しているカスタム(改造)パーツについてご紹介します。

【トヨタ・アルファード】マフラーやホイールは社外品が人気

引用:https://toyota.jp/alphard/

カスタム(改造)の代表的なパーツといえば、マフラーやホイールが挙げられますが、トヨタ・アルファードに関しては、社外品が多く選択されている傾向にあります。

まず、走行性能の向上やクルマのサウンドの変化、そして見た目でのドレスアップ効果があるマフラーは、エンジンの性能を引き出す重要なパーツです。

本来マフラーには、エンジンから発生する有毒物質の削減や、激しい排気音を抑制したり、エンジン性能を最大限に引き出す役割があります。
エンジン音はクルマを印象付ける個性の一つですが、マフラーを交換することによってそのエンジン性能にも変化が現れます。

そして、マフラーは先端が様々な形状に変化しているため、単純に見た目をよりおしゃれにするドレスアップパーツとしての側面も持っています。
トヨタ・アルファードに適したマフラーを装着することによって、純正品より排気効率が上がり、より快適な走りを楽しむことができるのです。

また、ホイールのカスタムについては、見た目を華やかにする効果が特に高いです。
特にトヨタ・アルファードのユーザーには、純正品より大きめのホイールを装着するインチアップというカスタムが人気です。

ホイールがより存在感を増すことによって、足元を引き締め、ノーマルのトヨタ・アルファードとの違いを一目で感じることが出来ます。

【アルファード】タイヤとホイールの情報!タイヤアップのメリットは?
クルマの購入を購入する際に、ぜひチェックしていただきたいのが、タイヤとホイールで構成される足回りです。 今回は、トヨタ・アルファードのタイヤとホイールについてご紹介します。 またタイヤサイズが及ぼす影響やおすすめタイヤ情報、タイヤ交換の方法も合わせてご紹介します。

【トヨタ・アルファード】社外品は安全性が保障されたものを選ぶ

引用:https://toyota.jp/alphard/

マフラーやホイールは、それぞれクルマを安全に走らせる上で、重要なパーツとなります。
クルマには定期的な車検が義務つけられていますが、マフラーやホイールは検査対象となりますので、しっかり車検に適合するパーツを選びましょう。

国土交通省によって定められている道路運送車両法では、マフラーの音量に関しての規定があります。
マフラーの音量は、96デシベル以下に設定しないといけないため、96デシベル以下の範囲内でカスタム(改造)をする必要があります。

そして、車検時にはクルマの最低地上高が9センチメートル以上であることが定められていますが、マフラーも車体の一部と判断されます。
しっかり地上高を確保できるサイズのマフラーを選択しましょう。

マフラーがしっかり車検の基準を満たしたものであるかは、社外品のマフラーでも記載義務があります。
保安基準適合品、車検対応品等と記載されたマフラーを選択しましょう。

そしてホイールをカスタム(改造)する際には、タイヤに適合し、操作性を確保できるサイズの範囲内でパーツを選択しましょう。
もし安全性が確保されなければ、大事故につながる可能性があります。

クルマは正しい乗り方をすれば安全性は高いですが、常に危険と隣り合わせだということもしっかり意識をしておきましょう。

【新型アルファード】ハイブリッドの人気は?ガソリン車との比較や他のSUVとの差は?
新型アルファードを実際にハイブリッドとガソリンモデルを比較するとどのくらい違いがあるのでしょうか? 簡単にまとめてみましたのでごらんください。
スポンサードリンク

【アルファード】カスタムするならやっぱりエアロパーツ?

引用:https://www.modellista.co.jp/

ボディデザインに大きな変化を与えることができるエアロパーツはどんな役割を持っているのでしょうか。
最後にトヨタ・アルファードのエアロパーツについてご紹介します。

【トヨタ・アルファード】エアロパーツの目的は?

