【フォレスター】新型フォレスターの魅力とは?評価点と不満点を見てみよう!

無料一括査定のサイトを使って
下取りで得をしましょう!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になること
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

愛車を賢く・高く売るなら
完全無料の一括査定がおススメです。

新型フォレスターの魅力はどんなところにあるのか?

フルモデルチェンジしてパワーアップしたと呼び声高い新型フォレスターですが、どんな点が魅力的なのか気になるところ。

どんな車でもそうですが、評価できるところもあれば不満に思うところもありますね。

今回は新型フォレスターの魅力に迫りたいと思います。

スポンサードリンク

【フォレスター】まずは新型フォレスターの良いところ

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

まずは、新型フォレスターの良いところをご紹介します。

  • 良いところ1:SUVらしい迫力あるエクステリア

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

見た目は完全に好みの問題ですが、新型フォレスターのエクステリアデザインに関しては多くの方が高評価としています。

「SUVらしい」「迫力があってカッコいい」「存在感がある」「このゴツさが最高」などなど、SUVらしく無骨で迫力があるデザインが好評です。

  • 良いところ2:高級感あるインテリア&積載性の高い荷室

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

新型フォレスターは、先代と比較してインテリアが向上しています

シンプルながらも高級感あるデザインはユーザーを飽きさせない仕様に。

シートはホールド性が高く、長時間の運転でも疲れにくいと好評です。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

また、SUVの一つの魅力と言える荷室の使い勝手も先代よりもパワーアップしています。

ゴルフバッグは斜めにしなくても積載可能で、工夫すれば4つ積載することも可能です。

  • 良いところ3:余裕のあるパワーと力強い加速感

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

新型フォレスターのパワートレインは、2.5L水平対向4気筒直噴2.0L水平対向4気筒直噴+モーターの2種類をラインナップ。

申し分ないパワーで、低速域でも高速域でも余裕を感じさせる走りを体感できます。

アクセルを踏めば踏むほどグイグイ加速していき、走りも楽しめるSUVとしての魅力は健在。

スポーツモードを使えばターボモデルにも引けを取らない爽快な加速を味わうこともできます。

ハイブリッド車は、排気量が2.0Lと少ないですが、モーター指導によるアシストがあるのでパワー不足を感じさせない走りです。

  • 良いところ4:安定した走行性能!走る愉しさが味わえる

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

これはぜひ試乗で体感してほしいのですが、新型フォレスターはとにかく走るのが楽しいと思えるSUVです。

走行安定性は高く、ステアリングの操舵性はレスポンスが良くコーナでも安定しているからSUVなのに走りが楽しめます。

フォレスターは車体が大きいから運転を不安に感じる方も多いですが、視界良好で取り回しも良いので非常に運転しやすいです。

女性でも安心して運転できる設計なのが嬉しいところ。

先進安全装備のアイサイトはパワーアップし、より安全で快適な運転ができます。信頼できる自動運転は、他メーカーより頭一つ抜きん出ていることを実感できます。

  • 良いところ5:優れた悪路走破性

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

スバルフォレスターといえば、悪路走破性に優れた走りが特徴の一つ。

SUVナンバーワンと言っても過言ではないほど悪路に強い走りは、先代のDNAを見事に引き継いでいます。

雪道や山道を走る予定があるなら、スバルフォレスターがおすすめです。

【フォレスター】口コミ評価・評判を集めてみました。人気はどうなの?
2018年夏にフルモデルチェンジを果たしたスバルフォレスター。 かなり評価が高いようですが、逆に不満点はないのかも気になるところではないでしょうか? 今回は、新型フォレスターの口コミ評価・評判を集めてみました。 どんな車でも良いところもあれば悪いところもあります。 新型フォレスターの良いところ・悪いところをしっかりチェックしておきましょう。
スポンサードリンク

