【ヴォクシー】VS【セレナ】徹底比較!買うならどっち?おすすめは?

無料一括査定のサイトを使って
下取りで得をしましょう!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になること
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

愛車を賢く・高く売るなら
完全無料の一括査定がおススメです。

トヨタヴォクシーを新車で購入しようか考えているけど、ライバル車の日産セレナも気になるという方は多いのではないでしょうか?

ヴォクシーとセレナ、両車は長い間ライバル関係にありますが、現在の販売台数と人気ぶりではセレナがやや優勢のようです。

そこで今回は、ヴォクシーとセレナを徹底的に比較していきたいと思います。

買うならどっちが良いの?と迷われている方はぜひ参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

【ヴォクシー】VS【セレナ】サイズ・外装・内装を比較!

まずは両車のサイズ、外装、内装について比較していきましょう。

サイズ

ヴォクシーとセレナのボディサイズは以下のとおり。

・ヴォクシー

引用:https://toyota.jp/voxy/

全長×全幅×全高:4710mm×1735mm×1825mm
ホイールベース:2850mm
最小回転半径:5.5m

・セレナ

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

全長×全幅×全高:4690mm×1695mm×1840mm
ホイールベース:2890mm
最小回転半径:5.4m

ボディサイズに大きな差はありませんね。

どちらも5ナンバーサイズギリギリの大きさですが、セレナのほうが最小回転半径は0.1mほど短いですね。

最小回転半径は短いほうが取り回しが効いて運転しやすいですが、その差は誤差レベルなので運転のしやすさという点では同レベルと考えて良さそうですね。

続いて室内サイズの比較です。

・ヴォクシー

引用:https://toyota.jp/voxy/

室内長×室内幅×室内高:2930mm×1540mm×1400mm

・セレナ

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

室内長×室内幅×室内高:3170mm×1545mm×1400mm

室内サイズは室内高以外セレナのほうがサイズは大きいので、室内空間はセレナのほうが広く感じるでしょう。

ただし、室内高は同じでもヴォクシーは床の高さが抑えられているのが一つのポイントです。

引用:https://toyota.jp/voxy/

特に注目したいのが2列目のステップ高。

ヴォクシーのステップ高は345mm、セレナステップ高は400mmとなっています。

ヴォクシーの方がステップ高は55mmも低い造りとなっており、これによって小さい子供やお年寄りの方でも乗り降りしやすくなっています。

外装

外装については完全に好みの問題になるかと思います。

引用:https://toyota.jp/voxy/

ヴォクシーの外装は迫力があってカッコいいミニバンと言う感じでしょう。

比較的年齢がわかめの方に受けが良さそうですが、かっこいいパパとしても乗れる押し出しが強すぎないのが良いですね。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

一方、セレナは万人向けのデザインという気がします。

ヴォクシーに比べると主張は控えめで、それでいて飽きが来なくて無難な印象を受けます。

ヴォクシーよりも年齢層は高めの方に受けが良さそうですよね。

内装

・ヴォクシー

引用:https://toyota.jp/voxy/

・セレナ

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

ヴォクシーはオーソドックスなインパネデザインを採用しています。

しかも高さを抑えた配置でドライバーは圧迫感を感じにくく、視界は良好です。

対して、日産セレナはメーターがインパネの上でしかも奥側に装着しているのがヴォクシーと大きな違いですね。

これにより、やや圧迫感を感じる内装になっています。

ただメーターが奥まっているために視線移動は少なくて済むので確認するのに便利という利点はありますね。

ヴォクシーとセレナいずれもサイドウィンドウの下部分を低めに設計しているのも特徴的です。

ミニバンでは左側側方が死角になりやすいのがネックですが、ヴォクシーとセレナは比較的見やすくなっています。

両車はサイズも造りも似ているので、ドライバーからすれば視界は良好ですから運転のしやすさという点では同レベルと言って良さそうです。

【新型ヴォクシー】値引きの目標金額はいくら?安く買うにはこの方法?!
新型ヴォクシーを少しでも安く買うには、どのように交渉すれば良いのか?値引きの限度額はどのくらいに設定すれば良いのか? ポイントは何でもかんでも値引きに結び付けようとしないこと。さらに現実的に可能であろう目標金額を設定することです。 そして一番大事なことが「買取り業者を選ぶこと」です。この記事を読んでいただければ、決して損をすることはないでしょう。
スポンサードリンク

【ヴォクシー】VS【セレナ】価格・燃費・走行性能を比較!