引用:https://www.modellista.co.jp/

エアロパーツには、ちょっとしたアクセントになるものから、エアロパーツの方がクルマより目立ってしまうようなサイズ感のものまで、色々な種類があります。

エアロパーツは、走行中の空気抵抗を減少させ、運転をより安定的かつ快適にしていくことや、ドレスアップが目的で装着されます。
エアロパーツの一例としては、車のバンパーの形状を変えた「フロントスポイラー」や、サイド部に装着する「サイドステップ」、後部に装着する「リアスポイラー」などがあります。

そして空気抵抗だけではなく、クルマの各パーツを冷却させる効果や車体の汚れを防止する機能もあるので、カスタムの際には実用性も考慮したいところです。

ただ、エアロパーツに関しては、デザインも機能性もまったくコンセプトの違う商品が多くありますので、どれにしたら良いのか迷うユーザーもいるかと思います。
エアロパーツをカスタムしたいけど、どうカスタムしたら良いか悩んでいる方には、まずは小さいパーツから取り替えてみることをオススメします。

【トヨタ・アルファード】オススメエアロパーツはディーラーオプション

引用:https://www.modellista.co.jp/

トヨタ・アルファードのエアロパーツにも、純正品と社外品があります。
社外品でも安全性と機能性を兼ねそろえていてかっこいい、トヨタ・アルファード用のエアロパーツはたくさんあるのですが、個人的には純正オプションのエアロパーツがオススメです。

純正のデザインが活かされているので、ボディ全体の見た目はまとまりがあってかっこよく見えます。
そして、開発陣が入念に設計しているので、走行性能・安全性能の向上も期待できます。

トヨタ・アルファードでは、モデリスタなどのパッケージエアロプランもあります。
より高級感を打ち出したものやスポーティなものなど、印象をガラッと変えつつ上品なカスタム(改造)が出来ますので、カスタム(改造)のコンセプトを迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

【アルファード】値引きの限度額はいくら?最新の値引き方法を教えます!
トヨタ・アルファードの新車を購入する時に、最初に把握しておきたいのが、値引き相場や値引き限度額についてです。 相場を踏まえた値引き目標を設定し、交渉に臨みましょう。 今回はトヨタ・アルファードの値引き相場と値引き限度額について、そして値引き目標額と値引き交渉に役立つ最新の方法を検証しました。

【アルファード】カスタム情報のまとめ

引用:https://www.modellista.co.jp/

今回は、トヨタ・アルファードのカスタム(改造)についてと、オススメのカスタムパーツもご紹介しました。

純正品や社外品で様々なカスタムパーツが販売されていますが、どのパーツもデザイン・機能性は特徴があります。
またカスタム(改造)はトータルバランスを考慮することが大切です。
悪目立ちをしないように注意しつつ、オンリーワンのカスタム(改造)を楽しんでください。

【アルファード】中古のアルファードのおススメはどれ?2020年最新情報!
高級ミニバンとしての最高位であるアルファードの中古情報を調べてみました。 誰もが一度は乗ってみたいミニバンです。中古といえどまだまだ価格は下がらず、10系や20系でもかなりの高値ですが、果たしておすすめはどのアルファードでしょうか? 予算別にまとめてみましたので、ご覧ください。

新車を30万円~50万円も安く買う方法をご存知ですか?!

クルマを下取りに出すときに、得をする方法ってご存知でしょうか?

皆さん、結構知っているようで実は知らない人が多いんです。

その方法とは『自分の乗っていたクルマを安く売らない』ということです。

では、皆さんは自分のクルマを売る時っていつですか?

それは新しくクルマを買う時ですよね?

その店のディーラーに下取りの出すケースがほとんどだと思います。

しかし、それは大きな間違いなんです。

なぜかというと、貴方が今乗っているクルマの相場はディーラーには最低金額で下取りされるからなのです。

じつは、ディーラーにもそのクルマの価値が分かっていないんですよね・・・。

例えば、新車を200万円で買おうとしたときに、自分のクルマが80万円で買い取りされたら、残り120万円で済みますよね。

でも大抵が30万~40万円(中には15万円というところも…。)という金額でしか下取りしてもらえないでしょう。

簡単に言うと、その店が貴方のそのクルマを必要としていないからなんです。

だから、車を売るときは、色々なところに査定してもらって、一番欲しがっているお店に売ることがベストなんです。そうすることによって、高く買い取ってもらえるのです。

ここで使うのが『無料一括査定』なんです。

新車を買う時に、値引きの金額に買取り価格を足して、最大で50万円は安く購入できますよ。

この『無料一括査定』は、料金はかからないで無料で自分のクルマの価値を知ることができますし、もし思っていた金額より低ければ断ればいいだけです。

私はこのやり方で350万円の新車を90万円で購入した友人を知っています。

私自身も250万円のクルマを120万円で購入できました。

ぜひこちらのサイトで試してみてくださいね!