【アルファード】タイヤとホイールの情報!タイヤアップのメリットは?

無料一括査定のサイトを使って
下取りで得をしましょう!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になること
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

愛車を賢く・高く売るなら
完全無料の一括査定がおススメです。

引用:https://toyota.jp/alphard/

クルマの購入を購入する際に、ぜひチェックしていただきたいのが、タイヤとホイールで構成される足回りです。
今回は、トヨタ・アルファードのタイヤとホイールについてご紹介します。
またタイヤサイズが及ぼす影響やおすすめタイヤ情報、タイヤ交換の方法も合わせてご紹介します。

スポンサードリンク

【アルファード】タイヤサイズとタイヤアップについて

引用:https://www.webcg.net/

まずは、タイヤサイズとタイヤアップについてご紹介します。

【トヨタ・アルファード】タイヤアップはなぜ行われる?

引用:https://toyota.jp/alphard/

それぞれの車種には決まったタイヤサイズがあります。
トヨタ・アルファードでもグレードごとに決まったサイズがありますが、なぜカスタムを行う際には、タイヤアップが検討されるのでしょうか。

タイヤサイズを変更するのには、大きくするにしても小さくするにしても、それぞれメリット・デメリットがあります。

リム径を大きくしてタイヤの扁平率を下げる「タイヤアップ」をした場合、ステアリングの操作性が向上し、コーナリング性能も向上すると言うメリットがあります。

その一方で、乗り心地が硬くなり、走行音も大きくなってしまうというデメリットもあります。

そして、リム径を小さくしてタイヤの扁平率を上げる「タイヤダウン」をした場合は、操作性が下がり、ブレーキなどの足回りが良くなく安全性の面で純正に劣るという声が一般的ですが、タイヤの路面に対する反応が良いため乗り心地が良いという側面もあるようです。

トヨタ・アルファードは、純正でも乗り心地の良さと操作性を両立したタイヤサイズではありますが、より操作性を自分の好みに近づけたい場合は、このインチアップが行われることがあります。

【トヨタ・アルファード】純正でのタイヤサイズは?

引用:https://www.webcg.net/

トヨタ・アルファードの純正品では、それぞれのグレードに、16インチ・17インチ・18インチのタイヤが採用されています。
下記がグレードごとの、タイヤサイズ一覧になります。

【トヨタ・アルファード】16インチタイヤ

標準/オプション標準装着
フロントリヤ
タイヤサイズ215/65R16215/65R16
タイヤ幅215 mm215 mm
偏平率65 %65 %
ホイール径16 インチ16 インチ
タイヤ外径685 mm685 mm

対象グレード

  • X
  • サイドリフトアップチルトシート装着車G(ガソリン)
  • サイドリフトアップチルトシート装着車X(ガソリン)
  • サイドリフトアップチルトシート装着車S(ガソリン)

【トヨタ・アルファード】17インチタイヤ

標準装着
フロントリヤ
タイヤサイズ225/60R17225/50R18
タイヤ幅225 mm225 mm
偏平率60 %60 %
ホイール径17インチ17インチ
タイヤ外径701 mm701 mm

対象グレード

  • Xを除くハイブリッド全グレード
  • エグゼクティブラウンジ(ガソリン)
  • エグゼクティブラウンジS(ガソリン)
  • GF(ガソリン)
  • G(ガソリン)

【トヨタ・アルファード】18インチタイヤ

標準装着
フロントリヤ
タイヤサイズ235/50R18235/50R18
タイヤ幅235 mm235 mm
偏平率50 %50 %
ホイール径18 インチ18 インチ
タイヤ外径692 mm692 mm

対象グレード

  • SC(ガソリン)
  • S (ガソリン)
  • SCパッケージ(ガソリン)
  • SAパッケージ(ガソリン)
【アルファード】外装と外寸まとめ!カスタムする時の注意点とは?機械式駐車場は?
ミニバンの王者と呼ぶにふさわしいアルファード。一度は乗ってみたいクルマですよね。 ですが買うには様々な条件が付いてきます。その一つが大きさゆえの駐車場所です。 軽自動車やハッチバックと違い、大きい場所を確保しないと駐車することはできません。 アルファードの大きさはどのくらいなのか?どのくらいのスペースがあれば駐車可能なのか?そしてそのカッコイイ外観をカスタムするにはどんなパーツが良いのか?などを調べてみました。
【アルファード】内装と内寸が知りたい人はこちら!サイズを完璧に教えます!
トヨタ・アルファードは、基本性能が高いクルマですが、特に内装が素晴らしいと言われています。 ドライバーだけではなく、同乗者も満足する乗り心地とはどういったものなのでしょうか。 今回は、トヨタ・アルファードの内装と内寸、そしてオススメの内装カスタムについてご紹介します。
スポンサードリンク