【フォレスター】新型フォレスターの不満点はここ

新型フォレスターは先代モデルよりもさらに魅力的なSUVへと進化しましたが、不満点がないわけではありません。

ここでは、新型フォレスターの不満点についてご紹介していきたいと思います。

  • 不満点1:機能・装備の偏り

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

新型フォレスターからハイブリットエンジン搭載のAdvanceが追加されました。

このAdvanceは、他グレードとパワートレインが違うだけでなく、機能・装備が優遇されているという点でも大きな違いがあるのです。

たとえば、ガソリン車では上級グレードのPremiumでしか選べない本革シートですが、プレミアムではカラーはブラックだけの設定です。

これに対し、Advanceではブラックとブラウンの2色展開となっています。

中にはブラウンの本革シートが欲しくてわざわざAdvanceを選ぶ人もいます。

なぜ、Advanceだけブラウンも選べるのか謎ですよね?

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

また、先進安全装備ではAdvanceにだけ装備されているドライバモニタリングシステム

ドライバーの脇見運転や居眠り運転を防止してくれる機能ですが、これに関してはガソリン車ではオプション設定すらありません

ドライバモニタリングシステムがほしいのであればAdvanceを買う意外に方法はないのです。

  • 不満点2:エクステリアの変化が乏しい

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

ユーザーレビューで意外と多かった不満がエクステリアデザイン。

新型フォレスターのエクステリアは、SUVらしい力強さがでていて好評の一方で、先代からあまり変わっていないことに不満を持っている方もいらっしゃいます。

確かに、先代モデルと見比べてもさほど変わっていないような気もしますが・・・

ただ、新型フォレスターでは見た目の変化は小さいですが、先代モデルよりも視認性を向上させ、死角を減らしたことでより安全性が高まったデザインとなっている点では、評価できるのかなと思いました。

  • 不満点3:インテリアのチープさと収納の少なさ

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

新型フォレスターではインテリアの質感が格段に向上したとの声が多い中、まだまだチープ感が否めないという声も多かったです。全体的な質感は上がっているようでも、細かな部分を見ていくと手を抜いているとのこと。

たとえば、ウィンドウスイッチパネルでは素地が使われています。確かに、細かい部分ですが、インテリアで高い評価を受けている車は、こうした細かな部分にも手を抜いていません。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

また、収納が少ないとの意見も多かったです。

特にコンソールボックスは使い勝手が悪く、先代モデルのほうが断然良かったとのこと。深すぎて逆に使いづらいようです。

  • 不満点4:ターボモデルがない

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

これまでのフォレスターは、ターボモデルがラインナップされていましたが、新型からはターボモデルは廃止となっています。

フォレスターといえばターボ、と言われるぐらい好評だっただけに、廃止になってしまったのは非常に残念ですね。

【フォレスター】カタログ燃費と実燃費を比較!燃費向上のテクニックとは?
スバルの新型フォレスターを購入するうえで見落とせないのが燃費性能です。 フォレスターを購入後は維持していけるかどうかも気にしなければいけませんから、燃費が良いのか悪いのかは重要な要素と言えるでしょう。 ここでは新型フォレスターのカタログ燃費と実燃費についてご紹介していきたいと思います。
【フォレスター】新車の価格を徹底調査!グレード別にみてみよう!
スバル伝統の水平対向エンジンに独自の4WD技術を搭載したクロスオーバーSUVのフォレスター。 本格派SUVからすれば物足りなさを感じるかも知れませんが、それでも最低地上高は220mmもあり雪道や悪路の走破性は高いです。 そんなスバルフォレスターが2018年7月にフルモデルチェンジし発売されました。 購入を検討している方も多い顔ともいますが、そこで気になるのが価格ではないでしょうか? 今回はスバルフォレスターの価格についてグレード別に解説していきたいと思います。
スポンサードリンク

【フォレスター】前モデルと比較するとココが違う!

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

新型フォレスターは前モデルと比較して何が変化したのでしょうか?