ヴォクシーとセレナの価格、燃費、走行性能も比較してみましょう。

価格

・ヴォクシー

引用:https://toyota.jp/voxy/

ガソリン車:250万~277万円
ハイブリッド車:300万~328万円

・セレナ

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

ガソリン車:244万~357万円
ハイブリッド車:296万~382万円

両車の売れ筋グレードで価格を比較してみたいと思います。

ヴォクシーでは「X」が人気で価格は249万6960円。

安全装備の「Toyota Safety Sense」はオプション設定となっており価格は5万4000円です。

今や安全装備は必須の装備ですから、オプション装備した場合の総額は255万960円になります。

セレナの売れ筋グレードは「X」で、価格は248万9400円、ハイウェイスターだと267万8400円です。

セレナにはエマージェンシーブレーキが標準装備となっていますが、プロパイロットはオプションとなります。

しかもプロパイロット単体でつけることはできず、他の装備も一緒になっているセーフティパックを選ばなければいけません。プロパイロットをつけるには24万3000円のオプション価格がかかります。

引用:https://toyota.jp/voxy/

ヴォクシーとセレナは、売れ筋グレードの価格差は小さいです。

しかし、両車とも安全装備はオプションを付けないと心もとない仕様となっていますので、最低限の安全装備は欲しいところ。

ヴォクシーは5万円程度で必要充分な先進安全装備が付けられるのに対し、セレナでは20万円以上もするセットオプションをつけないといけません。

オプションの価格差は15万円以上あるのに、安全装備の内容に差は大してありませんので、ヴォクシーのほうがお買い得感があると言えるでしょう。

燃費

ヴォクシーとセレナの燃費も比較してみましょう。

・ヴォクシー
ガソリン車:14.8~16.0km/L
ハイブリッド車:23.8km/L

・セレナ
ガソリン車:15.0~17.2km/L
ハイブリッド車:26.2km/L

燃費性能はガソリン車とハイブリッド車いずれもセレナのほうが上ですね。

ただ、ヴォクシーもミニバンとしては燃費はかなり良い方です。

走行性能

・ヴォクシー

引用:https://toyota.jp/voxy/

ヴォクシーは軽快な操舵性が魅力。

低燃費を意識した走りとアグレッシブな走り両方を楽しむことができるのがヴォクシーです。

高い動力性能により発進から高速域まで十分すぎるほどです。

軽快なフットワークと優れた操舵性はハイブリッド車よりも上ですし、セレナよりも優秀ですね。

ハイブリッド車はモーターによるアシストがあるので滑らかかつスムーズな走りです。

しかも静粛性が高く、ロードノイズをさほど拾わないので室内は快適です。

ヴォクシーハイブリッドは、加速がかなりスムーズです。軽くアクセルを踏んだだけでも60km/hまでならEVモードだけで走行可能です。

セレナに比べると乗り心地はやや固い印象ですが、剛性感が増したことで足回りはしっかり動くようになっています。

運転の楽しさという点ではヴォクシーに軍配が上がりますね

・セレナ

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

セレナはS-ハイブリッドモデルがあり、低出力ながら発進時はモーターアシストがあります。

CVTの変速比幅を拡大しているので発進時の加速、中回転~高回転への吹け上がりも軽やかです。

セレナの足回りは乗り心地と走行性能をバランスよくセッティングしており、ヴォクシーよりも乗り心地はマイルドな印象です。ファミリーカーを意識した作りというのがわかりますね。

アイドリングストップした状態からの発進はヴォクシーよりもスムーズです。信号が多い街乗りでもストレスを感じることなく運転できるのはセレナかなと思います。

【ヴォクシー】VS【スパーダ】徹底比較!買うならどっち?おすすめは?
今回はトヨタ新型ヴォクシーとホンダ新型ステップワゴンスパーダを徹底的に比較していきたいと思います。
【ヴォクシー】カスタムしてカッコよくするには?おススメはこちら!
ヴォクシーをカッコよくカスタムしたい! 純正もいいけど、やっぱり乗るならカスタムしたヴォクシーが良いという方は多いのではないでしょうか? トヨタ・ヴォクシーでは純正も社外品でも専用のカスタムパーツが数多くリリースされています。 どうやってカスタムしようか迷われている方もいるかと思いますので、今回はヴォクシーのおすすめカスタムパーツをご紹介したいと思います。 ぜひ参考にしてくださいね。
スポンサードリンク

【ヴォクシー】VS【セレナ】口コミと評価を見てみよう!