【アルファード】おすすめのホイールはこちら

引用:https://toyota.jp/alphard/

ホイールは、見た目を華やかにしてくれるドレスアップ効果が大きいパーツです。
ラグジュアリーなものやスポーティなものなど、トヨタ・アルファードの見た目を足元から引き締めてくれます。

しかし、ホイール交換をする際には、しっかりサイズがあっているかを確認する必要があります。
ホイール径やホール数、P.C.D.やナットが適合するものでないと、トヨタ・アルファードに装着することができません。

また、社外ホイールに交換する時に起こるトラブルとして、車検に通らないということも懸念されます。
特に、純正品より大きくインチアップしている場合は、スピードメーターの誤差にも繋がリます。

しっかり車検に適合するホイールという観点で考えると、やはり純正品のホイールがおすすめです。トヨタ・アルファードでは、オプション品で様々なホイールが販売されています。
また、ディーラーで交換することによる安心感もあります。

特に、カスタムについてあまり詳しくないユーザーは、ディーラーで担当者と交換しながら、ホイールのカスタムについて検討すると良いでしょう。

【アルファード】カスタムまとめ!おススメのカスタムパーツをご紹介!
クルマのカスタム(改造)には、エアロパーツをはじめとした、様々なカスタムパーツがあります。 ユーザーは、どんな目的でカスタム(改造)を行い、どのパーツの人気が高いのでしょうか。 今回は、トヨタ・アルファードのカスタム(改造)についてと、オススメのカスタムパーツもご紹介します。
【アルファード】値引きの限度額はいくら?最新の値引き方法を教えます!
トヨタ・アルファードの新車を購入する時に、最初に把握しておきたいのが、値引き相場や値引き限度額についてです。 相場を踏まえた値引き目標を設定し、交渉に臨みましょう。 今回はトヨタ・アルファードの値引き相場と値引き限度額について、そして値引き目標額と値引き交渉に役立つ最新の方法を検証しました。
スポンサードリンク

【アルファード】おすすめのタイヤはこちら

引用:https://toyota.jp/alphard/

続いてはトヨタ・アルファードのタイヤ交換をする際に参考にしていただきたいポイントをご紹介します。

【トヨタ・アルファード】消耗品なのでコストを重視

引用:https://toyota.jp/alphard/

クルマは何かと維持費がかかるものですが、タイヤも消耗品のため例外ではありません。

タイヤサイズを純正から変更する際には、前後輪全てのタイヤ交換が基本となります。
4本が適正なサイズでないと、走行中の事故につながる危険がありますので、注意しましょう。

タイヤはサイズアップするごとに、価格が高くなる傾向にあります。したがってタイヤアップを図ろうとすると、その分コストもアップしてしまう可能性が高いです。

その反面で、タイヤサイズが小さくなるタイヤダウンは、費用も安く済むというメリットもあります。
本来のメリットに加えて、コストカットの手段として選択している人も多いようです。

したがって、タイヤの維持費が安く済むのはタイヤダウンとなりますが、見た目の迫力がなくなる、そして快適性が下がるかもしれないというデメリットもあるので、単純に値段だけでタイヤサイズを選択するのは避けた方が良いでしょう。

燃費や乗り心地そして見た目、どれを重視するのかによって、トヨタ・アルファードのタイヤサイズを変更するかどうかを決めた方が良いでしょう。

【トヨタ・アルファード】タイヤサイズを変更すると燃費が変わる

引用:https://toyota.jp/alphard/

車のタイヤサイズを変更することによって、燃費に影響が出ることもあります。

一般的に燃費が良くなると言われているのは、タイヤサイズを小さくする「タイヤダウン」をした場合となります。
タイヤサイズを下げることで、タイヤの幅が狭まって走行中の摩擦や抵抗が軽減されるので、燃費の向上につながると言われています。

逆にタイヤアップをした場合は、タイヤの接地面積が大きくなることによって、グリップ力や安定感が純正のタイヤより増しますが、その分摩擦や抵抗も大きくなるので燃費が悪くなる傾向にあります。
ただし、タイヤアップをすることによってステアリングの操作性が上がるので、急のつく運転をせずに安全運転を心がければ、燃費が格段に下がることはないでしょう

トヨタ・アルファードは高級ミニバンというジャンルの中では、素晴らしい燃費性能を持っていますが、適切なタイヤサイズへの変更で、さらにその燃費を高めることができるようです。

タイヤのカスタムには、単純にドレスアップを目的としたものも多いですが、走行性能に影響を及ぼす大切なパーツとなります。
しっかり、タイヤサイズを変更する際の特性を把握した上で、タイヤアップやタイヤダウンを行うと良いでしょう。