ここでは、新旧比較によるフォレスターの違いを解説します。

  • エクステリア

・新モデル

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

・前モデル

引用:https://autoc-one.jp/catalog/subaru/forester/grade/

新型フォレスターではスバルの新デザインフィロソフィーである「DYNAMIC×SOLID」を全面採用。

サイドのプレスラインは直線的から曲線的に変わり、フェンダーの張り出しを強調したことでより逞しさと躍動感が増したエクステリアになっています。

ボディサイズはわずかに大きくなった程度で、先代モデルから乗り換えでも違和感なく運転できます。

ホイールベースは30mmほど延長したことで、走行安定性が向上し、更には室内スペースが拡大されたことで快適さが増しています。

  • インテリア

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

エクステリアはキープコンセプトが基本のため、大きな変化は感じられませんが、インテリアは全面刷新によってデザインと質感がレベルアップしています。

インパネ~ドアトリムまでラウンド形状にしたことで安心感が増しています。

さらに、高さと幅を拡大してインパネからセンターコンソールへのつながりに強さをもたせ、SUVのもつ力強さを感じさせてくれます。

  • 居住性

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

新型フォレスターは前モデルよりも全幅を拡大したことで、室内の横幅が広がり乗員同士の距離が拡大されより快適性が増しました。

ホイールベースも拡大し、後部席でも快適に過ごせるようになっています。

特に足元スペースは思わず「広い!」とうなるほどのレベル。

運転席助手席だけでなく後部座席の居住性も高く、乗員すべてが快適に過ごせる空間を造り上げました。

  • 走行性能

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

先代モデルはSUVとしては走行性能は良いけど、スバル車の中では正直イマイチ・・・という意見は少なくありませんでした。

対して、新型フォレスターは、SUVとは思えないハンドリング性能を実現。

前モデルよりも違和感のないステアリング、正確に車が動くレスポンスの良さ、すべてのタイヤがしっかり仕事をする、しなやかで高いストローク、優しく快適なアタリが新型フォレスターにプラスされています。

【フォレスター】新型フォレスター・まとめ

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

以上、新型フォレスターの魅力についてでした。

前モデルよりもエクステリアは迫力を増し、インテリアは質感が向上、走行性能はより走りが楽しめるSUVへと進化した新型フォレスター。

不満点もありますが、それを上回るほどに良いところがたくさんある仕上がりです。

ぜひ、一度スバルディーラーで試乗してみてはいかがでしょうか。

【2018年SUV人気ランキング】一番人気のクルマはやっぱりあのクルマだった?!
平成最後の年となった2018年。様々なことがありました。嬉しいニュースや世間を騒がせた事件などいろいろでしたが、クルマ業界にも新しい風が吹き始めた年でもありました。 それはSUV「スポーツ・ユーティリティー・ビークル」の大ヒッ...

新車を30万円~50万円も安く買う方法をご存知ですか?!

クルマを下取りに出すときに、得をする方法ってご存知でしょうか?

皆さん、結構知っているようで実は知らない人が多いんです。

その方法とは『自分の乗っていたクルマを安く売らない』ということです。

では、皆さんは自分のクルマを売る時っていつですか?

それは新しくクルマを買う時ですよね?

その店のディーラーに下取りの出すケースがほとんどだと思います。

しかし、それは大きな間違いなんです。

なぜかというと、貴方が今乗っているクルマの相場はディーラーには最低金額で下取りされるからなのです。

じつは、ディーラーにもそのクルマの価値が分かっていないんですよね・・・。

例えば、新車を200万円で買おうとしたときに、自分のクルマが80万円で買い取りされたら、残り120万円で済みますよね。

でも大抵が30万~40万円(中には15万円というところも…。)という金額でしか下取りしてもらえないでしょう。

簡単に言うと、その店が貴方のそのクルマを必要としていないからなんです。

だから、車を売るときは、色々なところに査定してもらって、一番欲しがっているお店に売ることがベストなんです。そうすることによって、高く買い取ってもらえるのです。

ここで使うのが『無料一括査定』なんです。

新車を買う時に、値引きの金額に買取り価格を足して、最大で50万円は安く購入できますよ。

この『無料一括査定』は、料金はかからないで無料で自分のクルマの価値を知ることができますし、もし思っていた金額より低ければ断ればいいだけです。

私はこのやり方で350万円の新車を90万円で購入した友人を知っています。

私自身も250万円のクルマを120万円で購入できました。

ぜひこちらのサイトで試してみてくださいね!