では、最後に両車の口コミ評価を見てみましょう。

・ヴォクシー

引用:https://toyota.jp/voxy/

・ヴォクシーはファミリーカーとは思えない迫力があってカッコいいです。

・セレナはいかにもファミリーカーという感じで、やっぱりヴォクシーが好きです。

・セレナと迷いましたが、子供が小さいこともあって2列目の乗り降りがしやすいヴォクシーにしました。

・ヴォクシーはインテリアの質感が良くて全体的に落ち着いているのがいい。安っぽさがないです。

・3列目でも足元が広々としていて収まりが良いです。

・2列目はスライド調整ができるうえでに、大きくスライドできてあっという間に快適空間が作れるのが気に入ってます。

・3列目の格納がすごく簡単で女性の私でもできるのが良い。手間がかかりません。

・ミニバンだけど走りが楽しめます。乗り心地はちょっと硬めかなという感じですが、家族を乗せても気にならないレベルです。

・自動ブレーキは歩行者も検知してくれるので安心です。

・セレナ

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

・乗り心地がマイルドなので家族を安心して乗せられますね。

・段差や轍を乗り上げても下からの突き上げが少ないです。

・スマートマルチセンターシートが超便利です。これのおかげで7人乗りも8人乗りもできるから助かってます。

・シートアレンジがとにかく豊富で、これぞファミリー向けの車という感じです。

・3列目もスライドできるのが良い。乗車人数や荷物の量に応じて使い分けできます。

・横幅があるので、着替えるのにも役立ってくれます。

・プロパイロットのおかげで高速運転がものすごく楽になりました。

【ヴォクシー】運転のしやすさと乗り心地は?安全性能は最高レベル!
トヨタ・ヴォクシーの購入を考えている方の中には、 「ヴォクシーは運転しやすいのかな?」 「乗り心地は良いの?」 「安全性能は高い?」 ということが気になっている方も多いのではないでしょうか? どれもクルマを運転する上で重要なものばかりですね。 特に家族を乗せるファミリーカーとなれば、どれか一つでも欠けていると、それだけで購入するのをやめてしまう方も少なくないはず そこで今回は、トヨタ・ヴォクシーの運転のしやすさと安全性能について解説していきたいと思います。

【ヴォクシー】VS【セレナ】徹底比較まとめ。おすすめはこちら?

以上、ヴォクシーとセレナの比較についてでした。

どちらも魅力的なミニバンで、正直なところ甲乙つけがたいですね。

ヴォクシーは見た目のカッコよさと動力性能の高さという観点でセレナよりも上かなと感じます。

デザインは好みによるところではありますが、実際ヴォクシーの購入の決め手はデザインと応える方がかなり多いことからも、セレナよりも見た目を好んで買われている方が多い印象を受けました。

一方、セレナは機能性や快適性を重視したミニバンで、これぞファミリーカーという印象が強いですね。

特に、ユーザーレビューでは女性からの高評価がかなり多かったことからも、より家族で乗ることに重きをおいている車だと感じました。

【2018年ミニバン人気ランキング】最新情報はこちら!やっぱり1位はあのクルマだった?!
2018年、国産ミニバンの中で人気の高かった10台をランキング形式でご紹介します。 ミニバンの人気を支えているのはやはりファミリー層です。昨今はSUVの人気に押されがちですが、ファミリーカーとしての利用率は今でも健在です。この...

新車を30万円~50万円も安く買う方法をご存知ですか?!

クルマを下取りに出すときに、得をする方法ってご存知でしょうか?

皆さん、結構知っているようで実は知らない人が多いんです。

その方法とは『自分の乗っていたクルマを安く売らない』ということです。

では、皆さんは自分のクルマを売る時っていつですか?

それは新しくクルマを買う時ですよね?

その店のディーラーに下取りの出すケースがほとんどだと思います。

しかし、それは大きな間違いなんです。

なぜかというと、貴方が今乗っているクルマの相場はディーラーには最低金額で下取りされるからなのです。

じつは、ディーラーにもそのクルマの価値が分かっていないんですよね・・・。

例えば、新車を200万円で買おうとしたときに、自分のクルマが80万円で買い取りされたら、残り120万円で済みますよね。

でも大抵が30万~40万円(中には15万円というところも…。)という金額でしか下取りしてもらえないでしょう。

簡単に言うと、その店が貴方のそのクルマを必要としていないからなんです。

だから、車を売るときは、色々なところに査定してもらって、一番欲しがっているお店に売ることがベストなんです。そうすることによって、高く買い取ってもらえるのです。

ここで使うのが『無料一括査定』なんです。

新車を買う時に、値引きの金額に買取り価格を足して、最大で50万円は安く購入できますよ。

この『無料一括査定』は、料金はかからないで無料で自分のクルマの価値を知ることができますし、もし思っていた金額より低ければ断ればいいだけです。

私はこのやり方で350万円の新車を90万円で購入した友人を知っています。

私自身も250万円のクルマを120万円で購入できました。

ぜひこちらのサイトで試してみてくださいね!