【アルファード】タイヤの交換方法教えます。

引用:https://toyota.jp/alphard/

最後に、トヨタ・アルファードのタイヤ交換の方法をご紹介します。
交換するタイヤに関しては、スペアタイヤを使用する以外は、必ず指定されたサイズと種類のものを使用しましょう。

適正なサイズのタイヤを準備したら、タイヤの作業に入ります。
安全に作業できる地面が平らな場所に、トヨタ・アルファードを移動し、シフトレバーをPにいれエンジンを止めます。

工具とジャッキ・タイヤを用意したらタイヤを取り外しましょう。
ホイールキャップ装着されている場合は、ホイールとホイールキャップの間に、ジャッキバーもしくはホイールレンチの端の部分を挿入し、ひねるようにしてホイールキャップを外します。

続いて、ホイールレンチでナットを左に約一回転してナットを緩めます。
そして、タイヤが地面から少し離れるまで、指定の場所にジャッキをかけ、ジャッキアップします。その後ナットを外し、タイヤを取り外します。

そして、新しいタイヤの取り付けですが、取り付け後まずナットをホイールのシート部に軽くあたる程度まで、仮締めします。
続いてジャッキハンドルを回し、慎重に車体を降ろします。
そして最後に、対角順にナットを2~3回に分けて、本締めします。

以上でタイヤ交換は完了となりますが、スペアタイヤを応急処置で使用した場合は、なるべく早く新しいタイヤの交換をしましょう。
また、トヨタ・アルファードの取り扱い説明書にもタイヤ交換の方法は記載されていますので、不測の事態のために、取り扱い説明書は常に車内に携行しておきましょう。

【アルファード】中古のアルファードのおススメはどれ?2020年最新情報!
高級ミニバンとしての最高位であるアルファードの中古情報を調べてみました。 誰もが一度は乗ってみたいミニバンです。中古といえどまだまだ価格は下がらず、10系や20系でもかなりの高値ですが、果たしておすすめはどのアルファードでしょうか? 予算別にまとめてみましたので、ご覧ください。

【アルファード】タイヤとホイールの情報まとめ

引用:https://toyota.jp/alphard/

今回は、トヨタ・アルファードのタイヤとホイールについてご紹介しました。
タイヤサイズをしっかり把握しておくことで、安全にタイヤ交換を行うことができます。
しっかり安全性が確保できるタイヤアップとホイール交換を行いましょう。

【新型アルファード】試乗レポートはこちら!評価をまとめてみました。
新型アルファードの試乗レポートをまとめてみました。 2018年1月にマイナーチェンジを行ってから様々な評価と好評を得ています。 これからアルファードを買おうとしている人への、参考になればと思います。
【アルファード】不具合やリコールは多い?情報をいくつか集めてみました!
アルファードは質感の高さや快適な走行性能で人気のクルマですが、不具合やリコールも報告されています。 また、不具合やリコール報告があった場合の、メーカーやディーラーの対応についても、気になるところです。 そこで今回は、アルファードの不具合情報やリコール情報をご紹介します。

新車を30万円~50万円も安く買う方法をご存知ですか?!

クルマを下取りに出すときに、得をする方法ってご存知でしょうか?

皆さん、結構知っているようで実は知らない人が多いんです。

その方法とは『自分の乗っていたクルマを安く売らない』ということです。

では、皆さんは自分のクルマを売る時っていつですか?

それは新しくクルマを買う時ですよね?

その店のディーラーに下取りの出すケースがほとんどだと思います。

しかし、それは大きな間違いなんです。

なぜかというと、貴方が今乗っているクルマの相場はディーラーには最低金額で下取りされるからなのです。

じつは、ディーラーにもそのクルマの価値が分かっていないんですよね・・・。

例えば、新車を200万円で買おうとしたときに、自分のクルマが80万円で買い取りされたら、残り120万円で済みますよね。

でも大抵が30万~40万円(中には15万円というところも…。)という金額でしか下取りしてもらえないでしょう。

簡単に言うと、その店が貴方のそのクルマを必要としていないからなんです。

だから、車を売るときは、色々なところに査定してもらって、一番欲しがっているお店に売ることがベストなんです。そうすることによって、高く買い取ってもらえるのです。

ここで使うのが『無料一括査定』なんです。

新車を買う時に、値引きの金額に買取り価格を足して、最大で50万円は安く購入できますよ。

この『無料一括査定』は、料金はかからないで無料で自分のクルマの価値を知ることができますし、もし思っていた金額より低ければ断ればいいだけです。

私はこのやり方で350万円の新車を90万円で購入した友人を知っています。

私自身も250万円のクルマを120万円で購入できました。

ぜひこちらのサイトで試してみてくださいね!